シラウオ、シロウオ、どちらが本当?

user-pic
0

ico_weather_hare.gif


 寒さの中にも、春の便りが聞かれますね。春が旬【しゅん】の食べ物も、出回ってきました。春の味覚といえば、皆さんは、何を思い浮かべるでしょうか?
 シラウオ(白魚)は、春の味覚として、有名なものの一つですね。以前は、サケ目シラウオ科に属する魚とされていました。現在は、キュウリウオ目シラウオ科とされることが多いです。サケ目の多くの種が、新設のキュウリウオ目へと、移されました。
 生き物の分類が変わることは、よくあります。学問は、常に、進歩しているからです。
 生きているシラウオは、透明です。ガラス細工のような美しさです。白魚という名は、死んだ時の色から、付けられました。死ぬと、透明感が消え、白い体色になります。
 シラウオは、川の下流域、汽水【きすい】湖、沿岸の海などで、漁獲されます。汽水域(淡水と海水が混じるところ)が、彼らのすみかのようです。「ようです」というのは、彼らの生態が、はっきりわかっていないからです。
 以前、シラウオは、産卵のため、川をさかのぼるといわれました。けれども、それが本当かどうか、今は疑問が持たれています。
 シラウオは、徳川家康の好物だったと伝えられます。そんなに昔から食べられているのに、基本的な生態が、わかっていないのですね。生き物の生態を知るのは、難しいことです。水中の生物は、特に難しいのですね。直接の観察が、しにくいからです。
 ややこしいことに、シラウオには、とても似た別種の魚がいます。その名も、シロウオ(素魚)といいます。名前だけでなく、外見もそっくりです。生きている時は透明で、ガラス細工のようです。やはり食用になります。旬が春なのも、シラウオと同じです。おまけに、川の下流域や、沿岸の海に棲むことまで、同じです。
 ここまで似れば、当然、混同されますね。昔から、両種は混同されてきました。地方により、シラウオをシロウオと呼んだり、シロウオをシラウオと呼んだりします。
 しかし、シロウオは、シラウオとは縁が遠いです。スズキ目ハゼ科に属します。ハゼの一種なのですね。「他人の空似」も、ここまで来れば、感心してしまいます。


 過去の記事でも、キュウリウオ目(サケ目)や、スズキ目ハゼ科の魚を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 ミナミトビハゼ(2007/09/06)
 ミナミトビハゼ(2007/05/27)
 日本を代表する美魚、アユ(2006/06/09)
などです。



図鑑には、残念ながら、シロウオ(素魚)は載っていませんが、シラウオ(白魚)が掲載されています。ぜひご利用下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4849

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2008年2月29日 06:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シマキンパラ」です。

次のブログ記事は「2008カエル年【amphibian ark 2008/YEAR OF THE FROG】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。