クリスマスツリーはモミではない?

user-pic
0

ico_weather_hare.gif

今年も、クリスマスツリーが飾られる季節になりましたね。ツリーになるのはモミの木と、誰もが思っているでしょう。「もみのき」という歌もありますよね。
実はそうとは限りません。現在のヨーロッパでクリスマスツリーにされるのは、主にドイツトウヒという木です。日本のモミよりも、エゾマツに近い種です。ドイツだけでなく、ヨーロッパの東半分からシベリアにかけて、広く分布します。
クリスマスツリーの風習はドイツで生まれました。ドイツトウヒは、シュヴァルツヴァルト(黒い森)と呼ばれるドイツの森にたくさん生えています。この木が聖木にふさわしいとされたのは、樹形が美しく、冬でも緑を絶やさないためでしょう。
ドイツトウヒは、もともと日本にはありませんでした。今は日本にも移入されて、各地に生えています。暑さが苦手なので、北海道に多いです。防雪林に使われます。
ヨーロッパにも、日本のモミに近い種があります。ヨーロッパモミです。この木がクリスマスツリーにされることもあります。日本で「クリスマスツリーはモミの木」とされたのは、おそらくヨーロッパモミのツリーを見てのことでしょう。
ドイツトウヒもヨーロッパモミも、マツ科の針葉樹です。ドイツトウヒやエゾマツはマツ科の中のトウヒ属に、ヨーロッパモミや日本のモミはマツ科のモミ属に分類されます。トウヒ属とモミ属は似ていて、素人目には区別ができません。簡単な区別法としては、実の付き方を見るとよいです。トウヒ属は、花が咲いた後に垂れ下がって実がなりますが、モミ属は上を向いたまま実がなります。
トウヒ属とモミ属は、すべてが常緑樹です。冬の厳しいヨーロッパでは、一年中緑のある木が神聖視されました。古代には、ドイツトウヒやヨーロッパモミに限らず、類縁の木が多く崇拝されたことでしょう。
ですから、日本にあるトウヒ属のエゾマツや、モミ属のモミなどをクリスマスツリーに仕立てても、間違いとはいえません。どうかお好きなトウヒ属やモミ属の木を選んで、お楽しみ下さい。

図鑑には、トウヒ属ではエゾマツヤツガタケトウヒが、モミ属ではウラジロモミモミ掲載されています。ぜひご利用ください。

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/3648

 十二月になると、街にポインセチアが溢れますね。あの、赤い松明【たいまつ】のよ... 続きを読む

 センリョウとマンリョウは、お正月に喜ばれる植物ですね。名前がおめでたいからで... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2005年11月28日 07:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なんとも、堂々としてますね(フトアゴヒゲ)」です。

次のブログ記事は「つぶらな瞳(マダラサラマンドラの仲間)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。