魚類の最近のブログ記事

ico_weather_hare.gif
 私たちヒトと、他の生物とは、ずいぶん違うように思えますね。哺乳類で、常に二足歩行をし、服を着て生活するものなんて、他にいません。
 けれども、「ヒトの体のでき方」を調べると、他の生物と共通する点が多いことが、わかります。どうやって、「ヒトの体のでき方」を調べるのでしょうか? ヒトの受精卵が、胎児となり、新生児として生まれるまでを、調べればよいのです。
 そもそも、ヒトも、ネズミも、ニワトリも、カエルも、魚も、最初は、たった一個の卵細胞から始まります。受精卵ですね。受精卵から、だんだん体ができてゆくことを、「発生」と呼びます。これを調べるのが、発生生物学です。
 何かを知るには、他のものと比較してみるのが、良い方法です。このため、発生生物学では、さまざまな動物の「発生」を研究します。よく使われる実験動物としては、マウス、ニワトリ、アフリカツメガエル、ゼブラフィッシュ(魚の一種)などがいます。
 驚くべきことに、マウスでも、ニワトリでも、アフリカツメガエルでも、ゼブラフィッシュでも、発生のある一段階では、互いに形がよく似ています。成体になれば、まるで形が違うのに、産まれる前には、区別が付けにくいほど、似た時期があります。
 これは、「発生」という仕組みが、多くの生物で、共通することを示唆します。つまり、これらの生物のでき方は、ヒトのでき方とも、共通するわけです。
 前記の実験動物たちには、それぞれ、実験動物に選ばれた理由があります。まず、飼育技術が確立していることが、大前提です。飼育が困難な動物では、実験どころではありませんからね。そして、発生が観察しやすいことが、重要です。
 これらの点で、例えば、ニワトリは、優れています。何千年も前からヒトに飼われて、飼育技術には、まったく問題がありません。加えて、卵が大きく、観察しやすいです。ニワトリは、発生生物学に、とても重要な貢献をしています。
 過去の記事でも、国立科学博物館で開催中の展覧会を紹介しています。「卵からはじまる形づくり」と同時期に開催されていますので、時間に余裕がおありでしたら、両方見るのが楽しいかと思います。
始祖鳥やドードーに会える、大英自然史博物館展(2017/3/30)

ico_weather_kumori.gif
 動物の中には、糞や尿でコミュニケーションするものがいます。有名なところでは、イヌ(犬)がそうですね。イヌが、電信柱などに尿をかけて歩くのは、皆さん、御存知でしょう。あれは、他のイヌに、自分の存在(なわばり)を知らせるためですね。
 イヌ以外にも、尿や糞をコミュニケーションに使う動物は、たくさん知られます。それらは、みな、陸生の動物でした。その理由は、少し考えれば、わかりますね。水中では、尿や糞はすぐに拡散してしまって、場所のしるしに使えません。
 ところが、このほど、水中生物の一種が、尿をコミュニケーションに使うことが、判明しました。魚の一種です。日本に分布しないため、日本語名(標準和名)がありません。ラテン語の学名で、Neolamprologus pulcherといいます。
 種名が長いので、以下では、N. pulcherと略しますね。N. pulcherは、スズキ目【もく】カワスズメ科ネオランプロログス属に属します。野生では、東アフリカのタンガニーカ湖だけに分布します。姿が美しいため、観賞魚として、世界中で飼われます。
 カワスズメ科の魚は、一般的に、シクリッドと呼ばれます。世界的に、観賞魚として、人気が高いグループです。日本でも、たくさん飼われています。飼育技術が確立しているために、実験動物としても、使われることがあります。
 N. pulcherの実験も、飼育下で行なわれました。二匹の魚を、仕切りのできる水槽に入れて、どちらの個体がどれだけの尿をしたか、調べました。仕切りには、不透明な物と、透明な物とがあります。これによって、相手の魚を見せるかどうか、操作できます。
 さらに、仕切りには、穴が開いている物と、穴が開いていない物とを用意しました。穴が開いていれば、水の循環がありますね。尿でコミュニケーションするなら、どちらか片方の魚が尿をした場合、もう片方の魚に、何らかの反応があるはずです。
 細かい経過を飛ばして、結論を書きましょう。体が大きい個体ほど、多量の尿をすることがわかりました。自分の優位性を示すためだと考えられます。N. pulcherは、明らかに、相手の尿に反応して、自分の尿の量を調整しています。


 過去の記事でも、観賞魚として飼育される魚を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
鳥か魚か哺乳類か? ネズッポ科のものたち(2015/10/9)
害魚が益魚に? うろこの秘密(2010/3/8)
琵琶湖で発見された「エンツイ」とは、どんな魚?(2007/11/8)
ワニに見えてもワニじゃない、ガーパイク(2006/9/16)
鯉(コイ)は本当に滝を登るか?(2006/4/24)

ico_weather_hare.gif
 キンメダイ(金目鯛)は、美味しい食用魚として、有名ですね。タイ(鯛)の名が付きますが、おめでたい席に使われるマダイ(真鯛)とは、遠縁です。
 マダイは、スズキ目【もく】タイ科マダイ属に属します。対して、キンメダイは、キンメダイ目【もく】キンメダイ科キンメダイ属に属します。目【もく】のレベルで分類グループが違うのは、遠縁といえます。遠縁なら、なぜ、タイの名が付いたのでしょう?
 単純に、キンメダイの外見が、マダイに似るからです。体色が赤く、体型も似ています。でも、キンメダイのほうが、ずっと目が大きいですね。この目が、角度によっては、金色に光るように見えます。だから、キンメダイ(金目鯛)です。
 キンメダイの目が大きいのは、深海魚だからです。深海魚には、暗い所でよく見えるように目を発達させたものと、逆に、視覚を諦めて、目を退化させたものとがいますね。キンメダイは、前者です。キンメダイと同じ方法を選んだ深海魚は、何十種もいます。
 例えば、ギンメダイ(銀目鯛)が、そうです。キンメダイと、種名が紛らわしいですね。
 この種名は、ギンメダイが、キンメダイに似ることから、付きました。ただし、ギンメダイの体色は、赤くありません。目が大きいのは、同じです。その目が、角度によっては、銀色に光って見えます。だから、ギンメダイ(銀目鯛)と名付けられました。
 ギンメダイは、以前、キンメダイと近縁だと考えられていました。同じキンメダイ目【もく】に属するとされました。けれども、最近では、この分類は否定されています。
 現在、ギンメダイは、ギンメダイ目【もく】ギンメダイ科ギンメダイ属に属するとされます。ギンメダイ目【もく】には、ギンメダイ科一つしか、科がありません。ギンメダイ科には、ギンメダイ属一つしか、属がありません。類縁の少ないグループです。
 ギンメダイも、キンメダイと同じように、食べられるのでしょうか? 食べられます。図鑑などには、「あまり美味しくない」と、書かれています。
 確かに、キンメダイの美味しさと比べたら、負けるでしょう。しかし、私が食べた感じでは、ギンメダイも、悪くありません。煮付けで食べたら、美味しかったです(笑)


 過去の記事でも、深海魚を取り上げています。また、「タイ(鯛)」の名が付く魚を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
食べられる深海魚? ハダカイワシ(2017/1/13)
巨大な深海魚とは?(2013/7/15)
深海魚には、長い名前が多い?(2013/1/21)
リュウグウノツカイは、一種ではない?(2011/12/12
おめでタイ!にも、いろいろいます(2008/1/4)

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち魚類カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは風景その他です。

次のカテゴリは鳥類です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。