2007年6月アーカイブ

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_ame.gif


ツマグロヒョウモンEEDV0007.jpg
和名:ツマグロヒョウモン
学名:Argyreus hyperbius

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 浦添 【2007.06.09】


ico_weather_hare.gif


 六月の終わり頃、神社で、奇妙なものを見たことがありませんか? 藁【わら】のようなもので作られた、大きな輪です。人がくぐれるようになっています。
 これは、「茅の輪」と呼ばれるものです。チガヤという植物を、束ねて作ったものです。「茅【ち】」というのは、チガヤの古名です。だから「茅の輪」と呼ばれます。
 茅の輪は、古来、魔除けに使われました。これをくぐると、病気にならないなどといわれます。「茅の輪くぐり」と呼ばれる儀式です。
 昔、日本の宮廷では、六月最後の日と、十二月最後の日に、魔除けの儀式が行なわれました。それが、各地の神社でも行なわれるようになります。十二月の魔除けは、多くの地域で忘れられました。六月の儀式(夏越【なごし】の祓【はらえ】)だけが、残っています。
 では、チガヤとは、どういう植物でしょうか? なぜ、茅の輪に使われるのでしょう?
 チガヤは、イネ科に属します。イネやススキなど、他のイネ科植物と同じく、細長い葉をしています。ススキに似た、白い穂を出します。けれども、ススキのように広がった感じにはなりません。イヌやネコの尾のように、一本にまとまっています。
 近年まで、チガヤは、日本人に身近な植物でした。川の土手や原っぱに、群生していました。昔の人は、ふわふわの穂を取って、火口【ほくち】にしたといいます。火口とは、火打石から火を移すのに使うものです。他に、茅葺【かやぶき】屋根の材料にされたり、漢方薬の原料にされたりしました。
 しかし、チガヤが魔除けにされた理由は、わかっていません。屋根の建材や、漢方薬に使われる植物なら、他にもたくさんありますよね。なぜ、チガヤなのでしょう?
 ヒントは、チガヤの穂にありそうです。チガヤと同じイネ科には、同じように、ふわふわした穂を持つ種が多いです。ススキ(薄)や、オギ(荻)や、マコモ(真菰)などです。こういった種は、よく神事に使われますね。十五夜のススキが有名です。
 どうやら、昔の日本人は、「ふわふわした穂は、神霊を招く」と信じていたようです。茅の輪は、きっと、チガヤのその力にあやかろうとしたものでしょう。


 過去の記事で、チガヤと同じイネ科のススキも取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
人間とは持ちつ持たれつのススキ(2006/10/1)



図鑑には、チガヤが掲載されています。また、同じイネ科のススキも載っています。ぜひご利用下さい。

エセックス

user-pic
0




バラ_エセックスEEDV0964%20(1).jpg
'エセックス' 作出:1989年 デンマーク ポールゼン

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

和名:バラ 園芸種 'エセックス'
学名:Rosa hybrida hort 'Essex'
東京 新宿 【2007.05.24】


ico_weather_hare.gif

 広島県から、たいへん興味深いニュースが届きました。ある生き物のために、一つの島が崩壊しかけています。ホボロ島という無人島のお話です。
 島を壊しているのは、なんと、体長1cmほどしかない虫です。日本語名を、ナナツバコツブムシという種です。ラテン語の学名を、【Sphaeroma sieboldii】といいます。
 虫といっても、ナナツバコツブムシは、昆虫ではありません。ダンゴムシやワラジムシと、同じ仲間です。専門的にいえば、節足動物門【せっそくどうぶつもん】軟甲綱【なんこうこう】等脚目【とうきゃくもく】というグループに属します。昆虫は、同じ節足動物門の中でも、昆虫綱【こんちゅうこう】という別のグループです。
 ダンゴムシや、ワラジムシは御存知ですか? 石の下や、落ち葉の下にいる虫です。ワラジムシは、草鞋【わらじ】に似た形をしています。平たい楕円形【だえんけい】ですね。ダンゴムシは、ワラジムシに似た形ですが、もっと丸っこいです。つつくと、団子【だんご】のように丸くなります。それで、ダンゴムシという名が付きました。
 ナナツバコツブムシは、等脚目のうちの、コツブムシ科に属します。外見は、ダンゴムシにそっくりです。ダンゴムシと同じく、おとなしい生き物です。ヒトに害を与えることはありません。そんな虫が、なぜ、島を崩壊させるのでしょうか?
 それは、ナナツバコツブムシが、岩に巣穴を掘るせいです。小さな虫でも、膨大な数が集まれば、岩を壊すほどになるのですね。支えを失った島は、崩壊する一方です。
 ナナツバコツブムシをはじめ、ワラジムシやダンゴムシの仲間(等脚目)は、ほとんど生態が知られていません。けれども、彼らは、土壌生物として、重要な存在です。彼らがいるおかげで、健全な土が生まれます。
 健全な土がなければ、植物が育ちませんね。植物が育たないなら、動物も育ちません。等脚目は、生き物の生活を根もとで支えています。縁の下の力持ちですね。
 こんなニュースでもなければ、等脚目の生き物が、注目されることはなかったでしょう。これを機会に、彼らの生態に、光が当たればいいと思います。

図鑑には、ナナツバコツブムシに近縁なオカダンゴムシフナムシワラジムシが掲載されています。ぜひご利用下さい。

ico_weather_hare.gif


アオスジアゲハ100_0018.jpg
アオスジアゲハ100_0020.jpg
アオスジアゲハ100_0025.jpg
和名:アオスジアゲハ
学名:Graphium sarpedon nipponum

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 浦添 【2007.06.09】



図鑑には、アオスジアゲハが掲載されています。ぜひご利用下さい。

ico_weather_kumori.gif


ベニシオマネキIMG_0173.jpg
和名:ベニシオマネキ
学名:Uca chlorophthalma crassipes

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 東村 【2007.05.18】



図鑑には、ベニシオマネキの仲間ハクセンシオマネキは掲載されています。ぜひご利用下さい。

ico_weather_ame.gif


 「コウモリが超音波を出す」ことは、よく知られていますね。暗い中で飛ぶためです。コウモリは、超音波の鳴き声を出して、周囲の様子を探ります。何か物があれば、鳴き声は跳ね返ってきます。この声を聞き分けて、周囲の様子を知るわけです。
 このようなやり方を、エコーロケーションといいます。エコーロケーションは、イルカやクジラも行ないます。濁った水中で、周囲の様子を知るためです。
 すべてのコウモリが、超音波を出すわけではありません。例えば、オオコウモリと呼ばれる種のほとんどは、超音波を出しません。彼らは、目で周囲の様子を知ります。
 オオコウモリの仲間は、日本には少ないです。日本のコウモリの多くは、超音波を出します。エコーロケーションをするわけですね。どんな超音波を出すか、また、どのように超音波を使うかは、種によって違います。
 日本で最も平凡なコウモリの一種、キクガシラコウモリを見てみましょう。手もとに図鑑などがあれば、彼らの顔を御覧下さい。異様な顔に、びっくりするでしょう。
 キクガシラコウモリは、鼻がとても大きいです。形も複雑です。他のキクガシラコウモリ科の種(コキクガシラコウモリなど)も、同じです。これは、鼻から鳴き声を出すためです。ヒトで言えば、鼻歌のようなものでしょうか。
 キクガシラコウモリの「鼻歌」は、超音波です。この超音波を使って、エコーロケーションをします。キクガシラコウモリ科のコウモリは、みなそうです。
 他の科のコウモリたちは、口から超音波を出します。ですから、キクガシラコウモリ科のようには、鼻は発達していません。鼻からでも口からでも、エコーロケーションするのは同じです。なぜ、こんな違いができたのかは、わかっていません。
 コウモリは、なぜ、超音波でエコーロケーションするのでしょうか? 普通の音でも良さそうですよね。理由の一つは、「餌の虫を見つけやすいように」だと考えられています。超音波は、昆虫のように、小さな物を発見するのに向いています。日本のコウモリが、ほとんど昆虫食なのを考えると、納得できますね。


 過去の記事でも、コウモリを取り上げています。また、別の空飛ぶ哺乳類(正確には、滑空する哺乳類)も取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。

 モモンガとムササビはどう違う?(2006/12/15)
 人間の役に立つコウモリ(2006/8/18)
 こうもりは、変温動物ですか?(2005/11/3)



図鑑には、キクガシラコウモリコキクガシラコウモリなど、十種以上のコウモリが掲載されています。ぜひご利用下さい。

ico_weather_kumori.gif


バラ_ディンティベスEEDV0868%20(1).jpg
'ディンティベス' 作出:1925年 イギリス アーシャー

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

和名:バラ 園芸種 'ディンティベス'
学名:Rosa hybrida hort 'Dainty Bess'
東京 新宿 【2007.05.24】


ico_weather_hare.gif


リュウキュウアサギマダラEEDV0021.jpg
和名:リュウキュウアサギマダラ
学名:Radena similis

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 浦添 【2007.06.09】


ico_weather_hkumori.gif / ico_weather_ame.gif


 アジサイは、日本の梅雨を彩る花ですね。「七変化」という別名のとおり、色とりどりです。美しく色づくのは、花弁(花びら)に見えますが、そうではありません。蕚【がく】という部分です。
 アジサイの花は、誰もが知っていますね。では、アジサイの果実を御存知ですか? 
 じつは、アジサイには、果実がみのりません。アジサイの花は、雄しべも雌しべも退化しているためです。あれだけたくさんの花が咲くのに、実を結びません。
 アジサイは、人の手で、挿し木で殖やされます。人間に作られた園芸植物だからです。
 では、野生のアジサイは、どうしているのでしょう? 園芸用のアジサイの元になったのは、どんな植物でしょうか?
 アジサイの原種は、ガクアジサイという種です。この種は、日本の野山に生えます。ガクアジサイには、ちゃんと果実がみのります。
 ガクアジサイの花は、アジサイに似ています。多くの花が、まとまって咲きます。けれども、明らかに違うところがあります。ガクアジサイの花には、形が違うものが混じっています。蕚がある花と、ない花です。蕚がない花は、見た目があまり美しくありません。
 蕚があるガクアジサイの花には、雄しべも雌しべもありません。栽培されるアジサイと同じですね。蕚がない花には、雄しべと雌しべがあります。こちらの花が、実を結びます。
 ガクアジサイの花は、なぜ、こんなふうになっているのでしょうか? 効率良く虫を呼んで、花粉を運んでもらうため、と考えられています。
 蕚がある花は、美しく咲いて、虫を惹きつけます。蕚がない花は、花粉を出すことに徹して、果実を作ります。花の間で、分業しているのですね。蕚があるガクアジサイの花のように、美しいだけで実を結ばない花のことを、装飾花【そうしょくか】といいます。
 アジサイは、いわば、装飾花ばかりが咲くガクアジサイです。見た目が美しいために、人間によって、そうされました。このため、アジサイは、人に頼らないと繁殖できません。
そう思うと、アジサイの花は、なんだか物悲しく見えますね。


 過去の記事でも、アジサイの仲間を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。


 花祭りの甘茶は、お茶の木からできる?(2007/4/5)



図鑑には、ガクアジサイタマアジサイツルアジサイなど、アジサイ属の植物が掲載されています。ぜひご利用下さい。

ハリセンボン

user-pic
0




ハリセンボンIMG_0016.jpg
ハリセンボンIMG_0017.jpg
和名:ハリセンボン
学名:Diodon holocanthus
潮溜まりで優雅に泳ぐハリセンボン。

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 読谷村 【2007.05.18】


ico_weather_hare.gif

 カメムシは、世界中にたくさんいる昆虫の仲間です。臭いことで有名ですね。
 臭いだけでなく、別の理由で、カメムシは害虫とされることがあります。農作物を食い荒らすからです。
 すべてのカメムシが、農作物の害虫なのではありません。カメムシには、肉食性の種と、草食性の種がいます。肉食性の種は、もちろん、農作物など食べません。草食性の種の中に、農業の害虫がいます。残念ながら、そのような「害虫」の種は、数多いです。
 マルカメムシは、害虫とされるカメムシの一種です。主に、ダイズ(大豆)とアズキ(小豆)を食い荒らします。畑の作物以外では、クズ、ノダフジ、ヤマハギなどの、マメ科植物に付きます。元来は、野山で、これらの植物を食べていたのでしょう。
 ダイズもアズキも、日本原産の植物ではありません。千年以上も昔に、日本に導入されました。日本のマルカメムシは、それまで、ダイズやアズキを知らなかったわけです。どうやって、それらを食べるようになったのでしょうか?
 これまでは、「マルカメムシの遺伝子が変化することで、新しい植物に対応できるようになった」と考えられていました。ところが、つい先日、「そうではない」という研究結果が発表されました。「変化したのは、マルカメムシの腸内にいる細菌」だというのです。
 ヒトの腸内にも、細菌がいますね。ビフィズス菌などが有名です。ビフィズス菌は、ヒトの腸内環境を整えて、ヒトを健康にしてくれますね。同じように、マルカメムシの腸内にも、細菌がいます。細菌のおかげで、マルカメムシも、健康でいられます。この細菌が変化したことで、マルカメムシは、新しい植物を食べられるようになりました。
 マルカメムシの腸内細菌は、親から子へと受け渡されます。どうやって受け渡すのでしょう? なんと、親が、細菌入りのカプセルを、卵と一緒に産みつけます。子どもは、そのカプセルを食べて、細菌を取り入れます。これは、マルカメムシ類独特のやり方です。
 マルカメムシは、日本で、とても平凡なカメムシです。なのに、こんな大きな秘密が隠されていました。

図鑑には、マルカメムシや他のカメムシ30数種が掲載されています。ぜひご利用下さい。




 先日お伝えしました、ワシントン条約締結国会議が6月15日に閉幕しました。
 このブログでも宝石サンゴのことは取り上げましたね。今回の会議で、宝石サンゴは規制取引の対象に決定されました。


 このブログ内のワシントン条約締結国会議や宝石サンゴのページは以下にあります。
 人食いザメより、サメ食い人のほうが多い【ワシントン条約締結国会議6月3日~15日】?(2007/05/31)
 宝石の珊瑚【さんご】はサンゴ礁のサンゴか?(2007/03/05)
 




沖縄から、「ジャワマングースがノグチゲラを捕食している」というニュースがありました。
ちょうど先日、問題のジャワマングースの写真をこちらのブログでも取り上げましたね。


ジャワマングースの画像は以下のページにあります。
ジャワマングース(2007/06/14)




バラ_ラベンダードリームEEDV0885%20(1).jpg
バラ_ラベンダードリームEEDV0885%20(2).jpg
'ラベンダー ドリーム' 作出:1985年 オランダ  インタープランツ

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

和名:バラ 園芸種 'ラベンダー ドリーム'
学名:Rosa hybrida hort 'Lavender Dream'
東京 新宿 【2007.05.24】


ノネコ

user-pic
0

ico_weather_hare.gif


ノネコIMG_0036.jpg
和名:ノネコ 
学名:Felis catus

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 金武 【2007.05.18】





バラ_フェアプレイEEDV0907%20(1).jpg
'フェア プレイ' 作出:1977年 オランダ  イルシンク

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

和名:バラ 園芸種 'フェア プレイ'
学名:Rosa hybrida hort 'Fair Play'
東京 新宿 【2007.05.24】


ico_weather_hare.gif


バラ_シュノービッチェンEEDV0982%20(7).jpg
'ダブルデライト' 作出:1977年 アメリカ スイム

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

和名:バラ 園芸種 'ダブルデライト'
学名:Rosa hybrida hort 'Doubble Delight'
東京 新宿 【2007.05.24】





 関西国際空港から、気になるニュースが届きました。関空の2期島で、トノサマバッタが大発生しているそうです。
 空港で昆虫が大発生すると、見た目が悪いだけでは済みません。パイロットの視界が悪くなれば、事故につながりますね。事故防止のため、関空の社員が、バッタの駆除に乗りだしました。
 昆虫の中でも、トノサマバッタの大発生は、特別な問題をはらみます。じつは、普通のトノサマバッタと、群れで暮らすトノサマバッタとは、別種のように性質が違います。
 群れで暮らすと、トノサマバッタは凶暴になります(!) このようなトノサマバッタを、群生相【ぐんせいそう】と呼びます。普通のトノサマバッタは、単独相と呼ばれます。
 群生相のトノサマバッタは、翅【はね】が長くなります。全体的にスマートになり、飛翔能力が増します。食べ物を求めて、長い距離を飛べるようになるのですね。
 トノサマバッタは、草を食べる昆虫です。そういう昆虫が、大群をなして押し寄せたら、どうなるでしょう?
 彼らの食欲は猛烈です。野山の草木のみならず、田畑の作物も食べ尽くされます。しかも、群生相のトノサマバッタは、どんどん移動します。飛翔能力が高いからです。バッタたちが死ぬまで、被害が拡大するわけです。甚大な被害になりますね。
 群生相のトノサマバッタは、古来、飛蝗【ひこう】と呼ばれました。特に中国大陸で、たいへん恐れられた災害でした。飛蝗のために、飢饉【ききん】が起こり、それが時の政権を揺るがしたこともあったといいます。「蝗」という字は、「(災害に無策な)皇帝を倒す」ことから、「虫へんに皇」という説があるほどです。(異説もあります)
 トノサマバッタが群生相になるのは、「食べ物が限られた状況を、打破するため」といわれます。移動能力を高めて、生き残ろうというわけです。自然環境が危機的だからこそ、飛蝗になるのですね。関空のトノサマバッタが、飛蝗になるほど追い詰められていないことを祈ります。


図鑑には、トノサマバッタが掲載されています。ぜひご利用下さい。

ico_weather_kumori.gif


 梅雨時の生き物といえば、カタツムリが有名ですね。アジサイの葉に載る姿など、親しまれています。殻があるおかげで、ナメクジよりも、ずっと優遇されますね。
 ところで、カタツムリの殻は、右巻きでしょうか、左巻きでしょうか? ここでは、殻を上から見て、時計回りに巻くのを右巻き、反時計回りに巻くのを左巻きとします。
 答えは、「両方ある」です。ただし、全体的に見れば、右巻きのほうが圧倒的に多いです。
 カタツムリは、たいへん種数が多い生き物です。日本だけでも、何百種も分布します。その多くが、右巻きの種です。左巻きの種は少数派です。日本には、ヒダリマキマイマイなどがいます。まれに、右巻きの個体と左巻きの個体とが、共存する種もいます。
 右巻きが圧倒的に多いのは、カタツムリだけではありません。巻貝の仲間は、全体的にそうです。海水や淡水に棲む巻貝も、同じなのですね。なぜ、こうなったのかは、わかっていません。生物学上の大きな謎です。
 右巻きが多いのは、そのほうが有利なことがあるからでしょう。では、少数の左巻きがいる理由は、何でしょうか? 左巻きのほうが、有利になる場合があるのでしょう。
 一つには、敵との関係があると考えられています。左巻きの貝は、敵に食べられることが少ないのです。巻きの向きが違うだけなのに、なぜ、そうなるのでしょうか?
 理由は、カタツムリを食べる敵の「口の構造」にあります。カタツムリの敵は、口の構造が特殊なことが多いです。この特殊さが、殻の巻きに関係しています。
 例えば、カタツムリ食のヘビ、イワサキセダカヘビがそうです。このヘビは、顎【あご】の形が左右で違います。右巻きの殻から、カタツムリの体を引き出しやすいようになっています。ほとんどのカタツムリが右巻きなので、こうなったのでしょう。カタツムリ食の昆虫マイマイカブリにも、似た顎の構造が見られます。
 最近の研究により、イワサキセダカヘビは、左巻きのカタツムリを敬遠することがわかりました。食べにくいからです。カタツムリにしてみれば、巻きの向きが違うために、命拾いするわけですね。少数派には、ちゃんと意味があるのでした。


 過去の記事でも、カタツムリに関連する生き物を取り上げています。また、生き物の「右巻き、左巻き」に関する記事もあります。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。

 藤(フジ)のつるは右巻き?左巻き?(2007/04/20)
 「三すくみ」は嘘だった? 蛇はナメクジも平気(2007/2/15)
 日本の陰の昆虫王者? マイマイカブリ(2006/8/5)
 などです。



図鑑には、ヒダリマキマイマイなどのカタツムリの仲間が掲載されています。ぜひご利用下さい。

ico_weather_hare.gif


カジノキEEDV0841.jpg
和名:カジノキ
学名:Broussonetia papyrifera (L.) L'Hér. ex Vent.
ブラシノキEEDV0762%20(2).jpg
ブラシノキEEDV0762%20(7).jpg
和名:ブラシノキ
学名:Callistemon speciosus

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿 【2007.05.24】



図鑑には、カジノキが掲載されています。ぜひご利用下さい。

ico_weather_hare.gif


バラ_ローゼンシュタット_EEDV0812%20(1).jpg
'ローゼンシュタット ツバイブリュッケン' 作出:1989年 ドイツ  コルデス

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

和名:バラ 園芸種 'ローゼンシュタット ツバイブリュッケン'
学名:Rosa hybrida hort 'Rosenstadt Zweibrucken'
東京 新宿 【2007.05.24】


ico_weather_ame.gif


 今年も、父の日がやってきますね。二〇〇七年は、六月十七日が父の日です。
 ヒトの世界では、父親は、重要ですね。多くの場合、父親がいないと、子育てが困難です。けれども、ヒト以外の生き物の世界では、事情が違います。
 父親が育児に関わる動物は、たいへん少ないです。父親どころか、母親さえ育児をしないものが、普通です。例えば、昆虫のチョウは、卵を産みっぱなしにしますよね。
 ところが、中に、両親がそろって育児をする昆虫がいます。どんな昆虫だと思いますか? なんと、ゴキブリの仲間です。ゴキブリ目オオゴキブリ科に属するグループです。
 オオゴキブリ科のゴキブリは、人家には棲みません。ヒトにはまったく無害です。人家の害虫のゴキブリと、一緒にしたら気の毒です。彼らは森林に棲みます。
 オオゴキブリは、朽木を食べます。すみかも朽木の中です。両親と子どもたちと一緒に、朽木に穴を掘って棲みます。「夫婦と子ども」という、人間の核家族と同じ状態で、暮らすわけですね。オオゴキブリの両親は、力を合わせて、子どもたちを保護します。森林には、ムカデなど、子どもたちの敵がたくさんいるからです。
 ヒト以外の生き物を、やたらに擬人化するのはいけません。でも、家族で助け合うオオゴキブリは、とても人間的に感じられます。微笑ましいですね。
 ゴキブリの中でも、オオゴキブリの仲間は、原始的なほうだと考えられています。彼らは確かにゴキブリ目ですが、シロアリ目との関係が深いようです。
 シロアリは、木を食べながら、木の中に棲みます。女王アリと王アリという「夫婦」が、一緒に暮らします。このあたり、オオゴキブリと同じですね。違うのは、シロアリの「家族」がものすごく大きくなることと、「夫婦」が直接育児をしないことです。
 オオゴキブリの「家族」が大きく発展すれば、シロアリの群れになるでしょう。オオゴキブリは、シロアリ進化の鍵を握ります。
 とはいえ、オオゴキブリは、シロアリのような害虫でもありません。「核家族」で、ひっそり暮らします。彼らが、家族で仲良く暮らせる森林を、残したいですね。

 過去の記事でも、「父親が育児をする生き物」を取り上げています。また、オオゴキブリ以外のゴキブリも取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 子育てに張り切るお父さん、タマシギ(2006/6/17)
 「ドイツのゴキブリ」とは、どんな虫?(2006/5/24)
 コオイムシの雄は子煩悩【こぼんのう】?(2006/5/5)
などです。この他、昆虫に関するコラム、Q&A、画像など盛りだくさんです。過去の記事は各カテゴリよりどうぞご覧ください。


図鑑には、オオゴキブリが掲載されています。ぜひご利用下さい。

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_ame.gif


マングース101_0127.jpg
マングース101_0128.jpg
マングース101_0130.jpg
和名:ジャワマングース
学名:Herpestes javanicus

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 豊見城 【2007.06.08】





 深海魚のメガマウスに続き、再び深海生物のニュースです。沖縄本島の近くの深海で、新種らしき生き物が発見されました。
 発見されたのは、クシクラゲと呼ばれる生き物です。クラゲと付いても、クシクラゲは、普通のクラゲとは違います。
 普通のクラゲ(アンドンクラゲ、カツオノエボシ、ミズクラゲなど)は、刺胞動物【しほうどうぶつ】というグループに属します。対して、クシクラゲは、有櫛動物【ゆうしつどうぶつ】というグループに属します。
 クシクラゲは、櫛板【しつばん】という、櫛【くし】に似た器官を持ちます。このために、有櫛動物=クシクラゲと呼ばれます。刺胞動物のクラゲには、櫛板がありません。
 普通のクラゲ(刺胞動物のクラゲ)とクシクラゲは、そっくりに見えますね。そのため、昔は、学者の間でも、同じグループだと思われていました。けれども、研究が進むにつれ、まったく違う生き物だとわかってきました。
 普通のクラゲとクシクラゲとは、ヒトと魚類以上に、類縁が遠いです。譬えて言えば、ヒトと昆虫くらい違うでしょう。専門的には、門【もん】という分類レベルで違います。
 今回、発見されたものと同じように、深海に棲むクシクラゲがいます。コトクラゲという種です。映像を見る限り、今回の「新種」とコトクラゲとは、全然似ていません。でも、同じ有櫛動物です。深海にいて、海底にくっついて生活するところも、同じです。コトクラゲも、相模湾【さがみわん】などの、日本の近海にいることが確認されています。
 偶然ですが、つい先日、神奈川県にある新江ノ島水族館が、コトクラゲの採集に成功しました。ちょうど、この六月に、鹿児島湾で、深海生物の調査をしていたのですね。その調査で、採集されました。
 深海生物の調査は、とても難しいです。それでも、少しずつ、いろいろなことが解明されています。現場の研究者の方々が、がんばってくれるおかげですね。日本では、海洋研究開発機構(JAMSTEC)という機関が、主に深海の調査を行なっています。

 過去の記事でも、クシクラゲ=有櫛動物【ゆうしつどうぶつ】を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 深海生物が好きな人、集まれ! 相模湾【さがみわん】の生物展覧会(2007/4/21)【生物展覧会 相模湾の生物 きのう・きょう・あすは『2007年6月17日』まで】

ico_weather_hare.gif


セイヨウミツバチ_ネズミモチノキEEDV0910%20(25).jpg
セイヨウミツバチ_ネズミモチノキEEDV0910%20(18).jpg
和名:セイヨウミツバチ
学名:Apis mellifera
和名:ネズミモチ
学名:Ligustrum japonicum Thunb.

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿 【2007.05.24】



図鑑には、セイヨウミツバチネズミモチが掲載されています。ぜひご利用下さい。

エリーナ

user-pic
0




バラ_エリーナEEDV0873%20(3).jpg
'エリーナ' 作出:1984年 北アイルランド ディクソン

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

和名:バラ 園芸種 'エリーナ'
学名:Rosa hybrida hort 'Elina'
東京 新宿 【2007.05.24】





 静岡県から、びっくりニュースが届きました。東伊豆町の沖の海に、メガマウスという巨大なサメが現われました。
 メガマウスは、たいへん珍しいサメです。これまで、世界で三十八例しか見つけられていません。今回が三十九例目です。日本では、十一例目だそうです。
 メガ(=大きい)マウス(=口)という名のとおり、とても大きい口のサメです。体自体も大きいです。今回見つかった個体は、体長4.5mもあったそうです。
 体や口が大きくても、メガマウスは、おとなしいサメです。大きな口を開けて、プランクトンを食べています。こんなに大きいのに、発見例が少ないのは、普段は深海にいるためらしいです。たまたま、浅いところに浮上した時に、目撃されるようです。
 東伊豆町のメガマウスは、定置網に入ったところを発見されました。連絡を受けて、静岡県の下田市にある下田海中水族館の人が、調査に行きました。
 メガマウスは、元気に網の中を泳いでいたそうです。これは非常に珍しいことです。ヒトに発見されるメガマウスは、たいてい弱った状態だからです。
 今回は、元気に泳ぐメガマウスの動画が撮影できました。このような映像が撮れたのは、なんと世界で二例目だそうです。この映像によって、メガマウスの謎が、少しでも解けたら、嬉しいですね。
 定置網のメガマウスは、標識を付けられて、放流されました。こんなに大きいサメを、飼育できる施設がないからです。
 正確に言えば、ないことはありません。けれども、生態のわからない巨大なサメを、長く飼うのは難しいことです。輸送も困難ですね。水族館の人は、「貴重なサメを、下手に死なせてしまうより、野生で暮らさせてあげるほうがいい」と判断したのでしょう。
 日本近海には、比較的、メガマウスが多いようです。初めてメガマウスの雌(メス)が見つかったのは、日本でした。今回のメガマウスも、雌です。放された「彼女」は、今も日本近海を、悠々と泳いでいるでしょうか。

過去の記事でも、サメの仲間を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
人食いザメより、サメ食い人のほうが多い?(2007/5/31)
定置網に『ウバザメ』!! 茨城県日立沖(2007/4/25)
ラブカはなぜ「生きている化石」か?(2007/1/27)
などです。




 スナメリというイルカを御存知ですか? ユーラシア大陸の沿岸の海に、広く分布するイルカです。おおむね、ペルシャ湾から東のインド洋や太平洋にいます。日本の沿岸でも、有明海、瀬戸内海、伊勢湾、東京湾などに棲んでいます。
 スナメリは、昔から、ヒトに身近なイルカでした。陸沿いの浅い海に棲むからです。伊勢湾や東京湾のような、人口密集地の近くにも生息しています。名古屋や東京のような大都市のそばに、野生のイルカが今もいるなんて、驚きですね。
 けれども、今、スナメリは、絶滅の危機にさらされています。沿岸の海は、人間の活動が活発だからです。人間がスナメリを追い詰めました。
 たとえば、沿岸の海には、たくさんの船が行き来しますね。これは、スナメリをおびえさせます。また、多くの海岸は、埋め立てがされています。これは、スナメリの生息域を奪います。あるいは、人間が陸で汚した水は、沿岸の海へ流れ込みます。汚い海では、スナメリは生きてゆけません。
 スナメリについて、先日、またもや悲しいニュースがありました。伊勢湾で、赤ちゃんのスナメリの死体が、続々と発見されているというのです。
 赤ちゃんの死因は、わかっていません。今年(二〇〇七年)、特に赤ちゃんの死が多いのかどうかさえ不明です。今までも死んでいたのに、気づかれなかっただけかも知れません。それほど、研究が進んでいないのですね。
 観察記録や、研究結果を積み重ねることが、スナメリを絶滅から遠ざけるでしょう。生態を知ることができれば、どのように保護すればいいのか、わかるからです。
 三重大学や、鳥羽水族館などで、伊勢湾のスナメリの研究が進められています。一般の人の情報でも、研究のためには貴重です。伊勢湾で、スナメリの死体や、弱っているらしいスナメリを見つけたら、前記の機関に連絡してあげて下さい。
 皆さんの情報が、スナメリを救うかも知れません。もどかしくても、小さな一歩一歩が、命を救う道なのだと思います。


 過去の記事でも、イルカの仲間を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 伊勢湾のスナメリのニュースは、以下のページにあります。
 「腹びれのあるイルカ」はどうなった?(2007/2/6)
 ヨウスコウカワイルカは絶滅したか?(2006/12/18)
 ハンドウイルカ、バンドウイルカ、どっちが本当?(2006/6/24)
などです。


ico_weather_hare.gif


 いやなニュースが多い中に、微笑ましいニュースが飛び込んできました。故郷から迷い出たヘビが、人の手で、故郷へ帰してもらったそうです。
 ニュースの主役になったのは、サキシマバイカダというヘビです。沖縄県の先島【さきしま】諸島にだけ分布します。このために、「サキシマ」バイカダという名が付きました。バイカダのほうは、「梅花蛇」と書きます。模様の美しさを、梅の花にたとえたようです。
 ことの始まりは、二〇〇七年の五月二十五日です。一頭のサキシマバイカダが、羽田空港で、空港職員に発見されました。貨物コンテナに紛れて、来てしまったのですね。那覇【なは】発、羽田行きの貨物コンテナでした。
 サキシマバイカダは、毒ヘビではありません。性質もおとなしいです。万が一、空港から逃げ出していたとしても、ヒトには無害だったでしょう。
 けれども、本来は、亜熱帯に棲むヘビです。日本本土の気候には、適応できません。衰弱する前に、発見されたのは幸いでした。とりあえず、上野動物園に引き取られました。
 上野動物園の人たちは、サキシマバイカダを、沖縄県に返したいと考えました。生き物は、本来の生息地で生きるのが、最も幸せだからです。人々の尽力により、ヘビは、故郷へ帰れることになりました。
 二〇〇七年六月八日、迷子のサキシマバイカダは、沖縄県に帰還しました。沖縄市にある、沖縄こどもの国に引き取られたそうです。珍しいヘビなので、多くの人に見てもらえるよう、飼育施設で暮らすことになりました。
 サキシマバイカダは、バイカダというヘビの亜種です。バイカダは、中国大陸や台湾にも分布します。でも、サキシマバイカダは、先島諸島の宮古島、石垣島、西表島にしか分布しません。世界中で、これらの島にしかいないのです。どんなに貴重なヘビか、わかりますね。個体数が少なすぎるために、生態も、まだわかっていません。
 ヘビにとっては、野生で暮らすのが一番でしょう。しかし、この機会に生態が解明されれば、ヘビの保護に役立つと思います。飼われたヘビは、元気で長生きして欲しいですね。

ico_weather_ame.gif


 梅雨の季節ですね。湿気で物が傷みやすいです。害虫の被害も出やすい季節です。
 人家の害虫として、甚大な被害をもたらすものに、シロアリがいますね。家そのものを、食べてしまいます。シロアリは、木を食べる昆虫です。
 シロアリの被害を防ぐには、早期発見が一番です。そうはいっても、普通の人には、シロアリと普通のアリの区別が、よくわからないでしょう。シロアリと普通のアリは、どうやって区別するのでしょうか?
 体色では、区別しにくいです。「白アリ」とはいうものの、白くないシロアリもいるからです。茶色いアリだからと安心していたら、シロアリだった、ということもあります。
 普通の人が、最も見分けやすいのは、体型でしょう。シロアリのほうが、アリよりもずん胴です。胸と腹の区別がないように見えます。体に「くびれ」がありません。丸っこい頭の後に、細長い腹部が付いている感じです。
 対して、普通のアリは、めりはりのある体型です。頭部・胸部・腹部と、三つの部分にはっきりと分かれています。頭と胸の間、および、胸と腹の間と、二ヵ所に「くびれ」があれば、それは普通のアリです。
 「羽アリが出たらシロアリを疑え」ともいわれますね。羽アリの体型も、翅【はね】のないシロアリとアリに同じです。羽アリの出現時期では、シロアリと普通のアリとは、区別できません。シロアリもアリも、種によって、羽アリの出る時期が違うからです。
 シロアリと普通のアリとは、混同されがちですね。けれども、決定的に違うところが、いくつもあります。例えば、シロアリの群れには、女王アリと王アリがいます。生殖を専門にする雌(メス)と雄(オス)がいるわけですね。ところが、普通のアリの群れには、王アリはいません。女王アリだけがいます。雌が、独りで産卵し続けます。
 他にも、シロアリと普通のアリには、違いが多いです。類縁が遠いからです。シロアリは、ゴキブリに近縁です。普通のアリは、ハチに近縁です。シロアリとアリとは、「他人の空似」なのですね。

 過去の記事で、シロアリに近縁なゴキブリ類を取り上げています。また、シロアリ以外の人家の害虫も取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 シミは本を食べる?(2006/10/27)
 「ドイツのゴキブリ」とは、どんな虫?(2006/5/24)
などです。この他、昆虫に関するコラム、Q&A、画像など盛りだくさんです。過去の記事は各カテゴリよりどうぞご覧ください。


図鑑には、ヤマトシロアリが掲載されています。ぜひご利用下さい。

スイレン

user-pic
0

ico_weather_ame.gif / ico_weather_hare.gif


スイレンIMG_0011%20(2).jpg
スイレンIMG_0011%20(7).jpg
和名:スイレンの一種 
学名:Nymphaea spp.

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿 【2007.05.24】



図鑑には、日本土着の『スイレン』であるヒツジグサハスが掲載されています。ぜひご利用下さい。

バレリーナ

user-pic
0

ico_weather_hare.gif / ico_weather_ame.gif


バラ_バレリーナEEDV0967%20(1).jpg
バラ_バレリーナEEDV0967%20(3).jpg
'バレリーナ' 作出:1937年 イギリス  ベントール

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

和名:バラ 園芸種 'バレリーナ'
学名:Rosa hybrida hort 'Ballerina'
東京 新宿 【2007.05.24】





 島根県美郷町で、黄色い体色をした『シュレーゲルアオガエル』が発見され、持ち込まれた島根県立三瓶自然館サヒメルで6月6日から一般に公開されています。とても珍しいですね。お近くの方は、島根県立三瓶自然館サヒメルへ行ってみてはいかがでしょうか。




図鑑には、シュレーゲルアオガエルが掲載されています。ぜひご利用下さい。

アルテッシモ

user-pic
0




バラ_アルティッシモEEDV0804%20(1).jpg
'アルテッシモ' 作出:1966年 フランス デルバール

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

和名:バラ 園芸種 'アルテッシモ'
学名:Rosa hybrida hort 'Altissimo'
東京 新宿 【2007.05.24】


ico_weather_hare.gif


 「生きている化石」というと、いかめしい感じがしますね。山奥や深海など、人里から遠い場所にいそうです。実際には、身近な場所にも、「生きている化石」がいます。
 カブトエビは、そんな「生きている化石」の仲間です。彼らの主なすみかは、水田です。
 カブトエビと、カブトガニは、名前が似ていますね。ややこしいことに、姿も似ています。けれども、両者は、全然違います。共に「生きている化石」なのは、偶然です。
 カブトエビは、普通のエビやカニと同じ甲殻類【こうかくるい】です。でも、エビやカニよりは、ミジンコに近いです。詳しく言えば、ホウネンエビという生き物と近縁です。ホウネンエビについても、以前、書きましたね(豊作の妖精ホウネンエビ(2006/5/15)下のリンク参照)
 対して、カブトガニは、甲殻類ではありません。エビやカニよりも、クモやサソリに近縁です。カブトエビと違い、水田などの淡水には棲みません。海に棲みます。
 カブトエビの生活は、ホウネンエビと似ています。水田などの淡水に、ある日、忽然と現われます。しばらく、水中で活動していたと思うと、また忽然といなくなります。卵を産んで、死に絶えるからです。寿命は、一ヶ月ほどしかありません。
 彼らの卵は、土中で、乾燥や寒さに耐えます。水に遭うと、一斉に孵化【ふか】します。このために、忽然と現われるのですね。
 彼らが「生きている化石」と呼ばれるのは、大昔から、形態が変わっていないからです。
約三億年も前の地層から、カブトエビの仲間の化石が見つかっています。恐竜が現われるよりも、前の時代です。その頃から、あまり変化していません。
 日本には、三種のカブトエビが分布します。アジアカブトエビ、アメリカカブトエビ、ヨーロッパカブトエビです。三種とも、日本土着ではありません。明治時代以降に、外国から入りました。いつ、どこから、どうやって来たのか、経緯は謎です。
 三種の原産地は、それぞれ別のところです。まったく別個に、日本に来たようです。どの種がどこに分布しているのか、正確にはわかっていません。もしかしたら、皆さんのお近くにも、「生きている化石」が、いるかも知れませんね。


 過去の記事で、カブトガニやホウネンエビについて取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 豊作の妖精ホウネンエビ(2006/5/15)
 生きている化石は背泳ぎ上手、カブトガニ(2005/11/23)
などです。この他、サソリなどについても取り上げています。無脊椎動物に関するコラム、Q&A、画像など盛りだくさんです。過去の記事は各カテゴリよりどうぞご覧ください。

図鑑には、カブトエビ(アメリカカブトエビ)が掲載されています。ぜひご利用下さい。

アジサイ

user-pic
0

アジサイEEDV0820.jpg
アジサイEEDV0846.jpg
アジサイEEDV0862.jpg
和名:アジサイ
学名:Hydrangea macrophylla Ser. Var. Otakusa Makino
※画像をクリックすると大きな画像が見られます。
東京 新宿 【2007.05.24】

図鑑には、ガクアジサイヤマアジサイなどのアジサイ数種が掲載されています。

アマサギ

user-pic
0

ico_weather_hare.gif


amasagiIMG_0014.jpg
和名:アマサギ 
学名:Bubulcus ibis

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 金武 【2007.05.03】



図鑑には、アマサギは掲載されています。ぜひご利用下さい。

Sunrise

user-pic
0

ico_weather_hare.gif


SunriseEEDV1299.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 金武 【2007.05.18】


ico_weather_hare.gif


バラ_ロージークッションEEDV0959%20(2).jpg

'ロージークッション' 作出:1979年 オランダ イルシンク

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

和名:バラ 園芸種 'ロージークッション'
学名:Rosa hybrida hort 'Rosy Cushion'
東京 新宿 【2007.05.24】


ico_weather_hare.gif


 最近の日本では、生き物に触れる機会が少なくなりました。けれども、地方によっては、生き物を利用した行事が残っています。今回は、そんな行事の一つを紹介しましょう。
 それは、クモ合戦と呼ばれる行事です。いわば、クモの決闘です。昔は、子どもの遊びや祭りの余興として、全国各地にあったようです。しかし、今、残っている地方は少ないです。鹿児島県、熊本県、長崎県、高知県など、九州と四国に多いですね。
 なかでも、鹿児島県加治木町【かじきちょう】で行なわれるものが、有名です。加治木町のクモ合戦は、立派な伝統行事です。ちゃんと裃【かみしも】を着た行司がいて、決まり手もあります。公式に定められた闘技場もあります。まるで、大相撲みたいですね。
 加治木町で使われるのは、コガネグモという種のクモです。日本の本州以南で、普通に見られる種です。なぜ、この種なのかはわかりません。
 参戦する「武者」は、すべて雌(メス)です。これは、多くのクモ合戦に共通します。雄(オス)のほうが勇ましそうなのに、なぜでしょう?
 じつは、クモの仲間は、ほぼ例外なく、雌のほうが大きいのです。時には、雌雄の差が大きすぎて、別種に見えることもあります。闘うなら、やはり、大きいほうが有利ですね。それで、「女の闘い」になったのでしょう。
 加治木町のクモ合戦は、毎年、六月の第三日曜日に行なわれます。この時期、野生のコガネグモは、まだ成体になっていません。子グモを闘わせるのでしょうか?
 そうではありません。加治木町の人たちは、合戦のために、春からクモを育てます。秘伝の餌を与える人もいるそうです。本番には、成体の「女武者」がそろいます。
 クモ合戦のおかげで、加治木町には、クモ嫌いの人がいないといいます。素晴らしいことですね。クモは、多くの害虫を食べてくれます。日本には、ヒトにとって危険な毒グモは、ほとんどいません。やたらにクモを嫌うのは、不合理なことです。
 合戦が終わった後、コガネグモは、野生に返されます。「良い子をたくさん産みますように」と、人々は願うそうです。こんな素敵な行事は、ずっと続いて欲しいですね。


 過去の記事でも、いろいろなクモを取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 ジョロウグモの理【ことわり】(2006/10/19)
 人家の頼もしい用心棒、アシダカグモ(2006/8/25)
などです。この他、無脊椎動物に関するコラム、Q&A、画像など盛りだくさんです。過去の記事は各カテゴリよりどうぞご覧ください。


図鑑には、コガネグモをはじめ、各種のクモが掲載されています。ぜひご利用下さい。

ico_weather_hare.gif


ハクセンシオマネキIMG_0192.jpg
ハクセンシオマネキIMG_0193.jpg
ハクセンシオマネキIMG_0194.jpg
和名:オキナワハクセンシオマネキ
学名:Uca lactea perplexa

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 東村 【2007.05.18】



図鑑には、オキナワハクセンシオマネキの仲間ハクセンシオマネキが掲載されています。ぜひご利用下さい。

モーツアルト

user-pic
0

ico_weather_hare.gif


バラ_ロージークッションEEDV0959%20(2).jpg
バラ_モーツアルトEEDV0892%20(5).jpg
'モーツアルト' 作出:1937年 ドイツ ランベルト

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

和名:バラ 園芸種 'モーツアルト'
学名:Rosa hybrida hort 'Mozart'
東京 新宿 【2007.05.24】





 山歩きをしている時、ヘビ(蛇)を見つけて、ぎょっとしたことがありませんか? 藪【やぶ】の中に、鎌首【かまくび】をもたげたヘビを、目撃することがあります。
 もしかしたら、それは、ヘビではないかも知れません。日本には、どういうわけか、ヘビに似た植物もあります。その名も、マムシグサという種です。
 マムシグサの花は、花らしく見えません。細長くて、縞【しま】模様があります。ヘビが鎌首をもたげたように、茎の途中からぬっと出ます。
 花の色も、あまり花らしくありません。紫や緑をしています。花色は、地域によって違います。マムシグサは、地域変異がとても多いのです。おかげで、分類がややこしいことになっています。学界でも、分類が混乱している植物です。
 研究者によっては、マムシグサという種の中に、いくつかの亜種があるといいます。ムラサキマムシグサ、カントウマムシグサ、オオマムシグサ、コウライテンナンショウなどです。これらは、亜種でなくて、別種だという意見もあります。別種どころか、マムシグサは、亜種に分ける必要もない、という研究者もいます。
 こんな変わった花でも、昆虫がやってきます。花は、花粉の運び手を、呼んでいるのですね。どんな昆虫が来るかといえば、なんと、ハエの仲間です。模様なのか、匂いなのか、マムシグサの花には、ハエを惹きつける「何か」があります。
 他にも、マムシグサには、変わった特徴があります。性転換をすることです。
 植物の中には、雄(オス)株と雌(メス)株が、別々の種がありますね。マムシグサもそうです。不思議なのは、同じ一つの株が、雄になったり雌になったりすることです。
 マムシグサの場合、小さな株は雄です。栄養状態が良くて、大きくなると、雌になります。栄養状態が悪化して、株が小さくなると、雄に戻ることがあります。
 いろいろな点で、マムシグサは変わりものですね。これらの性質は、厳しい自然で生き抜くうちに、身についたのでしょう。植物なりの生活の知恵、といえますね。


 過去の記事で、マムシグサと同じサトイモ科(といわれる)植物を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 ハンゲとハンゲショウの関係(2006/7/1)
 端午の節句に欠かせない菖蒲(ショウブ)(2006/4/21)
などです。この他、植物に関するコラム、Q&A、画像など盛りだくさんです。過去の記事は各カテゴリよりどうぞご覧ください。


図鑑には、マムシグサと、近縁なヒガンマムシグサが掲載されています。ぜひご利用下さい。

サギ類

user-pic
0

ico_weather_hare.gif

サギIMG_0075.jpg
アオサギIMG_0063.jpg
チュウサギIMG_0026%20(1).jpg
チュウサギIMG_0020%20(2).jpg
和名:アオサギ 【2枚目】
学名:Ardea cinerea
和名:チュウサギ 【3,4枚目】
学名:Egretta intermedia

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 金武 【2007.05.18】

図鑑には、アオサギダイサギなどサギ類、8種が掲載されています。

このアーカイブについて

このページには、2007年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年5月です。

次のアーカイブは2007年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。