花が咲かないのに実がなる? イチジク

user-pic
0

ico_weather_hare.gif

 秋は実りの季節ですね。たくさんの果物が実ります。
 イチジクは、秋の果物の一つですね。漢字では無花果と書いて、イチジクと読みます。
 こんな奇妙な漢字名が付いたのには、理由があります。イチジクは、「花が無いのに果実ができる」植物だと思われたためです。そんなことが本当にあるのでしょうか?
 実際は、イチジクにもちゃんと花が咲きます。ただ、花の付き方が変わっているため、花があるように見えません。ゆえに、花が咲かないと思われました。
 イチジクの花は、一見、小さな果実に見えます。青い未熟な果実を割ってみると、中に、小さな花がぎっしり咲いています。イチジクの花は、果実(のように見えるもの)の内側に咲くのですね。これでは、花がないと思われるのも、無理はありません。
 イチジクの花に惑わされるのは、ヒトだけではありません。昆虫もそうです。ミツバチなどの普通の昆虫は、イチジクの花を訪れることができません。どこに花があるのか、わからないのでしょうね。
 ということは、イチジクは、昆虫に花粉を運んでもらえないことになります。花から花へ花粉が運ばれないと、種子ができません。どうしているのでしょうか?
 じつは、イチジクは、専用の花粉の運び手を持っています。イチジクコバチという昆虫です。イチジクは、イチジクコバチがいないと種子を作れません。イチジクコバチは、イチジクがないと子育てができません。イチジクコバチの幼虫は、イチジクの果実内でしか育たないからです。イチジクとイチジクコバチは、互いに欠かせない存在です。
 イチジクが属するイチジク属の植物は、みな、専用の花粉の運び手を持ちます。例えば、イヌビワにはイヌビワコバチが、アコウにはアコウコバチがいます。なぜ、こんなに緊密な共生関係ができたのかは、わかっていません。
 イチジクは、とても起源が古い栽培植物です。何千年も前から栽培されています。人間が作った植物に、昆虫が適応したのは驚きですね。私たちが思う以上に、生き物には適応力があるのでしょう。


図鑑にはイチジクイヌビワアコウが掲載されています。ぜひご利用ください。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4209

 ザクロは、秋の味覚の一つですね。こぼれる粒々の果実は、いかにも豊かそうです... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2006年10月 6日 09:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なまこのことを知りたいです。」です。

次のブログ記事は「ハコフグとハリセンボンは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。