月にヒキガエルがいる?

user-pic
0

ico_weather_hare.gif


 秋は空気が澄んでいます。おかげで、月が美しいですね。古代の人が、お月見という風習を作った気持ちがわかります。
 月にウサギがいるという伝説は、有名ですね。この伝説は、中国から日本に伝わりました。中国には、もう一つ、ヒキガエルが月に住むという伝説があります。
 月をよく見ると、表面に模様が見えます。月のウサギ伝説は、その模様をウサギの姿と見立てたものです。月のヒキガエル伝説は、月のぼこぼこしたクレーター模様を、ヒキガエルの背と見立てたものです。ヒキガエルの特徴をとらえた、面白い発想ですね。
 ヒキガエルの仲間は、世界に広く分布します。どの種のヒキガエルも、外見と習性が似ています。みな、背がごつごつです。脚が短くて、ほとんど跳ねません。カエルの仲間なのに、水に入るのが嫌いです。繁殖期以外、積極的に入ろうとしません。
 「醜くて、のそのそ歩く変なカエル」というのが、世界共通のヒキガエルの印象でしょう。日本のヒキガエルも、前記の外見と習性を持っています。ヒキガエルに様々な伝説があるのは、その独特な外見と習性が、人々の関心を惹いたからでしょう。
 「ヒキガエルに触ると、ヒキガエルと同じいぼができる」という俗信もありますね。実際には、そんなことはありません。ただし、ヒキガエルに毒があるのは、本当です。
 ヒキガエルは、頭の横、耳の後ろ側に、耳腺【じせん】という器官を持ちます。ここから毒液を分泌します。液には、ブフォトキシンという毒成分が含まれます。毒があっても、ヒキガエルは、攻撃的な動物ではありません。毒は、身を守るためだけに使います。
 ヒキガエルに普通に触っただけなら、害はありません。けれども、口や傷口が毒液に触れると、危険です。ヒキガエルに触った後には、必ず手を洗いましょう。
 毒があるからといって、ヒキガエルを害獣扱いするのは、間違いです。家に庭がある方、特に園芸がお好きな方にとっては、ヒキガエルは味方です。ナメクジやハムシなど、園芸植物を荒らす生き物を食べてくれるからです。
 庭石の上で悠然と構える「害虫退治屋ヒキガエル」は、絵になりますよね。

図鑑にはニホンヒキガエルが掲載されています。ぜひご利用ください。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4225

 世の中には、毒を持った生き物が、たくさんいますね。なかでも、毒蛇は有名です。 ... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2006年10月21日 05:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ルリイロツルナスビ」です。

次のブログ記事は「チュウサギ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。