虚々実々の駆け引き、ガ(蛾)対コウモリ

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif


夏の夜、街灯などに、ガが集まっていますね。なぜ、ガは夜に飛ぶのでしょうか? 
理由は、いくつかあると考えられています。有力な理由の一つが、「敵を避けるため」です。昼間は、昆虫を好んで食べる鳥が、活動しますね。それを避けるわけです。
ところが、夜にも、手ごわい敵が現われました。コウモリです。コウモリは、鳥と違って、暗闇でも飛べます。目ではなく、耳で周囲の様子を知るからです。これは、以前、ここのブログで紹介しましたね。(不細工なんて言わないで、キクガシラコウモリ)
コウモリには、昆虫食の種が多いです。しかも、彼らは、鳥以上に飛び方が巧みです。こんな敵に狙われたのでは、たまったものではありませんね。
そこで、ガは、対抗手段を発達させました。彼らは、コウモリの性質を、逆手に取りました。コウモリが、超音波を出す性質です。
多くのガが、コウモリの超音波を探知できます。探知すると、ガは逃げてゆきます。
逃げ切れなさそうな場合、ガは、羽ばたきをやめます。当然、急激に高度が落ちます。そのまま、地面に落ちることもあります。でも、死んだふりとは違います。
コウモリは、超音波で、ガの位置をとらえます。「ここにいる」と思って、飛んできます。その時、急にガが落ちたら、どうでしょう? コウモリが、ガを見失う可能性が高いですね。予測を外れた動きだからです。巧みなやり方ですね。
さて、今度は、このようなガの性質を利用する生き物が現われました。ヒトです。
ガの仲間には、農作物を食い荒らすものが、多くいます。害虫撃退のため、その性質を利用しようとしたのですね。実験で、コウモリの超音波と近い音波を作り、農地に流してみたそうです。みごと、ガの害を減らすことができました。
この「ガ撃退法」は、とても良い方法ですね。環境にも、人手にも、負荷が少ないからです。農薬や防虫網は、環境や人手への負荷が多いです。
けれども、この方法は、まだ完成していません。完成させるには、ガとコウモリに、たくさん学ばなければなりません。ヒトは、まだまだ、自然に学ぶことがありますね。


過去の記事でも、ガや、その天敵のコウモリを取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。

不細工なんて言わないで、キクガシラコウモリ(菊頭蝙蝠)(2007/06/25)
人間の役に立つコウモリ(2006/8/18)
ホシホウジャク【画像】(2006/12/16)
ミノムシは鳴く?(2006/11/15)
ハチに擬態?【オオスカシバ画像】(2006/8/2)
などです。



図鑑には、モモノゴマダラノメイガニカメイガなど、十種を越えるガが掲載されています。ぜひご利用下さい。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4568

 日本人は、昔から、昆虫の鳴き声を、鑑賞してきました。特に、コオロギの声は、... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2007年7月13日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シマコ【ノネコ】」です。

次のブログ記事は「コチドリ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。