北半球で一番ペンギンが

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif


北半球で一番ペンギンが生息している国はどこでしょうか?


 野生のペンギンは、すべて南半球に分布しています。北半球には、野生のペンギンはいません。
 北半球にいるのは、飼育されているペンギンだけです。飼育ペンギンの数が一番多いのは、どこでしょう?
 じつは、我が国、日本です。2006年初めの時点で、18種のペンギンのうち、11種がいます。同じく2006年初めの時点で、生息数はおよそ2500羽だそうです。南半球の国を入れても、ダントツ一位の飼育数です。世界一です。
 なぜ、日本人はこんなにペンギンが好きなのでしょうね? これに関しては、以下の本に載っています。ぜひ読んでみて下さい。


川端 裕人【かわばた ひろと】著、2001年、『ペンギン、日本人と出会う』、文芸春秋、本体価格1714円


 以下は余談です。
 日本に一番たくさんいるのは、フンボルトペンギンです。
 ところが、一番絶滅の危機にあるペンギンも、フンボルトペンギンです。現在、地球上にいるフンボルトペンギンのうち、約1割が日本にいるそうです。
 日本では、フンボルトペンギンの飼育研究が進んで、安定して繁殖させることができるようになりました。原産地のチリから、飼育技術を学びに来るほどだそうです。日本の技術が、ペンギンを救うために役立つといいですね。


過去記事の記事でも取り上げられています。
ペンギンを調べたいのですが(2006/08/31)
南極にペンギンがいて、北極にいないのはどうしてですか?(2006/06/22)
 このほか鳥類に関するコラム、Q&A、画像など盛りだくさんです。カテゴリよりどうぞご覧ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4266

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2006年11月30日 05:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「紅葉3」です。

次のブログ記事は「ツタ(蔦)は落葉する?しない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。