ニシキヘビの危険度は?

user-pic
0

ico_weather_hare.gif

colum_20050914.jpg

ここ数日、ニシキヘビがニュースを賑わしていますね。ビルマニシキヘビやボールニシキヘビなど、日本にいないはずの種が、各地で発見されています。これらはもちろん、人間が持ち込んだものですね。ペットとして一部の人々に人気があります。
 ニシキヘビの仲間は大きいです。締める力も強く、大蛇のイメージにぴったりです。こんなものをペットにするなんて、理解しがたいという方は多いでしょう。
 周囲に害がなければ、どのような趣味を持とうと、他人が責めることではありません。ただし、危険な生き物を飼うなら、相当の準備と覚悟が必要です。
 同じニシキヘビの仲間でも、危険度は種によって違います。どの種も毒はありません。主な種を紹介しましょう。
 アミメニシキヘビは、世界最大のヘビの一種です。最長約10mになります。普通は6mくらいです。大きいうえに気が荒い個体が多く、最も危険なニシキヘビといえます。普通の個人が飼うべきではありません。
 ビルマニシキヘビは、インドニシキヘビという種の中の一亜種です。最長約6mになります。普通は3m以下です。危険度はアミメニシキヘビより低いものの、時々、気の荒い個体がいます。飼うにはそれなりの空間と、覚悟が要ります。
 ボールニシキヘビは、ボールパイソンとも呼ばれます。最長約2mにしかなりません。日本のアオダイショウと同じくらいです。性格もおとなしく、ほとんど危険はありません。
 ミドリニシキヘビは、グリーンパイソンとも呼ばれます。最長約2mになります。名のとおり緑の体色が美しく、人気があります。しかし、小型のわりに気が荒いため、うかつに接近してはいけません。
 もしもニシキヘビに出遭ったら、ヘビの眼前に手や顔を出さないようにしましょう。動くものが目に入ると、ヘビが驚いて咬むことがあります。
 多くのニシキヘビは夜行性です。そのため、夜のほうが活発で、危険度が高いです。夜に大蛇を目撃したら、普通の人は手を出さないようにしましょう。また、ペットとして飼った人は、責任を持って飼いましょう。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/3538

 東南アジアのマレーシアから、びっくりニュースが届きましたね。体長が7mほど... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2005年9月14日 17:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「子持ち昆布」って何ですか?」です。

次のブログ記事は「カンガルーの袋の内側は、どうなっているの? 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。