キュウリは、なぜ「胡瓜」と書く?

user-pic
0

ico_weather_hare.gif


 キュウリは、夏に美味しい野菜ですね。漬物に、サラダに、お寿司の河童【かっぱ】巻きに、と大活躍です。日本の料理に欠かせませんね。
 ところが、キュウリは、日本土着の野菜ではありません。古い時代に、大陸から導入されました。だから、漢字で「胡瓜」と書きます。「胡」とは、「異民族」という意味を持つ漢字です。「異民族から導入された瓜【うり】」という意味でしょう。
 日本にキュウリが入ったのは、奈良時代と考えられています。平城京の跡地から、キュウリらしき種子が発見されています。昔から、日本人は、今のようにキュウリを食べていたのでしょうか? どうやら、そうではありません。
 今、普通に食べているキュウリは、未熟な果実です。農家の方は御存知でしょう。江戸時代の中期くらいまでは、未熟果ではなく、完熟した果実を食べていたようです。
 キュウリの完熟果は、未熟果とは違って見えます。とても太く、大きいです。色も黄色くなります。ものによっては、メロンのような網【あみ】模様が出ます。メロンも瓜の仲間(ウリ科)ですから、似ているのですね。
 世界的には、今でも、完熟キュウリを食べる地方が多くあります。日本人は、なぜ、未熟なキュウリを食べるようになったのでしょう? この理由は不明です。
 キュウリの生まれ故郷は、どこでしょうか? ヒマラヤ山麓と推測されています。国で言えば、ネパールですね。そこから、ミャンマーやタイを経由して、中国の雲南省に入ったようです。雲南省から先は、どのようにして日本まで来たのか、わかっていません。
 ヒマラヤには、キュウリにとても近縁な種があります。ラテン語の学名を、Cucumis hardwickii【ククミス・ハルドウィッキイ】という種です。日本語名は付いていません。この種は、栽培種のキュウリと交配して、種子を作ることができます。
 ただし、この種は、「キュウリの野生種」ではありません。近縁ではあるものの、キュウリの直接の祖先ではないようです。本当のキュウリの祖先は、まだ謎です。
 身近なキュウリが、こんなに謎だらけなんて、びっくりですね。


 過去の記事でも、いろいろな野菜を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 日本のダイコン(大根)は世界一(2007/1/15)
 菜の花(ナノハナ)は何の花?(2006/4/7)
 青いパパイヤ(2006/3/11)
 節分に豆(ダイズ)をまくのはなぜ?(2006/1/23)
などです。



図鑑には、キュウリが掲載されています。ぜひご利用下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4616

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2007年8月17日 08:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オキナワチョウトンボ」です。

次のブログ記事は「クマバチ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。