サザンカとツバキはどう違う?

user-pic
0

ico_weather_hare.gif


 秋が深まってくると、花の数が少なくなりますね。サザンカ(山茶花)は、晩秋に咲く数少ない植物の一種です。童謡の「たきび」の歌詞にも登場しますね。
 サザンカの花は、ツバキの花と似ています。同じように寒い時期に咲くこともあって、両者は混同されがちです。けれども、サザンカとツバキとは、違う種です。
 サザンカとツバキは、同じツバキ科に属します。しかし、いくつも違いがあります。
 最もわかりやすいのは、花の散り方でしょう。サザンカは、花びらが一枚一枚ばらばらに散ります。ツバキは、花全体がばらばらにならず、一輪の形そのままに散ります。
 また、サザンカの花には、かすかな香りがあります。ツバキは全く香りません。この差は、おそらく、花粉を運んでもらう動物の違いを表わします。
 花粉の運び手の中で、昆虫は香りに敏感です。鳥は香りに鈍感です。鳥だけを呼び寄せたいなら、香る必要はありません。サザンカに香りがあるのは、昆虫を呼ぶためでしょう。ツバキはほとんど鳥に頼っているため、香りを発達させませんでした。
 野生のサザンカとツバキとは、明らかに違う種です。ところが、園芸品種は、そうとは限りません。園芸品種には、サザンカとツバキとを交配したものが多いからです。
 例えば、カンツバキ(寒椿)という園芸品種の一群があります。これは、サザンカとヤブツバキとが交配して生まれたと考えられています。また、ハルサザンカという園芸品種群があります。ハルサザンカは、サザンカと、ツバキの園芸品種のどれかとが交配して生まれたようです。カンツバキとハルサザンカは、サザンカとツバキとの中間の性質を持ちます。園芸の分野では、サザンカとツバキとは、明確に分けられませんね。
 カンツバキやハルサザンカなどの園芸品種は、世界のどこで、どのように誕生したのか、わかっていません。野生のサザンカに限れば、原産地は日本です。本州の西端や、四国、九州、南西諸島に分布します。野生のサザンカの花は、白一色です。
 童謡にあるとおり、サザンカは、木枯らしの道を彩ります。サザンカがなかったら、日本の秋は、ずいぶんさびしいものだったでしょう。日本の誇れる園芸植物ですね。


 過去の記事で、サザンカに近縁なツバキを取り上げています。以下の記事も御参照下さい。
あんこ椿(ツバキ)は恋の花(2006/2/13)

図鑑にはサザンカや同じツバキ科のヤブツバキが掲載されています。ぜひご利用ください。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4270

 皆さんがお住まいのところでは、ウメの花が咲きましたか? 同じ日本国内でも、... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2006年12月 4日 05:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クロサギ 2」です。

次のブログ記事は「バッファローというのは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。