渡るツバメ、越冬するツバメ

user-pic
0

ico_weather_ame.gif


ツバメは、日本人にとても親しまれている鳥ですね。軒先に巣作りする姿がおなじみです。
 ツバメが渡り鳥なのはよく知られていますね。春先、ツバメは南の国からやってきて、秋に南の国へ戻ってゆきます。翌年の春には、再び日本に姿を現わします。このような渡り鳥は夏鳥と呼ばれます。
 鳥がなぜ渡りをするのか、昔から研究されていますが、明確な理由はいまだにわかりません。種によって理由は違うようです。ツバメの場合は、冬に餌が少なくなることが理由と推定されています。ツバメは、飛びながら昆虫を獲って食べます。寒くなると、空を飛ぶ昆虫が減ってしまいます。
 ごく少数ながら、日本で冬を過ごすツバメがいます。餌が減るのに、なぜ渡らないのか謎です。ツバメは寒さに弱いため、越冬するものは関東地方以南に見られます。
 越冬するツバメは、ヨシ(アシ)原などに集団ねぐらを作ることが多いです。渡りをするツバメも、夏以降、ヨシ原などに集団ねぐらを作ります。水辺のヨシ原はネコなどの敵が来ないので、安心して休めるところです。越冬ツバメは、厳しい冬を乗り切るために、安心できる休息場所をずっと使うようです。
 ツバメにとって、日本の冬を過ごすことは大変です。凍死したり餓死したりするものもいます。
 では渡りをすれば無事かといえば、そんなことはありません。ツバメはあの小さな体で、日本からフィリピンやマレーシア、インドネシアまでも渡ります。長い旅路には危険がいっぱいです。タカなどに襲われたり、嵐に巻き込まれたりすることがあるでしょう。そんな危険な旅を、普通のツバメは年二回(往きと帰り)も行なっています。渡るツバメも渡らないツバメも、精一杯生きています。春、私たちの前を元気に飛び回るのは、厳冬を乗り切ったツバメです。秋に旅立つツバメたちを見ると、どうか無事でと祈らずにはおれません。


図鑑には、アマツバメイワツバメコシアカツバメツバメヒメクロウミツバメが掲載されています。ぜひご利用ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/3579

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2005年10月17日 08:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジンベエザメのことを調べています。」です。

次のブログ記事は「大きくてもおとなしいグリーンイグアナ  」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。