南極にペンギンがいて、北極にいないのはどうしてですか?

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif

南極にペンギンがいて、北極にいないのはどうしてですか?

 昔は、北極にも、ペンギンにそっくりな鳥が棲んでいました。オオウミガラスという鳥です。ペンギンと同じように、翼が小さくて飛べませんでした。そのかわりに泳ぎが得意でした。海で魚を獲って食べていました。立った姿勢でよちよち歩くところや、背中が黒っぽくておなかが白いところまで、ペンギンにそっくりでした。
 オオウミガラスは、ヨーロッパ北部の北極圏に棲んでいました。「北極のペンギン」ですね。
 もともと、「ペンギン」という名は、オオウミガラスに対して付けられたものです。ヨーロッパ人が南極へ探検に行った時、見慣れた「ペンギン」=オオウミガラスにそっくりな鳥を見つけました。そのため、その鳥にもペンギンと名付けました。
 残念なことに、オオウミガラスは絶滅してしまいました。人間に獲られ過ぎたからです。元祖「ペンギン」の生きている姿は、今では見ることができません。
 北極と南極という似た環境には、やはり似た生物がいたのですね。人間が滅ぼさなければ、今でも、北極と南極と両方に「ペンギン」がいたのです。「北極のペンギン」が見られなくなったのは、人間のせいです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4062

コメント(1)

| コメントする

ガンバレ

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2006年6月22日 00:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フリージア」です。

次のブログ記事は「ラ パロマ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。