地域によって暮らしが違う蜜蜂(ミツバチ)

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_hare.gif

 春から初夏にかけては、花いっぱいの季節ですね。花から花へ、ミツバチが忙しそうに飛び交っています。
 ミツバチから蜂蜜【はちみつ】が取れることは、皆さん御存知ですね。養蜂【ようほう】というミツバチを飼う職業があります。それに携わる人たちが蜂蜜を取っています。養蜂で飼われるミツバチは、野外で会うミツバチと同じ種でしょうか?
 答えは、「同じ種と違う種がいる」です。
 養蜂に使われるのは、セイヨウミツバチという種です。名のとおり、もとはヨーロッパに分布します。日本にはいませんでした。西洋から養蜂業が導入された時に、入ってきた種です。日本にいるセイヨウミツバチは、飼われているものがほとんどです。
 日本には、昔からニホンミツバチという種がいました。今でも野生でいるのは、この種です。セイヨウミツバチと同じく、花粉や花蜜を食べるおとなしいハチです。
 野外では、セイヨウミツバチとニホンミツバチが、同じように活動しています。両種はよく似ていて、区別がつけにくいです。ニホンミツバチのほうが黒っぽい体色に見えます。
 日本で養蜂をやるなら、ニホンミツバチを使えば良さそうですよね。なぜ、わざわざセイヨウミツバチを使うのでしょう?
 その理由は、ニホンミツバチが飼いにくいからです。ニホンミツバチは、巣の環境が良くないと感じると、群れごと巣から逃げてしまいます。セイヨウミツバチは、一度巣を作れば、そこから逃げません。人間にとっては、セイヨウミツバチのほうが都合がいいですよね。用意した巣箱から逃げませんから。
 日本には、ヨーロッパにいないオオスズメバチがいます。スズメバチはミツバチの天敵です。ニホンミツバチは、オオスズメバチから逃げられるように、「巣を捨てる」方法を取ると考えられています。
 二種のミツバチの差は、それぞれの環境に適応した結果です。どちらが優れているとも言えません。植物にとっては、どちらも大切な花粉の運び手でしょう。


図鑑にはセイヨウミツバチニホンミツバチがともに掲載されています。またオオスズメバチも載っています。ぜひご利用ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/3964

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2006年5月12日 06:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「先日、横浜にタヌキがでたと聞いたのですが・・・」です。

次のブログ記事は「アマサギ 2 【愛鳥週間 その3】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。