新しい名前で出ています――魚類の改名

user-pic
0



 先日、日本魚類学会から、「差別語を含む魚の標準和名を改名する」という発表がありましたね。ここのブログでもお伝えしました。差別語を含む生き物の名は、改名すべき?(2007/1/9))
 このたび、その改名がなされたという報道がありました。
 結局、32種の魚が改名されました。
 変えられたのは、種名だけではありません。属名や科名など、分類単位の名も、一部が改名されました。やはり、差別語を含む名があったからです。
 今回の改名に当たっては、学会の内外から、多様な反応があったそうです。賛成する意見ばかりではなく、反対する意見も多かったようです。
 日本魚類学会では、内外から寄せられたさまざまな意見を、ウェブサイトで公開しています。このように、公に議論をすることは、とても大切ですね。

 以下に日本魚類学会のPC版のURLを明記しておきます。興味があればご覧ください。
 差別的語を含む標準和名の改名とお願い(2007/2/01 日本魚類学会) ※PC版
 http://www.fish-isj.jp/info/j070201.html

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4341

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2007年2月 2日 17:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鰯(イワシ)の頭も信心から?」です。

次のブログ記事は「Mt.Shasta 夕景」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。