ネットで、知りたいことを上手に知るには? その1

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif

 もうじき夏休みですね。最近は、宿題をネットで調べるという人が多いようです。学校の宿題でなくても、ネットで調べものをする人は多いですね。
 「掲示板やメールで、わからないことを訊ねる」のは、よくあるやり方です。同じ訊ねるのでも、ほんの少し、やり方を工夫するだけで、とても便利になります。遠回りに見えるやり方のほうが、じつは効率がいいのですね。そのやり方を、紹介しましょう。
 まず、「思いついた時点で、すぐに掲示板に書きこんだり、メールを送ったりしないこと」です。いきなり他人に訊くのではなく、自分で、ある程度は調べましょう。
 今や、ネットには、膨大な情報があります。普通の人が思いつきそうな疑問は、たいてい、どこかで誰かが答えを書いています。それを探しましょう。
 「そんなの面倒じゃないか。訊いたほうが早い」と思いますか? そのとおりですね。けれども、ちょっと待って下さい。訊かれるほうの立場になって、考えてみましょう。
 知識を持つ人は、他人から質問されることが多いです。それも、同じ質問を、何回もされることが多いです。普通の人が疑問に思うのは、たいがい、同じことですから。
 何回も同じ質問をされたら、皆さんはどう感じますか? うんざりしますよね。答えを知っていても、答える気力をなくすでしょう。
 ですから、いきなり質問をするのは、効率が悪いやり方です。答えてもらえない可能性が、高いからです。まずは、自分で調べてからのほうが、早くわかります。
 訊きたい分野の掲示板やブログを見つけたら、日付をさかのぼって読んでみましょう。前の書きこみに、答えがある可能性が高いです。知りたいことに関する言葉を、サイト内で検索してみるのも良いですね。ここのブログのように、「サイト内検索コーナー」が付いているところもあります。せっかくの機能は、使わなければ損ですね。
 サイトによっては、「FAQ」や「よくある質問」のコーナーがあります。「FAQ」とは、「よくある質問・回答集」のことです。こういうところは、ぜひ読んでみましょう。
 それでもわからなければ、質問ですね。次に、質問のやり方を紹介します。
この記事は、
ネットで、知りたいことを上手に知るには? その2 に続きます。「その2」も、ぜひお読み下さい。


図鑑には、動物・植物約1,800種が掲載されています。ずかんどっとねっと-zukan mobileを、ぜひご利用下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4573

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2007年7月18日 08:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「楽しい夏休み企画、大昆虫帝国」です。

次のブログ記事は「アブラゼミの羽化直後の観察」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。