ポインセチアはクリスマスの花?

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif

 十二月になると、街にポインセチアが溢れますね。あの、赤い松明【たいまつ】のような鉢植えです。一見、大きな草に見えますね。本当は小さな木です。
 今や、ポインセチアは、クリスマスのイメージ花ですね。なぜでしょう? これについては、メキシコに伝説があります。メキシコを含む中米が、ポインセチアの原産地です。
 あるクリスマスイブに、キリストに捧げ物をしようとした子どもがいました。けれども、何も捧げられる物がありません。そこで、道端の草を摘んで捧げることにしました。その子は、「愛がこもっていれば、どんな物でも神さまの目にかなう」と聞かされていたのです。教会に草を持っていった時、奇跡が起こりました。道端の雑草に、赤と緑の花が咲きました。この草がポインセチアだ、と言い伝えられています。
 じつは、ポインセチアの「花」に見える赤い部分は、花ではありません。葉の色が変わったものです。ハゲイトウ(葉鶏頭)と同じですね。しかし、ポインセチアは、ハゲイトウの仲間ではありません。ハゲイトウはヒユ科で、ポインセチアはトウダイグサ科です。
 ポインセチアの本当の花は、とても小さいです。花びらもありません。そのために目立ちません。代わりに、葉が美しく色づきます。最近は、葉が白くなる園芸品種もありますね。赤・緑・白という、クリスマスのイメージ色に合わせたのでしょう。
 ポインセチアには、ショウジョウボク(猩々木)という日本語名があります。似た名前で、ショウジョウソウ(猩々草)という別種の植物があります。両種は、原産地がほぼ同じです。米国南部からメキシコにかけてが、ショウジョウソウの原産地です。
 生き物の世界では、名が似ていても、類縁が遠いことが多いですね。ところが、この二種は近縁です。同じトウダイグサ科に属します。姿も似ています。ショウジョウソウは、小型で、色づき方が足りないポインセチアのように見えます。
 ポインセチアは、日照時間が短くなる期間が、約二ヶ月ないと、色づきません。日照時間の短さが、色づく決め手です。こういう植物を、短日植物といいます。秋の夜長があるおかげで、クリスマスにポインセチアが華やかになるのですね。


 過去の記事で、他にも、クリスマスに関連した植物を取り上げています。こちらも御覧下さい。

西洋ヒイラギはクリスマスに、ヒイラギは節分に(2005/12/23)

クリスマスの飾りは豊饒【ほうじょう】のしるし、ヤドリギ(2005/12/12)

クリスマスツリーはモミではない?(2005/11/28)

などです。

図鑑にはポインセチアが掲載されています。ぜひご利用ください。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4280

 最近は、クリスマスのリースを、手作りする方も、多いですね。園芸店や手芸店で... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2006年12月14日 08:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カモ、カモ、カモ・・・・」です。

次のブログ記事は「空飛ぶ哺乳類?!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。