揚子江【ようすこう】に、イルカはいるか?

user-pic
0



 2006年に、ヨウスコウカワイルカの絶滅宣言が出たのを、覚えていますか? ところが、その後、「ヨウスコウカワイルカが、再発見された」ニュースが流れました。
 この再発見は、確認されていません。つまり、「ヨウスコウカワイルカが、まだ、生息しているかどうかは、わからない」状態です。
 けれども、今でも、「揚子江に棲むイルカ」のニュースが、流れることがあります。これらのニュースは、何かの間違いなのでしょうか?
 すべてが間違い、というわけでは、ありません。じつは、中国の淡水域には、ヨウスコウカワイルカ以外のイルカも、分布するのです。
 そのイルカとは、スナメリという種です。普通は、海に棲む種です。日本の近海にも、分布します。例外的に、中国の長江【ちょうこう】にも、分布します。揚子江というのは、長江の別名です。主に、長江の下流域を指します。
 長江のスナメリが、「長江淡水イルカ」・「揚子江カワイルカ」などと、呼ばれることがあります。紛らわしいですね。以下に、見分け方を書いておきましょう。
 日本では、「生物の正式な日本語名は、カタカナで書く」と決まっています。カタカナで「ヨウスコウカワイルカ」とあれば、本物のヨウスコウカワイルカの可能性が高いです。
 ニュース記事に、写真があれば、写真を見ましょう。本物のヨウスコウカワイルカは、口が細長く、尖ります。スナメリは、口が尖りません。また、背びれの有無でも、二種のイルカを、見分けられます。スナメリならば、背びれがありません。
 しかし、さらに、ややこしいことがあります。中国の南部では、河口に、別の種のイルカが、現われることがあります。シナウスイロイルカという種です。
 シナウスイロイルカは、南方系の種です。長江には、まず、来ません。「中国で、長江以外の河のイルカ」ならば、この種の可能性が高いです。本来は、海に棲む種です。外見は、ヨウスコウカワイルカに似て、口が尖ります。背びれも、あります。
 三種のイルカは、どれも、貴重な種です。彼らの安泰を、願っています。

図鑑には、残念ながら、ヨウスコウカワイルカは載っていません。そのかわり、日本付近に分布するイルカ、カマイルカハンドウイルカなどが数種掲載されています。ぜひご利用下さい。

 過去の記事でも、ヨウスコウカワイルカや、スナメリなどのイルカを、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 イルカは淡水で暮らせない?(2007/09/05)
 伊勢湾のスナメリが危機に?(2007/06/12)
 ヨウスコウカワイルカは絶滅したか?(2006/12/18)などです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/4995

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2008年6月24日 17:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子育て中(カイツブリ)」です。

次のブログ記事は「モンシロチョウ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。