オオルリは瑠璃色【るりいろ】じゃない?

user-pic
0

ico_weather_hare.gif


 鳥の仲間には、姿や鳴き声が美しいものが多いですね。面白いことに、姿が美しい鳥は、鳴き声がきれいでないことが多いです。逆に、鳴き声が美しい鳥は、姿が地味なことが多いです。けれども、なかには、「天に二物を与えられている」ものもいます。
 日本の野鳥では、オオルリが、そんな一種です。日本では、春に来て、秋に去る夏鳥です。名のとおり、オオルリの雄(オス)は、みごとな瑠璃色をしています。さえずる声も美しいです。ウグイス、コマドリと並んで、日本三鳴鳥の一種とされます。
 オオルリの雌(メス)は、雄とはまったく姿が違います。オリーブ色といっていい、地味な体色です。
 鳥では、このように、雄と雌の色が違うことが、よくありますね。さえずるのも、大概は雄だけです。こういった差は、雄が雌に求愛するために生まれたと考えられています。姿や鳴き声が美しい雄は、雌にモテやすいのですね。「ぼくは健康だよ」と、雌にアピールしやすいからでしょう。
 どういうわけか、オオルリの場合は、雌もさえずります。この理由は、わかっていません。雌雄で、姿がこれだけ違うのに、さえずりは同じなんて、不思議ですね。
 オオルリの雄は、誰がどう見ても、瑠璃色でしょう。ところが、オオルリの羽には、青い色素がありません。なら、どうしてオオルリの雄は、青く輝くのでしょうか?
 オオルリが青く見えるのは、構造色という仕組みのためです。オオルリの羽は、とても細かく、複雑な構造をしています。電子顕微鏡で見ないと、わからないほど微細なものです。この構造により、青い光だけが散乱して、ヒトの目に見えます。
 他にも、構造色を持つ鳥がいます。カワセミや、ルリビタキがそうです。カワセミやルリビタキの瑠璃色も、色素の色ではありません。光の散乱による、幻の色です。
 幻の色であっても、オオルリは美しいですね。古来、その姿と声を、人に愛でられてきました。それは良いことですが、そのために、密猟されることがあります。野鳥が一番美しいのは、籠【かご】の中ではなく、野にいる時でしょう。


 過去の記事で、オオルリと並ぶ三鳴鳥の一種、ウグイスを取り上げています。また、オオルリと同じく雄が美しいキジなども取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 キジのお父さんも楽じゃない?(2007/4/16)
 梅にウグイス? いえメジロです(2007/3/12)
などです。



図鑑には、オオルリや、コラムに出てきたカワセミルリビタキウグイスコマドリが掲載されています。ぜひご利用下さい。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4599

 日本の多くのバードウォッチャーが、「ひと目見たい」と、憧【あこが】れる鳥が... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2007年8月 3日 06:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Sunset」です。

次のブログ記事は「オオスカシバ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。