アオウミガメは、どこが青いか?

user-pic
0



 そろそろ、ウミガメの上陸が、ニュースになる頃ですね。ウミガメは、産卵のために海岸に上がります。近年は、自治体やNPOが、積極的に保護している例も多いですね。
 日本の海岸で産卵するのは、主に、アカウミガメとアオウミガメです。日本の本土で産卵するのは、アカウミガメだけです。アオウミガメは、南西諸島や小笠原諸島で産卵します。ほとんどのウミガメは、アオウミガメのように、熱帯で産卵します。
 アカウミガメ(赤海亀)、アオウミガメ(青海亀)という種名は、いかにも、体色を表わすみたいですね。アカウミガメは、名のとおり、赤っぽく見えることが多いです。けれども、アオウミガメは、さほど青くは見えません。いったい、どこが青いのでしょうか?
 じつは、「青い」のは、アオウミガメの体脂肪の色です。青というより、緑っぽく見えます。そうなるのは、海草を主食にするためです。草の色に染まるのですね。
 アオウミガメは、海草を主食にする唯一のウミガメといわれます。他のウミガメは、動物食です。そのために、他のウミガメの体脂肪は、青(緑)っぽくなりません。
 ウミガメの仲間は、種によって、食べ物が違います。前記のとおり、アオウミガメは植物食です。アカウミガメは、貝類や甲殻類(エビ、カニの仲間)を好みます。タイマイは、海綿(カイメン)類を主食にします。オサガメは、クラゲが主食です。
 昔、島に住む人々にとって、ウミガメは貴重な食べ物でした。なかでも、アオウミガメは珍重されたといいます。草食のカメは、肉が美味しいというのですね。体脂肪の色から名付けられたのも、解体して、食べることが多かったからでしょう。
 今では、世界的に、ウミガメ猟は規制されています。どの種のウミガメも、数が減っているからです。規制をせずに、野生の生き物を、獲れる時代ではありませんね。
 かつて、ウミガメを食べた人たちを、責めることはできません。食料が乏しい時代には、当然のことでした。昔の人を責めても、ウミガメが守れるわけではありませんよね。
 今、すべきなのは、ウミガメの実態を知ることです。よく食べられたアオウミガメでさえ、生態はわかっていません。生態に合わせた保護策を講じたいですね。



 過去の記事で、アオウミガメ以外のウミガメも取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 浦島太郎が助けたのはアカウミガメ?(2006/7/28)
 世界最大の亀(カメ)はどこにいる?(2006/4/3)



図鑑には、アオウミガメアカウミガメタイマイオサガメが掲載されています。ぜひご利用下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4475

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2007年5月11日 17:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コアジサシ 【愛鳥週間 5月10日~5月16日】」です。

次のブログ記事は「コチドリ 【愛鳥週間 5月10日~5月16日】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。