人食いザメより、サメ食い人のほうが多い?【ワシントン条約締結国会議6月3日~15日】

user-pic
0




 二〇〇七年の六月三日から、十五日まで、ワシントン条約の会議が行なわれます。場所は、オランダのハーグです。ワシントン条約締結国会議としては、十四回目になります。
 日本も、ワシントン条約の締結国の一つです。今回の会議にも、もちろん出席します。会議では、日本が主導的な立場を取ることを期待したいですね。日本は、たくさんの生き物や、その派生物を輸入しているからです。
 会期中には、多くの議題が議論される予定です。今回は、漁業規制について、多くのことが取り上げられるのでは、といわれます。例えば、今回の会議では、サメの規制が話し合われる予定です。
 普通の人は、「サメの数が減っている」なんて、思いもしないでしょう。普段、「サメを食べている」という意識がある人は、少ないからです。
 世界では、大量のサメが、食用に漁獲されています。日本近海でも、たくさん捕られています。例えば、日本の東北地方では、モウカザメと呼ばれるサメが、よく食べられます。モウカザメという名は方言名で、標準和名はネズミザメというサメです。
 今回の会議で、ネズミザメに近縁なニシネズミザメの取引規制が、議題に上げられています。また、アブラツノザメというサメの規制も、議題に上げられています。
 アブラツノザメも、日本近海で捕られています。そのまま食べたり、練り製品の材料にされたりします。肝油【かんゆ】の原料としても、重要です。世界的に見ると、英国の有名な食べ物、フィッシュ・アンド・チップスの材料にされることが多いです。
 サメといえば、人食いザメを連想する人もいるでしょう。実際には、「サメを食べる人」のほうが、はるかに多いです。このために、獲られ過ぎて、絶滅しそうなサメがいるわけです。サメよりも、ヒトのほうがずっと強いですね。
 私たちは、自分たちが、とても強力な生き物であることを、忘れてはいけないと思います。強力なものは、気づかないうちに、弱いものを虐待しがちです。強力なぶん、私たちは、他の生き物を尊重する義務がある、と考えるべきでしょう。


 以下のページに、今回のワシントン条約会議について、詳しい情報があります。規制が提案されている種の一覧も、載っています。PC版ですが、URLを明記しておきます。ご参考にしてみてください。
第14回ワシントン条約締結国会議(トラフィック・イーストアジア・ジャパン 2007/05/24) ※PC版
http://www.trafficj.org/cop14/index.htm
ワシントン条約附属書改正提案一覧(トラフィック・イーストアジア・ジャパン 2007/05/30) ※PC版
http://www.trafficj.org/cop14/cop14proposal.htm
ワシントン条約会議にむけ、保全すべき10の生物を発表(WWFジャパン 2007/05/16) ※PC版
http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/news/2007/20070516.htm


 過去の記事でも、ワシントン条約会議の議題になっている生き物を取り上げています。宝石サンゴと、ヨーロッパウナギです。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 宝石のサンゴはサンゴ礁のサンゴか?(2007/3/5)
 ウナギの繁殖の謎は解けたか?(2006/7/21)



図鑑には、オグロメジロザメネムリブカなどのサメやウナギや、サンゴの仲間が掲載されています。ぜひご利用下さい。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4507

 先日お伝えしました、ワシントン条約締結国会議が6月15日に閉幕しました。  ... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2007年5月31日 17:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サルパとは、どんな生き物?」です。

次のブログ記事は「サギ類」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。