多くの人が和名の由来を質問されるのに驚きました

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif

誰か正確にご存知な方がいらっしゃいましたら教えて下さい。


 和名は、最大公約数的な呼び名ですね。圧倒的多数の人間が使う名が、標準和名(図鑑に載る名前)になると考えていいでしょう。
 地域によって、ある種の呼び名が違うことは、よくあります。
 けれども、生物学で研究対象としたり、全国の人に向けて特定の種の話をしたりする場合には、それでは困りますよね。
 そこで、標準和名が定められます。だいたい、学者が集まる学会などが提言し、それが既成事実化してゆきます。結構おおらかなものです。
 例えば、日本の爬虫両生類に関して言えば、爬虫両生類学会というところで標準和名を承認し、発表しています。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4215

 生き物の名前には、いろいろなものがありますね。特徴をよく表わした「これしか... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2006年10月12日 08:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「朝日」です。

次のブログ記事は「渡りをするチョウ(蝶)がいる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。