海中のクリスマスツリー? イバラカンザシゴカイ

user-pic
0

ico_weather_hare.gif 

十二月、街角にまた家庭に、様々なクリスマスツリーが立っています。暗い季節をきらびやかにしてくれますね。
 海の中にも、たくさんのクリスマスツリーが立っています。それらは十二月だけでなく、一年じゅう海中を彩ります。ピンク、橙【だいだい】、コバルトブルー、黄金色に真珠色と、とりどりのツリーが海底から生えています。はて、これらの正体は?
 答えは、イバラカンザシゴカイです。ほとんどの方は、初めて聞く名前でしょうね。ゴカイという名にぴんと来た方もいるでしょう。そう、イバラカンザシゴカイは、釣餌にするゴカイの仲間です。細長い体にたくさんの脚が生えた体を持ちます。ミミズの遠い親戚です。専門的には、環形【かんけい】動物というグループに分類されます。
 ミミズやゴカイの仲間が、なぜクリスマスツリーなのでしょう? 彼らが鰓冠【さいかん】という器官を持っているからです。イバラカンザシゴカイの鰓冠は円錐形でひらひらしていて、クリスマスツリーに似ています。そのため、英語でChristmas tree worm、クリスマスツリーの虫と呼ばれます。
 イバラカンザシゴカイは、普通のミミズやゴカイと違って、自由に歩き回りません。サンゴ礁や石に穴を掘って棲みます。穴に入ったら一生出ません。ですから、彼らのゴカイ型の体を見ることはまずありません。私たちの目につくのは、鰓冠だけです。
 彼らは呼吸や食事に鰓冠を使います。穴の入口から鰓冠を伸ばして呼吸し、鰓冠に引っかかった有機物を食べます。その様子が、小さなクリスマスツリーを思わせます。
 イバラカンザシゴカイのツリーは、必ず、一頭に二本あります。鰓冠の直径は1cmほどしかありません。にもかかわらず、見れば見るほど細密で美しいツリーです。魅せられて、写真を撮りに行くダイバーが大勢います。
 イバラカンザシゴカイは敏感です。怪しい水流や影を感じると、たちまち穴に引っ込んでしまいます。そっと近づくのがこつです。周囲を荒らさないのは言うまでもありません。そうすれば、彼らは美麗なミニチュア・ツリーを伸ばして、歓迎してくれることでしょう。


図鑑には、イバラカンザシゴカイが掲載されています。ぜひご利用ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/3672

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2005年12月 9日 09:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お馴染みの黄葉スポット(イチョウ)」です。

次のブログ記事は「実は目立ちますね。(カラスウリの実)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。