真珠貝【しんじゅがい】の秘密

user-pic
0

ico_weather_ame.gif


 真珠(パール)は、人気のある宝石ですね。真珠が貝によって作られることは、皆さん御存知でしょう。真珠が取れる貝は、通称で真珠貝と呼ばれます。
 真珠貝と呼ばれるのは、一種だけではありません。びっくりするほどたくさんの種の貝が、真珠を作ります。マガキなどの牡蠣【カキ】の仲間が作ることもあります。どんな種の貝が作った真珠でも、宝石にされるほどの美しいものは、ごくわずかです。
 真珠は、貝の身を守る仕組みのためにできます。真珠の元になるのは、貝の体に入った異物です。異物が体を傷つけないように、貝は、異物の周囲を自分の体から出る物質で覆います。すっぽり覆われたものが真珠です。
 貝の種によって、体から出る物質の性質が違います。そのため、真珠の色や光沢は、貝の種ごとに違います。同じ種でも、いろいろな条件の差で、外見の違う真珠ができます。
 産業的な真珠養殖に用いられる貝は、アコヤガイ(阿古屋貝)、マベ、シロチョウガイ(白蝶貝)、クロチョウガイ(黒蝶貝)などです。最も有名なのは、アコヤガイですね。普通に「真珠」といって売られているのは、多くアコヤガイが作ったものです。マベからは、マベ真珠、またはマベパールと呼ばれる半球形の真珠が取れます。シロチョウガイとクロチョウガイは熱帯性の貝で、日本近海ではあまり養殖されていません。
 なぜ、これらの貝からは、特に美しい真珠が取れるのでしょう? そのヒントは、貝殻の内側にあります。これらの殻の内側には、宝石の真珠と同じ光沢があります。
 貝が真珠を作るのに出す物質は、殻を作る物質でもあります。殻を作る物質を、体を守るために使っています。ですから、光沢のある殻の貝は、光沢のある真珠を作れるわけです。貝殻の外側は、敵に見つかりにくいように地味になっています。
 生きているアコヤガイやマベの姿からは、真珠の美しさは想像できません。彼らの殻の外側には、海藻などがいっぱい付いています。美しいどころか、汚らしいとさえ見えます。そういう姿で、海底の岩などに付着しています。外に向かっては醜く見せて敵を欺き、内では真珠を作って異物に対抗するなんて、よくできていますよね。


図鑑には、アコヤガイマベが掲載されています。ぜひご利用下さい。

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4052

 珊瑚(コーラル)は、真珠(パール)と並んで、海で採れる宝石ですね。どちらも... 続きを読む

 忘年会の季節ですね。今の日本では、世界中の食べ物が、食卓に上ります。  最... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2006年6月16日 00:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「グラニー」です。

次のブログ記事は「ゴールデンメダイヨン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。