<カエル・ツボカビ症>国内で初確認 両生類絶滅の危険性も

user-pic
0

ico_weather_hare.gif


 新年そうそう、両生類が絶滅の危機というニュースです。


 ペットとして飼っていたカエルの異変に気がついたら、すぐに獣医師に相談してください。ツボカビ症は、水中を浮遊するため、水槽の水は下水管や屋外へ廃水しないでください。治療法もあるそうです。
 詳しくは、麻布大学 獣医学部獣医学科病理学研究室 宇根有美助教授のページをご覧ください。PC版ですが、興味のある方はご覧ください。URLは以下の通りです。
http://www.azabu-u.ac.jp/wnew/detail07/070111.html

 日本に棲む両生類は、ほかでは見られない種が多数います。日本固有の大事な生物を、守っていきたいですね。


過去の記事で、絶滅の恐れのある生物や両生類を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
クマ(熊)の害を防ぐには?(2006/10/09)
氷河期の生き残りキタサンショウウオ(2005/11/07)
陸に棲むのに肺がないハコネサンショウウオ(2005/10/10)
などです。
 このほか、さまざまな生物に関するコラム、Q&A、画像など盛りだくさんです。過去の記事は各カテゴリよりどうぞご覧ください。


図鑑には、ニホンアマガエルトウキョウサンショウウオなど日本で見られる両生類が、二十数種掲載されています。ぜひご利用下さい。

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4314

 つい先だって、こちらでお伝えした両生類について、衝撃的なニュースが流れまし... 続きを読む

図鑑.netブログ - トノサマガエルの謎 (2007年5月21日 10:00)

 そろそろ田植えの季節ですね。田んぼに水が入ると、カエルの声が賑やかになりま... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2007年1月12日 16:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「海藻類などを調べるようなもの」です。

次のブログ記事は「世界のカエルが絶滅する? ツボカビ症を防ぐには」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。