ハチクマはスズメバチの天敵?

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif


 秋になると、スズメバチの被害にあったというニュースが出ますね。スズメバチは、ヒトをも恐れさせる昆虫です。天敵はいないのでしょうか?
 スズメバチも、無敵ではありません。例えば、クマ(熊)は、ハチ(蜂)を襲いますね。他に、意外なところにも、敵がいます。なんと、鳥の一種です。
 ハチクマという、タカ(鷹)の一種がいます。タカは、他の動物を襲って食べる猛禽【もうきん】ですね。小鳥や、ネズミなどの小動物が、よく襲われます。
 ところが、ハチクマが食べるのは、ハチの仲間がほとんどです。強力なスズメバチでさえ、襲います。刺されないのでしょうか? もちろん、防御の仕組みがあります。彼らの顔には、堅い羽毛がしっかり生えています。おかげで、ハチに刺されません。
 ハチクマは、日本では夏鳥です。初夏に日本にやってきて、秋に去ります。ちょうど、ハチの多い季節に、日本にいるのですね。冬は、南の国で過ごします。熱帯の国には、一年中、ハチがいるからでしょう。
 ハチクマの繁殖期は、他のタカ類よりも遅いです。地域によりますが、子育ての最盛期は、七月頃のようです。これは、ハチが多い季節に合わせているといわれます。ハチクマの雛【ひな】も、ハチを食べるのですね。雛は、蜜【みつ】がたっぷりのハチの巣や、ハチの幼虫を与えられて、すくすく育ちます。
 ハチクマは、ハチを食べることに、特化しています。ハチクマという名も、そこから来ました。「ハチを食べるクマタカ」という意味です。姿がクマタカに似ているからです。
 ハチ以外のものも、多少、ハチクマは食べます。しかし、ハチへの依存度は圧倒的です。なぜ、ここまで、ハチに依存するようになったのでしょうか? この理由は、不明です。
 鳥にとって、昆虫は、一般的な食べ物です。ハチを食べること自体は、不思議ではありません。ハチクマの場合は、猛禽なのに、ハチばかり食べることが不思議です。
 このように、特定の食べ物にこだわるのは、絶滅しやすい生き物です。食べ物がなくなりやすいからです。ハチクマの飛翔が、いつまでも見られるようにしたいですね。


 過去の記事でも、ハチクマと同じ猛禽【もうきん】を取り上げています。また、ハチクマの餌になるスズメバチなども取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 トンビは猛禽【もうきん】か?(2006/11/17)
 アシナガバチは紙の工芸家?(2006/9/22)
 スズメバチは喧嘩に強い、でも寒さに弱い(2005/10/24)
などです。
 


図鑑には、ハチクマが掲載されています。ぜひご利用下さい。

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4658

 御苑では、秋のバラが咲き始めました。各地の公園やお庭でも咲き始めているのでは... 続きを読む

 日本の多くのバードウォッチャーが、「ひと目見たい」と、憧【あこが】れる鳥が... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2007年9月24日 07:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヒガンバナ(白色)」です。

次のブログ記事は「スイレンと他生物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。