謎の円盤UFO? いえ、カメノコハムシです

user-pic
0

ico_weather_hare.gif


 植物の葉の上などで、奇妙な虫を見たことがありませんか? 
 何しろ、形が奇妙です。平たい円盤型をしています。頭も脚も、ないように見えます。色は、緑、茶、灰色などと、さまざまです。一部が、半透明であることもあります。大きさは、1cmに満たないほどしかありません。
 初めて見た人は、みな驚くようです。「いったい何の仲間なのか、想像すらできない」という人が多いですね。じつは、これは、昆虫です。
 そう言われても、この「円盤」は、昆虫とは思いにくいですね。昆虫らしい特徴が、見えません。頭や脚は、どこにあるのでしょう?
 引っくり返せば、わかります。体の裏には、ちゃんと、六本の脚があります。頭は見えにくいですが、よく見れば、あります。頭には、触角が付いています。
 これは、ハムシの仲間です。甲虫目【こうちゅうもく】ハムシ科に属する昆虫です。広い意味で、コガネムシの仲間になります。体の硬い甲虫の類ですね。
 ハムシとは、「葉虫」という意味です。ハムシ科の昆虫は、ほとんどが植物食です。幼虫も成虫も、植物を食べます。そのため、ほぼ常に、植物の上にいます。
 ハムシ類は、害虫として、嫌われることが多いですね。農作物を食い荒らすからです。
 ハムシの仲間が、すべて「円盤型」なのではありません。多くのハムシの成虫は、コガネムシを小さくしたような姿です。一部に、「円盤型」のハムシがいます。ハムシ科の中の、カメノコハムシ亜科に属するものが、そうです。カメノコハムシ、ジンガサハムシ、アオカメノコハムシなどの種がいます。
 カメノコハムシの仲間は、なぜ、こんな形になったのでしょう?「体の輪郭をぼかすため」という説があります。この説は、一部の種では、納得できます。例えば、緑色のアオカメノコハムシです。背景の植物に紛れるため、敵に見つかりにくいです。
 けれども、ジンガサハムシなどは、かなり目立つ色をしています。隠れているようには見えません。きっと、私たちには、まだわからない理由があるのでしょう。


 過去の記事でも、甲虫の仲間を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 カツオブシムシは文化財の敵?(2007/10/19)
 トラフカミキリは、スズメバチのそっくりさん(2007/09/21)
 変態しすぎる昆虫? ツチハンミョウ(2007/03/26)
などです。



図鑑には、アオカメノコハムシイチモンジカメノコハムシカメノコハムシヒメカメノコハムシが掲載されています。ぜひご利用下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4861

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2008年3月10日 07:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネコ 【御苑の福猫】」です。

次のブログ記事は「桃色の梅【ウメ画像】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。