海中のオブジェ? パイプウニ

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif


 小笠原諸島や、南西諸島には、珍しい生き物が多いですね。陸以上に、海の中が、生き物の宝庫です。中には、とても生き物とは思えないものもいます。
 パイプウニは、そんな生き物の一種です。名のとおり、ウニの仲間です。棘がパイプのように太いため、こんな名が付きました。生きている時には、丸い球に、ペンをたくさん刺したように見えます。前衛芸術のオブジェみたいです。
 英語では、パイプウニを、pencil urchinと呼ぶようです。「鉛筆ウニ」という意味ですね。どこの国の人が見ても、この姿が印象的なのでしょう。
 ウニの棘は、身を守るためにあります。こんな棘では、武器にならなさそうですね? しかも、動きにくそうです。なぜ、パイプウニは、こんな棘になったのでしょう?
 この理由は、わかっていません。「パイプ棘」でも、武器にならないことはないようです。他のウニと同じく、ちゃんと海底を這って動きます。でなければ、とっくに滅びているはずですね。多くのウニと同様、彼らは夜行性です。昼は、岩陰などに隠れています。
 一説では、パイプウニは、有毒だといいます。棘に毒があり、例えばヒトが触ると、かぶれることがあるそうです。棘が鋭くない分、毒で補っているのかも知れません。
 パイプウニの毒については、よくわかっていません。「毒はない」という説もあります。念のため、生きている個体には、素手で触らないほうがいいでしょう。
 パイプウニのように、太い棘を持つウニは、他にもいます。ノコギリウニ、マツカサウニ、バクダンウニなどです。多くが、南方系の種です。サンゴ礁の海では、太い棘に、何か利点があるのでしょうか? これも、謎の一つです。
 パイプウニには、ミツカドパイプウニという近縁種がいます。姿は、パイプウニとそっくりです。棘の横断面が、三角形になっていることで、区別できるそうです。でも、野外で区別するのは、難しいですね。
 ミツカドパイプウニは、日本近海では、小笠原にしかいないようです。貴重な種ですね。このような種がいることが、小笠原が「東洋のガラパゴス」である証拠でしょう。


 過去の記事でも、ウニの仲間を取り上げています。また、小笠原にいる生き物も取り上げています、よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 ヤシ? いいえシダの木です。マルハチ(2007/11/02)
 棘だけでは足りない? ウニの防御作戦(2007/8/11)
 アオウミガメは、どこが青いか?(2007/5/11)  
 雌(メス)しかいないトカゲがいる?(2007/3/6) 
 ザトウクジラはホエールウォッチングの人気者(2006/3/13) 


図鑑には、パイプウニは掲載されています。その他にも、バフンウニムラサキウニラッパウニなどのウニが載っています。ぜひご利用下さい。

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4727

 生き物の中には、奇妙な名前を持つものがいます。私の感覚では、海の生き物に、多... 続きを読む

 南硫黄島という島を、御存知ですか? 大部分の方は、聞いたこともないでしょう。日... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2007年11月16日 07:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シーラカンスの新種?発見」です。

次のブログ記事は「マロン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。