2008年7月アーカイブ

クロサギ

user-pic
0

ico_weather_hare.gif
 
 クロサギ 画像
和名:クロサギ
学名:Egretta sacra
kurosagi_MG_0041.jpg

kurosagi_MG_0043.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 真栄田岬  【2008.07.11]】

 ツマグロヒョウモン オス ツマグロヒョウモン 画像
和名:ツマグロヒョウモン
学名:Argyreus hyperbius
tumaguroEEDV0790%20(4).jpg

tumagutoEEDV0790.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 浦添市  【2008.07.12】

ico_weather_hare.gif

 2008年は、生物に関する、さまざまなイベントの年です。国際サンゴ礁年であり、国際カエル年です。もう一つ、「国際イモ年」でもあります。
 国際イモ年なんて、冗談みたいですね。でも、本当です。英語では、International Year of Potatoといいます。略称IYPです。直訳すれば、国際ジャガイモ年という意味ですね。
 なぜ、国際(ジャガ)イモ年というイベントが、開かれるのでしょうか?
 ジャガイモが、たいへん重要な農作物だからです。世界では、ジャガイモを主食にしている地域が、少なくありません。日本にとっての、イネ(稲)と同じ役割ですね。
 ジャガイモの原産地は、南米のアンデス山脈です。国で言えば、ペルーなどで、栽培化が進みました。インカ帝国を支えた農作物の一つが、ジャガイモです。
 十六世紀、ジャガイモは、ヨーロッパに入りました。そこで、ジャガイモは、大勢の人々を救いました。ヨーロッパの食生活を、劇的に改善したのです。
 ジャガイモは、狭い土地でも、痩せた土地でも、多量に収穫できます。厳しい気候にも、めげません。炭水化物やビタミンCを、たっぷり含みます。これらの性質が、世界各国の人々を、飢えから救いました。今や、ジャガイモは、世界中で、作られています。
 ジャガイモに限らず、イモ(芋)類には、だいたい似た性質があります。狭い土地や、肥えていない土地でも、収穫ができます。炭水化物が豊富です。土地に恵まれない人や、農業技術が未発達な人でも、食べ物を確保することができます。
 つまり、イモ類は、貧しかったり、無力だったりする人の味方ですね。発展途上国で、食べ物がなく、困っている人々を、救うことができます。
 イモ類は、どの種も、似て見えますね。けれども、分類学的には、多様です。例えば、ジャガイモは、ナス科ナス属に属します。サツマイモは、ヒルガオ科サツマイモ属です。サトイモは、サトイモ科サトイモ属です。ヤマノイモは、ヤマノイモ科ヤマノイモ属です。
 日本で、IYPを、あえて「国際イモ年」としたのは、意味があります。「ジャガイモだけでなく、多種のイモが、うまく利用されるように」という思いが、込められています。

 国際イモ年については、以下に、公式サイトがあります。
IYP【国際イモ年】について 


図鑑にはジャガイモサツマイモサトイモヤマノイモが掲載されています。ぜひご利用ください。


 過去の記事でも、イモ類や、イモ類に近縁な種を取り上げています。また、国際サンゴ礁年や、国際カエル年に関する記事もあります。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
昔は主食だった? サトイモ(2008/06/27)
2008カエル年【amphibian ark 2008/YEAR OF THE FROG】(2008/02/29)
ルリイロツルナスビ(2006/10/20) ※ジャガイモと同じナス科の植物画像
ハンゲとハンゲショウの関係(2006/07/01)※ハンゲ(カラスビシャク)はサトイモ科
などです。

Sunset

user-pic
0

ico_weather_hare.gif

  Sunset 画像
sunrise_MG_0203.jpg

sunrise_MG_0207.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 読谷村  【2008.07.11】

 夏休み、全開ですね。各地で、生き物関係の催しが、開かれています。そのような催しの一つに、行ってまいりました。「大アマゾン展」です。
 展示されているのは、南米のアマゾン河に棲む魚たちです。ナマズ(鯰)の仲間が多いですね。「日本初公開」という種も、何種も展示されています。
 同じナマズでも、種ごとに、姿が違います。鎧【よろい】のようにいかつい鱗【うろこ】の種が、何種かいました。スマートで縞模様が美しい種や、銀色に輝く種もいました。
 すべてのナマズに共通なのは、ひげがあることです。大型のナマズは、ひげも長いです。どんなに長いひげでも、器用に動かすことができます。
 ナマズ以外の魚も、展示されています。ヨツメウオ、ピラニア、デンキウナギ(電気鰻)、アロワナ、淡水カレイ、淡水エイなどです。どれも、日本の川にはいない種です。
 ヨツメウオ(四つ眼魚)は、実際には、二つの眼しか持ちません。ですが、一つの眼を、二つの眼のように使います。眼の上半分を水上に出して、空中を視ます。同時に、眼の下半分で、水中を視ます。「二つの眼を四つ分使うから、ヨツメウオ」というわけです。
 ピラニアは、顎が発達して、獰猛【どうもう】そうに見えます。でも、ヒトを襲うことは、まず、ありません。獰猛な印象は、誇張されたものです。
 デンキウナギの展示個体は、とても大型でした。胴回りが太くて、迫力があります。日本で見られるデンキウナギとしては、最大級ではないでしょうか。
 アロワナは、ピラルクと同じ水槽に入っていました。どちらの種も、鱗の一枚一枚が大きいです。独特の色合いがあります。アロワナは、プラチナ色にきらめいていました。
 カレイやエイは、普通、海にしか棲めません。それが、アマゾンでは、淡水にいます。なぜそうなったのかは、わかっていません。淡水エイは水玉模様で、かわいいです。
 魚以外に、カエルが二種、展示されていました。ピパという種と、ベルツノガエルという種です。ピパは、まるで踏んづけられたように平たく、個性的な姿です。
 熱帯魚が好きなら、必見の展覧会です。会期が短いので、お早めに。


図鑑には、残念ながら、アマゾンの魚は載っていません。そのかわり、日本の魚が、50種以上掲載されています。ずかんどっとねっと-zukan mobileを、ぜひご利用下さい。
ぜひご利用下さい。

 過去の記事で、他の夏休みイベントを紹介しています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
箱根で自然と芸術にひたる、花と美術の展覧会(2008/06/17)
生物学を楽しく学べる? ダーウィン展(2008/03/20)現在は、大阪会場で開催中(~2008/09/21迄)
「ファーブルにまなぶ」、虫の声の聴き方?(2007/10/11)※現在は、滋賀県立琵琶湖博物館で開催中(~2008/08/31迄)

ico_weather_hare.gif

 生き物のニュースは、新聞や、テレビや、インターネットで、よく、目にしますね。それらを見て、夏休みの自由研究などのヒントにする人も、多いでしょう。
 ところが、ニュースは、常に正確とは、限りません。中には、とんでもない間違いもあります。しかも、訂正のニュースが出されることは、少ないです。
 今回は、「海外の生き物のニュース」が、正しいかどうか、見分ける方法を、紹介しますね。ただし、この方法は、小学生や中学生がやるのは、難しいです。大人【おとな】でも、ちょっと難しいです。でも、高校生以上なら、「挑戦する価値がある」と思います。
 その方法とは、「英語のニュースを読む」ことです。例を挙げて、説明しましょう。
 二〇〇七年の十二月に、インドネシアのパプア州で、新種の哺乳類が発見されました。この時、発見された新種は、二種でした。そのうちの一種について、報道が、不正確でした。それは、ネズミの一種です。齧歯目【げっしもく】ネズミ科に属する種です。
 私の知る限り、日本語のニュースでは、すべて、この種を、『オニネズミの一種』としていました。けれども、本当は、違います。「ニューギニアオニネズミの一種」です。
 ややこしいことに、ネズミの仲間(齧歯目)には、「オニネズミ」と付くグループが、いくつかいます。アフリカオニネズミ、オニネズミ、ニューギニアオニネズミ、チビオオニネズミ、フロレスオニネズミなどです。これらは、それぞれ、違うグループです。
 英語のニュースを読むと、正確なことがわかります。英語では、新種は、「Mallomys giant rat(Mallomys属の巨大なネズミ)」と書かれています。Mallomysとは、国際的に通じる学名です。学名はラテン語ですが、英語でも、そのまま使われることが多いです。
 Mallomysを、正しく日本語に訳せば、「ニューギニアオニネズミ(属)」となります。例えば、普通の「オニネズミ(属)」なら、学名はBandicotaです。全然、違いますよね。日本語では紛らわしくても、英語のニュースを確認すれば、違いは、一目瞭然です。
 海外のニュースの場合、翻訳の誤りが、よくあります。できれば、英語の「元ニュース」に当たってみましょう。英語と生物学と、両方の勉強になります。

 新種のニューギニアオニネズミのニュースは、以下のページにあります。よろしければ、日本語のページと、英語のページとを、読み比べてみて下さい。
"ロストワールド"インドネシアのフォジャ山脈で再び大きな発見(コンサベーション・インターナショナル・ジャパン 2007/12/17)※日本語の記事です。
インドネシアの"ロストワールド"で、二つの新種が発見される(AFP 2007/12/16)※英語の記事です。


過去の記事でも、ニューギニアオニネズミ(Mallomys)発見時の様子を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
インドネシアのパプアで、新種の哺乳類を発見(2007/12/19)

 『ネットで、知りたいことを上手に知るには?』のシリーズを、過去の記事で、連載しています。過去の記事では、初歩的なことから、解説しています。よろしければ、以下のシリーズ記事もお読み下さい。
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その1(2007/07/18)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その2(2007/07/21)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その3(2007/07/24)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その4(2007/07/26)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その5(2007/07/28)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その6(2007/07/31)
 トンビやオケラは、存在しない? 生き物の名前の話(2008/04/11)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? 番外編(2008/04/14)
 


図鑑には動物・植物約1,800種が掲載されています。ぜひご利用下さい。

イソヒヨドリ

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif

 暑いから、木陰がいいの。 イソヒヨドリ 画像
和名:イソヒヨドリ
学名:Monticola solitarius
isohiyodori_MG_0138.jpg

isohiyodori_MG_0131.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 浦添市  【2008.07.12】


図鑑にはイソヒヨドリが掲載されています。ぜひご利用ください。

ノネコ

user-pic
0

ico_weather_hare.gif

 ふたご?よく似ているね。 ノネコ 画像
和名:ノネコ
学名:Felis catus
twin_MG_1119.jpg

twin_MG_1124.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 金武  【2008.07.11】

 ガラパゴス諸島(南米のエクアドルに所属)から、ニュースです。絶滅寸前のガラパゴスゾウガメに、子孫ができるかも知れません。
 ガラパゴスゾウガメは、とても大きなカメ(亀)です。世界中で、ガラパゴス諸島にしかいません。状況は、危機的です。いくつかの島では、ゾウガメは、絶滅しました。
 今回のニュースの主役は、ガラパゴスゾウガメの中の、ピンタゾウガメという亜種です。亜種とは、同種の中でも、違いがある個体群を指します。ピンタゾウガメは、ガラパゴス諸島の、ピンタ島に分布していた亜種です。「亜種ではなく、種のレベルで、他のガラパゴスゾウガメとは違う」という意見もあります。
 現在、確認されているピンタゾウガメは、たった一頭です。英語で、ロンサム・ジョージLonesome Georgeと呼ばれます。「孤独なジョージ」という意味ですね。
 ジョージは、30年以上前から、独りぼっちです。「彼に、お嫁さんを見つけよう」という努力が続けられてきました。けれども、これまでは、うまく行きませんでした。
 理由は、二つあります。一つは、彼以外に、ピンタゾウガメが見つからないことです。もう一つは、ジョージが、雌(メス)に関心を示さないことです。これは、彼が高齢なため、と考えられてきました。彼の年齢は、推定で60歳~90歳です。
 ところが、ニュースによれば、この二つの原因が、解消されたようです。
 まず、2007年の4月に、「ジョージに近縁なカメが、見つかった」と発表されました。純粋なピンタゾウガメではなくとも、ピンタゾウガメの血を引く個体が、見つかったようです。そのような個体と、ジョージをつがいにすることが、計画されています。
 さらに、今回、「ジョージと『お見合い』している雌が、産卵した」と発表されました。ただし、その卵の父親が、ジョージなのかどうかは、未確認です。また、お相手の雌が、ピンタゾウガメの血を引くのかどうか、ニュースでは、言及されていません。
 カメの仲間は、高齢でも、繁殖能力があることが多いです。今回、産まれた卵が、本当に、ジョージの子どもだといいですね。


 孤独なゾウガメ「ひとりぼっちのジョージ」のニュースは、以下にあります。
ゾウガメの「ロンサム・ジョージ」、40年間の独身生活にピリオド?(AFPBBニュース 2008/07/23)
絶滅危ぐのガラパゴスゾウガメ「ロンサム・ジョージ」に近縁種見つかる - 米国(AFPBBニュース 2007/05/01)
40年前から一人ぼっちのゾウガメ、「ロンサム・ジョージ」 - エクアドル(AFPBBニュース 2006/06/28)


図鑑には残念ながら、ガラパゴスゾウガメは載っていません。そのかわり、日本のカメが9種が掲載されています。ぜひご利用ください。


 過去の記事でも、珍しいカメを取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
鼈甲【べっこう】になるだけじゃない、タイマイ(2008/06/20)

絶滅からよみがえる? シャンハイハナスッポン(2008/04/22)

イシガメが絶滅寸前?(2007/11/19)

アオウミガメは、どこが青いか?(2007/05/11)

世界最大の亀(カメ)はどこにいる?(2006/04/03)
などです。

ico_weather_hare.gif


 日本近海にいる中で、最大の巻貝は、何という種でしょうか? おそらく、ホラガイ(法螺貝)でしょう。ホラガイの殻の高さは、40cmにもなることがあります。
 ホラガイは、暖かい海に棲みます。サンゴ礁の海に多いですね。日本では、小笠原諸島や、南西諸島の近海に多いです。関東以北の海には、寒くて棲めないようです。
 こんなに大きくなるために、ホラガイは、何を食べるのでしょうか? ヒトデです。特に、オニヒトデを食べることで、有名です。あの棘だらけのヒトデを、ものともしません。
 ホラガイは、オニヒトデしか、食べないわけではありません。ヒトデ類全般を食べます。
 ホラガイの近縁種にも、ヒトデを食べるものがいます。ボウシュウボラなどです。
 ボウシュウボラは、ホラガイと同じ、フジツガイ科ホラガイ属に属します。ホラガイよりは、涼しい海に多いです。でも、氷があるほど寒い海にはいません。日本近海では、ホラガイに次いで、二番目に大きい巻貝といわれます。殻の高さ20cmほどになります。
 海の生き物で、ヒトデを食べるものは、少ないです。ホラガイやボウシュウボラ(房州法螺)は、数少ない例外です。なぜ、彼らは、ヒトデを食べるのでしょうか?
 この理由は、「多くの生き物が、ヒトデを食べない理由」と、関係があります。
 ヒトデの仲間は、ヒトデサポニンという物質を、体に含んでいます。ほとんどの生き物にとって、この物質は、毒です。ヒトにも毒です。だから、ヒトデは、普通には食用にされませんね。一部で食用にされますが、食べ過ぎれば、毒になるはずです。
 ホラガイやボウシュウボラは、何らかの方法で、ヒトデサポニンを解毒するのでしょう。おかげで、普通なら食べられないものを、食べられるようになりました。
 これは、生きるうえで、とても有利ですね。他の生き物と、食べ物が競合しないからです。食べ物がなくなる可能性が、少ないのですね。
 ホラガイは、オニヒトデ退治の切り札として、期待されます。積極的に、オニヒトデを食べる生き物は、ホラガイくらいしかいないからです。けれども、ホラガイの生態は、まだ、よくわかっていません。過度に期待するのは、禁物でしょう。


図鑑にはホラガイボウシュウボラが掲載されています。ぜひご利用ください。

 過去の記事でも、ホラガイと同じ、巻貝の仲間を取り上げています。また、ホラガイの食べ物になるヒトデも、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
オニヒトデは、サンゴ礁の悪役?(2008/07/18)
アワビという種名の貝はいない?(2008/01/14)
貝と付いても貝じゃない? モミジガイ(2007/04/27)
潮干狩りの悪役、ツメタガイ(2006/04/17)
ヒトデは海のギャングスター?(2006/04/14)
鉄の鱗【うろこ】を持つ貝、スケーリーフット(2006/04/02)※日本語名を「ウロコフネタマガイ」という巻貝の解説です。
などです。

バン

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif

 バン 画像
和名:バン
学名:Gallinula chloropus
ban_MG_0069.jpg

ban_MG_0072.jpg

ban_MG_0077.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 金武  【2008.07.12】


図鑑にはバンが掲載されています。ぜひご利用ください。

 日本全国、一斉に梅雨が明けました。各地で、猛暑が続いています。今回は、涼しくなる話をしましょう。北欧のノルウェイからのニュースです。
 ノルウェイは、寒い国ですね。国土の一部が、北極圏にあります。それを利用して、植物の種子の倉庫が、作られました。北極圏の永久凍土(一年中、凍った土)の中で、低温で、種子が貯蔵されます。多様な植物の種を、保存するためです。
 地球の多くの生き物が、危機にあることは、皆さん御存知でしょう。植物も、例外ではありません。人間の開発などにより、たくさんの植物が、絶滅しそうになっています。
 私たちは、次の世代に、今ある植物の種を、残さなければいけません。植物の種を減らすことは、人類の危機にも、つながるからです。多くの食物や薬が、植物から作られますね。次世代の食糧不足や、病気を救うものが、植物の中にあるはずです。
 考えたくないことですが、今後、世界戦争や、大規模な気候変動が、起こるかも知れません。ヒトは、とんでもない力を、持ってしまいましたからね。万が一、大災害が起こっても、多様な植物の種が保存されていれば、人類は、滅びないで済むでしょう。
 そこで、ノルウェイ政府は、植物の種子の貯蔵庫を、作りました。自国の寒さを、生かしたのですね。この貯蔵庫は、北極海のスバールバル諸島にあります。なんと、海抜130mもの高地です。温暖化で、北極などの氷が溶けても、水没しない高さだそうです。
 二〇〇八年二月二十六日、この貯蔵庫が、正式に開設されました。その時点で、「26万8000種」の種子が、収蔵されたそうです。たぶん、これは、「栽培品種」を含む数でしょう。例えば、イネ(稲)の中の、「コシヒカリ」や「あきたこまち」が、「栽培品種」です。「種」としては、「コシヒカリ」も、「あきたこまち」も、同じ「イネ」です。
 このような種子の貯蔵庫は、ここだけではありません。世界中に、1400もあるそうです。ただし、すべての貯蔵庫が、このように大規模なのではありません。一種の種子しか、保存していないところもあります。
 このような貯蔵庫は、研究目的以外では、役立つ時が、来ないで欲しいですね。


図鑑には、800種以上の植物が掲載されています。ずかんどっとねっと-zukan mobileを、ぜひご利用下さい。
ぜひご利用下さい。

 過去の記事でも、北極圏や、そこに近い地域の生き物を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
世界で最長寿の樹木を発見!(2008/04/23)
ホッキョクグマが絶滅する?(2007/09/12)
白鳥(ハクチョウ)は冬の使者(2006/01/11)
トナカイはサンタクロースの友達(2005/12/21)
などです。

ico_weather_hare.gif

 木登り上手。 オキナワキノボリトカゲ 画像
和名:オキナワキノボリトカゲ
学名:Japalura polygonata
kinobori_MG_0099.jpg

kinobori_MG_0090.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 金武  【2008.07.12】


図鑑にはオキナワキノボリトカゲが掲載されています。ぜひご利用ください。

 ソテツの害虫。日本には普通はいない、台湾やフィリピンに分布。迷蝶。 クロマダラソテツシジミ 画像
和名:クロマダラソテツシジミ
学名:Chilades pandava
クロマダラソテツシジミEEDV0817%20(1).jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 浦添市  【2008.07.12】


 クロマダラソテツシジミの幼虫が、ソテツの新芽などを食い荒らすそうです。詳しくは、以下を御覧下さい。
ソテツの害虫が大量発生 珍チョウ「クロマダラソテツシジミ」(八重山毎日新聞 2007/09/22)
 南アジア原産クロマダラソテツシジミ 兵庫県東部などで確認(読売新聞新聞 2007/12/13)

ico_weather_hare.gif

 いつの時代も、昆虫は、子どもに人気がありますね。夏休みの自由研究に、昆虫を取り上げる人も、多いでしょう。ところが、昆虫について調べると、困ることがあります。
 同じ昆虫でも、本やウェブサイトによって、分類が違います。例えば、カラスアゲハというチョウですと、「チョウ目アゲハチョウ科」という場合と、「鱗翅目【りんしもく】アゲハチョウ科」という場合があります。なぜ、こんなことがあるのでしょうか?
 前記の例を見ると、目【もく】という分類単位が、違うことがわかりますね。ここに、ヒントがあります。じつは、昆虫の目【もく】の呼び名は、近年、見直されています。
 以前は、例えば、バッタの仲間なら、直翅目【ちょくしもく】という目【もく】の名でした。それが、「このような漢字名では、難しすぎる」と言われ始めたのですね。直翅目をバッタ目という具合に、呼び替えが進みました。
 けれども、研究者の中には、「呼び替える必要はない」という人もいます。そのため、伝統的な目【もく】の名と、新しい目【もく】の名が、まぜこぜに使われています。
 これは、昆虫に限りません。他のどんな生き物でも、このようなことは、よくあります。
 分類の呼び名が変わるのは、生物学が、進歩している証拠です。研究が進んだために、「これまでの呼び名では、不都合だ」と、わかることがあります。
 現在の分類になるまでには、さまざまな変遷がありました。これからも、分類の呼び名は、変わるに違いありません。学問の進歩は、止まることがないからです。
 生き物に詳しくない人にとっては、面倒くさいですね。でも、これは、どうしようもありません。対策としては、「わからないことに出会ったら、必ず確認する」ことですね。

図鑑には、日本に分布する昆虫が、400種ほど掲載されています。ずかんどっとねっと-zukan mobileを、ぜひご利用下さい。
ぜひご利用下さい。

過去の記事でも、生き物の分類や、名前について、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
ネットで、知りたいことを上手に知るには? 番外編(2008/04/14)
トンビやオケラは、存在しない? 生き物の名前の話(2008/04/11)
ホヤは脊索【せきさく】動物? 原索【げんさく】動物?(2007/08/28)
クラゲは刺胞【しほう】動物? 腔腸【こうちょう】動物?(2007/08/24)
新しい名前で出ています――魚類の改名(2007/02/02)
などです。

ico_weather_hare.gif

 日本人で、アサガオを知らない人は、いないでしょう。小学校の理科の時間に、登場しますよね。私も、小学生の頃、アサガオのつるが伸びる様子を、観察しました。
 アサガオは、日本が誇る園芸植物の一つです。江戸時代から、たくさんの品種が、作られました。昔の和歌や俳句にも、「朝顔」を詠んだものが多いですね。
 ところが、昔の文芸の「朝顔」は、今のアサガオとは、違う植物かも知れません。アサガオは、日本土着の植物ではないからです。
 アサガオが日本に来たのは、奈良時代か、平安時代といわれます。中国から、伝えられました。当初は、観賞用ではありませんでした。薬用です。アサガオの種子を、薬にしました。ですから、渡来したてのアサガオの花は、今ほど、美しくなかったでしょう。
 では、今のアサガオが来る前の「朝顔」とは、どんな植物だったのでしょうか?
 例えば、万葉集には、「朝顔」が登場する歌が、いくつかあります。「万葉集の『朝顔』は、現在のキキョウ(桔梗)」というのが、有力な説です。
 源氏物語にも、「朝顔」が登場します。主人公の光源氏の女友達に、「朝顔の姫君」という人がいます。朝顔の花について、歌を交わしたことから、この名が付いています。
 源氏物語の「朝顔」が、どんな植物を指すのかは、わかっていません。古来、議論になってきました。平安時代には、今のアサガオは、普及していません。有力な候補として、キキョウ、あるいは、ムクゲが、挙げられています。
 けれども、「渡来して間もないアサガオだった」説もあります。その根拠は、源氏物語に登場する歌にあります。「秋果てて霧の籬【まがき】に結ぼほれあるかなきかにうつる朝顔」という歌です。籬【まがき】とは、垣根の一種です。
 『結ぼほれ』という表現は、朝顔が垣根にからむ様子を、想像させますね。ならば、この「朝顔」は、つる植物でしょう。キキョウもムクゲも、つる性ではありません。
 源氏物語の「朝顔」は、今のアサガオだったのでしょうか? アサガオだとしたら、今よりも小さく、清楚な花だったでしょうか? いろいろ推測するのが、楽しいですね。


図鑑にはアサガオが掲載されています。ぜひご利用ください。また、古代の「朝顔」であるキキョウムクゲも載っています。


 過去の記事でも、源氏物語にかかわる生き物を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
ムクゲ(木槿)は昔、朝顔だった?(2008/07/04)
空蝉【うつせみ】とは、どんなセミ?(2008/06/30)
源氏物語のヒロインも嘆く? ムラサキの運命(2008/06/06)
鈴虫はマツムシ、松虫はスズムシ?(2005/10/03)
などです。

チュウサギ

user-pic
0

ico_weather_hare.gif

 チュウサギ 画像
和名:チュウサギ
学名Egretta intermedia
tyusagi_MG_0055.jpg

tyusagi_MG_0057.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 金武  【2008.07.12】


図鑑にはチュウサギが掲載されています。ぜひご利用ください。

ico_weather_hare.gif

 モンシロチョウ 画像
和名:モンシロチョウ
学名:Pieris rapae crucivora
monshiroto%20(1).jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.06.27】


図鑑にはモンシロチョウが掲載されています。ぜひご利用ください。

 梅雨明けイメージ 画像
sea_MG_0004.jpg

sea_MG_0015.jpg

sea_MG_0018.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 恩納村  【2008.07.11】

 英国から、興味深いニュースが届きました。ロンドン自然史博物館の庭で、新種らしい昆虫が見つかった、というのです。
 新種の発見自体は、珍しくありません。毎年、多くの新種が、発見されています。今回のニュースが珍しいのは、発見された場所が、大都会ロンドンの真ん中であることです。しかも、そこは、自然史博物館の庭でした。
 ロンドン自然史博物館は、決して、小さな博物館ではありません。昆虫の標本だけでも、2800万ほど収蔵されている、といいます。生物の研究では、世界有数の権威を持つところです。そんな博物館の庭先に、新種がいるとは、誰も思わなかったでしょう。
 見つかった新種?は、カメムシの仲間です。カメムシ目ナガカメムシ科に属するようです。博物館で調べた結果、ラテン語の学名でArocatus roeseliiという種に近縁ではないか、とされました。この種は、ヨーロッパ中央部に分布します。
 Arocatus roeseliiは、日本には分布しません。そのため、日本語名は付いていません。この種に近縁なものとしては、セスジナガカメムシという種が、日本に分布します。
 日本のセスジナガカメムシは、赤と黒の、美しい体色をしています。今回の新種も、体色は、赤と黒だとされます。ただし、発表された写真では、地味に見えますね。この写真は、幼虫を写したもののようです。成虫は、美しくなるのかも知れません。
 今回、見つかったカメムシは、「新種」と決まったわけではありません。今のところ、外見の特徴しか、調べていないからです。それだけでは、新種かどうか、決めることはできません。例えば、普通にいる種の中に、たまたま、色変わりをした個体がいて、その子孫が増えた、という可能性もあります。
 博物館では、明確な結果を出すために、DNAの調査をするそうです。こういった調査には、時間がかかります。新種が「新種である」とわかるには、たいてい、年単位の時間が必要です。学術調査とは、気長に、地道に、行なうものなのですね。私たちも、気長に結果を待ちましょう。

 「ロンドンの真ん中で新種?」のニュースは、以下にあります。
ロンドンのど真ん中で新種の昆虫? 専門家も正体がつかめず(technobahn 2008/07/15)


図鑑には今回の新種?と同じナガカメムシ科のオオメカメムシオオモンシロナガカメムシが掲載されています。ぜひご利用ください。


 過去の記事でも、昆虫の新種の発見や、再発見を取り上げています。また、カメムシの仲間も取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
新種・珍種がざっくざく、南硫黄島【みなみいおうとう】(2008/06/10)
ガーナの宝冠:西アフリカの希少な生き物たち(2008/05/16)
イネクロカメムシは福田【ふくだ】の虫?(2007/10/08)
腸内細菌が進化の決め手? マルカメムシ(2007/06/21)
カメムシはなぜ臭【くさ】い?(2006/11/03)
UK-JAPAN2008 WEBサイトに記事掲載!

ico_weather_hare.gif

 2008年は、国際サンゴ礁年です。日本にも、美しいサンゴ礁がありますね。特に、南西諸島のサンゴ礁は、世界的に評価されています。
 残念ながら、日本のサンゴ礁も、その他の海域のサンゴ礁も、将来が安泰とは言えません。さまざまな原因で、痛めつけられているものが、多いです。
 サンゴ礁を食い荒らす「悪役」とされるのが、オニヒトデです。皆さんも、テレビなどで、見たことがあるのではないでしょうか? 棘だらけの、大きなヒトデです。
 オニヒトデを観察すると、不思議なことに気づきます。ヒトデなのに、腕が5本ではありません。普通のヒトデは、5本腕の星型(☆)をしていますよね。
 5本腕でないヒトデは、他にもいます。ヤツデヒトデや、タコヒトデなどです。ヤツデヒトデは、名のとおり、8本腕のものが多いです。タコヒトデは、たいへん腕の数が多く、20本以上もあります。オニヒトデは、14本から18本の腕を持ちます。
 なぜ、このように、腕が多いヒトデがいるのでしょうか? 理由は、わかっていません。
 腕が多いヒトデでも、子どもの頃は、5本腕です。成長するにつれ、腕の数が増えます。オニヒトデの場合、海底に定着してから、半年ほどで、14本以上の腕を持ちます。
 オニヒトデは、サンゴ礁のサンゴを食べます。しかも、時々、大発生します。大発生の時には、広い範囲のサンゴが、食害されます。これが、悪役とされる理由ですね。
 けれども、サンゴ礁が傷む原因は、オニヒトデだけとは限りません。「根本的な原因は、オニヒトデではないだろう」といわれます。もともと、サンゴが弱っているところへ、オニヒトデが取り付くようです。「諸悪の根源」みたいに言うのは、気の毒ですね。
 時おり、オニヒトデが大発生することは、何十年も前から、知られていました。その原因は、いまだ不明です。オニヒトデの生態は、あまり、わかっていないのですね。
 生態がわからないまま、駆除するのは、危険です。オニヒトデが、サンゴを食べることで、保たれる環境があるはずです。どんな生き物も、自然界で、それなりの役割を果たしています。下手に駆除すると、自然のバランスを、崩してしまうでしょう。


図鑑にはオニヒトデが掲載されています。また、ヤツデヒトデなど、他種のヒトデも載っています。

 過去の記事でも、ヒトデの仲間を取り上げています。また、ヒトデと同じ棘皮動物【きょくひどうぶつ】の仲間も、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
タコノマクラの花びら模様は、いったい何?(2008/01/25)
植物? いえ動物です。ウミシダ(海羊歯)(2007/11/26)
貝と付いても貝じゃない? モミジガイ(2007/04/27)
サンゴ礁の海を守るナマコ(2006/07/22)
ヒトデは海のギャングスター?(2006/04/14)
などです。

クマバチ

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif

 クマバチ 画像
和名:クマバチ
学名:Xylocopa appendiculata circumvolans
kumabachi_4M5D8087.jpg

kumabachi_4M5D8083.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.06.27】


図鑑にはクマバチが掲載されています。ぜひご利用ください。

ギボウシ

user-pic
0

ico_weather_hare.gif

 ギボウシ 画像
和名:ギボウシ
学名:Hosta spp.
giboushi_4M5D8081.jpg

giboushi_4M5D8092.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.06.27】


図鑑にはギボウシは残念ながら載っていませんがギボウシの仲間、コバギボウシが掲載されています。ぜひご利用ください。

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_hare.gif

 梅雨時、束の間の晴れを満喫しているようなムラサキカタバミ。 ムラサキカタバミ 画像
和名:ムラサキカタバミ
学名:Oxalis corymbosa DC.
murasakikatabami_4M5D8068.jpg

murasakikatabami_4M5D8119.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.06.27】


図鑑にはムラサキカタバミが掲載されています。ぜひご利用ください。

クマゼミ

user-pic
0

 午前中しか鳴かないの。 クマゼミ 画像
和名:クマゼミ
学名:Cryptotympana facialis
kumazemi_MG_0094.jpg

kumazemi_MG_0107.jpg

kumazemi_MG_0118.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 浦添市  【2008.07.12】


図鑑にはクマゼミが掲載されています。ぜひご利用ください。

ico_weather_hare.gif

 コガネムシ(黄金虫)とは、いかにも、縁起が良さそうな名前ですね。実際に、多くのコガネムシの仲間は、ぴかぴか光る体をしています。とてもきれいです。
 ところが、農業や、園芸をやっている人には、コガネムシは、嫌われます。コガネムシの仲間には、植物を食い荒らす種が多いからです。
 コガネムシと呼ばれるのは、おおむね、甲虫目【こうちゅうもく】コガネムシ科に属する昆虫です。ややこしいことに、コガネムシ科の中に、「コガネムシ」という名前の種がいます。他には、「○○コガネ」という種名のものが、多いです。
 コガネムシ科の種は、多くが植物食です。害虫として、有名な種が含まれています。
 例えば、アオドウガネという種がいます。成虫は、光沢のある黄緑色です。「黄金虫」らしい美しさです。けれども、農作物の害虫です。幼虫が、サツマイモ(薩摩芋)、ニンジン(人参)、イチゴ(苺)などの根を食べます。成虫は、多種の植物の葉を食べます。
 オオクロコガネという種もいます。この種は、黒っぽく、地味です。でも、農作物の害虫なのは、同じです。幼虫が、サトイモ(里芋)などの根を食べます。成虫は、モモ(桃)、ウメ(梅)、ナシ(梨)など、多くの植物の葉を食べます。
 ヒメコガネという種は、英語名を、soybean beetleといいます。「ダイズ(大豆)コガネムシ」という意味ですね。成虫が、ダイズ、クリ(栗)、ブドウなどの葉を食べるからです。幼虫は、豆類やイモ類の根を食べます。害虫とされるのは、無理もありません。
 英語名を、Japanese beetleという種もいます。「日本のコガネムシ」という意味ですね。これは、マメコガネです。明治時代、日本から米国へ侵入したので、こう呼ばれます。日本でも、米国でも、農作物の大害虫として知られます。成虫が、豆類や、ブドウ(葡萄)などの果樹の葉を、食い荒らすからです。
 コガネムシの仲間は、害虫ばかりみたいですね。しかし、それは、一方的な見方です。ヒトの役に立つ面もあります。彼らには、毒も棘も、ありません。安心して触れます。自然界への入門に、ちょうどいいですね。貴重な実体験を、させてくれます。


図鑑にはアオドウガネオオクロコガネヒメコガネマメコガネなど、十種以上のコガネムシが掲載されています。ぜひご利用ください。


 過去の記事でも、甲虫【こうちゅう】の仲間を取り上げています。また、コガネムシの仲間が食害する植物も、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
昔は主食だった? サトイモ(2008/06/27)
謎の円盤UFO? いえ、カメノコハムシです(2008/03/10)
甘栗【あまぐり】はクリではない?(2006/11/06)
子どもの揺籠【ゆりかご】を作る虫、オトシブミ(2006/06/12)
花も実もある魔除けの木、モモ(2006/03/03)
などです。

ico_weather_hare.gif

 コアオハナムグリ 画像
和名:コアオハナムグリ
学名:Oxycetonia jucunda
koaohanamuguri_MG_0011.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.06.27】


図鑑にはコアオハナムグリが掲載されています。ぜひご利用ください。

タイサンボク

user-pic
0

ico_weather_hare.gif

 タイサンボク 画像
和名:タイサンボク
学名:Magnolia grandiflora L.
taisanboku_4M5D8076.jpg

taisanboku_4M5D8198.jpg

taisanboku_4M5D8080.jpg

taisanboku_4M5D8074.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.06.27】


図鑑にはタイサンボクが掲載されています。ぜひご利用ください。

 オオシオカラトンボ 画像
和名:オオシオカラトンボ
学名:Orthetrum triangulare melania
ooshiokaratonbo_4M5D8136%20(2).jpg

ooshiokaratonbo_4M5D8136%20(3).jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.06.27】


図鑑にはオオシオカラトンボが掲載されています。ぜひご利用ください。

ico_weather_hare.gif

 日本の鳥の中で、トキは、とても有名ですね。絶滅寸前から、よみがえった鳥です。でも、まだ、完全復活ではありません。日本には、野生のトキがいないからです。
 2008年夏の時点で、日本にいるトキは、すべて、飼育されています。2008年秋に、飼育トキのうち、何羽かが、野外へ放たれる予定です。
 かつて、日本には、たくさんの野生トキがいました。なぜ、それが、絶滅寸前にまでなったのでしょうか? 原因は、いくつかあります。
 狩猟は、原因の一つです。トキの美しい羽が、狙われました。
 トキの羽色は、一見、白に見えますね。じつは、薄桃色です。翼【つばさ】の裏などに、よく色が出ます。漢字で、「朱鷺【とき】」や「桃花鳥【とき】」と書かれるとおりです。
 では、狩られなければ、野生のトキは、絶滅しなかったのでしょうか?
 そんなことは、ないでしょう。「一番の原因は、農薬ではないか」といわれます。農業のあり方が変わったことが、トキを追いつめました。
 現代の農業には、農薬は、必要です。完全に否定することは、できません。けれども、害があることも、確かです。農薬は、多くの生き物を殺します。
 農薬のため、水田の生き物が、いなくなってしまったら? トキは、生きていけません。水田は、トキの重要な餌場だからです。
 食べ物がなくなるだけではありません。すぐに死ななくても、農薬の毒成分が、体にたまることがあります。そういった毒は、じわじわと、体を蝕【むしば】みます。健康そうに見えても、卵が産めなくなったりします。
 このようなことが、日本の野生トキに起こったのでは、と考えられています。誰も気づかないうちに、トキたちは、健康を害していたのですね。
 トキと同じことが、コウノトリにも、起こったようです。コウノトリも、日本では、いったん、野生絶滅しましたね。しかし、よみがえりました。関係者の努力のおかげです。トキでも、同じ努力が実る、と信じたいですね。


図鑑にはトキコウノトリが掲載されています。ぜひご利用ください。


 過去の記事でも、トキや、同じく野生絶滅から復帰したコウノトリを取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
コウノトリとトキ、未来への一歩(2007/05/24)
コウノトリとツルの違い(2005/10/04)
などです。

ベニシジミ

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif

 ベニシジミ春型【夏型は、全体的に黒っぽい】  ベニシジミ画像
和名:ベニシジミ
学名:Lycaena phlaeas daimio
benishijimi_4M5D8167.jpg

benishijimi_4M5D8167%20(1).jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.06.27】


図鑑にはベニシジミが掲載されています。ぜひご利用ください。

サンゴシトウ

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif

  サンゴシトウ 画像
和名:サンゴシトウ
学名:Erythrina × bidwillii
sangoshitou_4M5D8097%20(1).jpg

sangoshitou_4M5D8097%20(4).jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.06.27】

ビヨウヤナギ

user-pic
0

ico_weather_hare.gif / ico_weather_kumori.gif


 未央柳(俗名:美容柳)  ビヨウヤナギ 画像 
和名:ビヨウヤナギ
学名:Hypericum chinense L.
biyouyanagi_4M5D8122%20(2).jpg

biyouyanagi_4M5D8122%20(1).jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.06.27】


図鑑にはビヨウヤナギが掲載されています。ぜひご利用ください。

ico_weather_hare.gif / ico_weather_kumori.gif

 そろそろ、海開きの季節ですね。浜では、いろいろな生き物に会うことができます。
 中でも、カニの仲間は、親しまれていますね。暖かい海では、特に、たくさんのカニが見られます。日本では、南西諸島や小笠原諸島が、カニの宝庫です。
 沖縄県の石垣島に、カニについて、面白い歌が伝わっています。「アンパルヌミダガーマユンタ」という歌です。石垣島のカニたちを歌ったものです。
 「アンパル(網張)」とは、石垣市にある干潟の名です。歌は、そこに棲むカニの生態を、正確に写しているといわれます。アンパルには、コメツキガニ、ツノメガニ、オキナワハクセンシオマネキなど、多くのカニの種が、棲んでいます。
 この歌の主人公は、ミダガーマと呼ばれるカニです。標準語にすれば、「目高蟹【めだかがに】」という意味です。さて、ミダガーマとは、何という種のカニでしょうか?
 これには、いくつかの答えがあります。有力なのは、コメツキガニ説と、ツノメガニ説です。個人的には、ツノメガニ説に、軍配を上げたいですね。
 なぜなら、ツノメガニには、目立つ特徴があるからです。雄(オス)の目の先に、角のような突起があります。雌(メス)には、ごく小さな突起があります。「目高蟹」の名にふさわしいですね。とりわけ、雄は、目玉を立てて、威張っているようにも見えます。
 実際には、ツノメガニは、臆病【おくびょう】です。敵の目を逃れるため、主に、夜に活動します。昼間は、巣穴に潜っていることが多いです。
 ツノメガニは、スナガニ科スナガニ属に属します。スナガニ属のカニは、英語で、ghost crabと呼ばれます。「幽霊ガニ」という意味ですね。ミダガーマ(目高蟹)という、のんびりした響きとは、ずいぶん違います。なぜ、英語では、「幽霊」なのでしょう?
 これには、二つの説があります。一つは、「脚が速くて、幽霊のように、姿を見るのが難しいから」です。もう一つは、「幽霊のように、夜、こそこそと活動するから」です。
 石垣島の歌でも、ミダガーマが浜を行き来する様子が、歌われています。昔の人は、よく見ていました。このように、生き物への温かな眼差しを、忘れたくないものです。


図鑑にはツノメガニハクセンシオマネキなど、十種以上のカニが掲載されています。ぜひご利用ください。

 過去の記事でも、カニの仲間を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
毛蟹【けがに】は、なぜ毛だらけ?(2007/11/30)
カニでないカニがいる?(2006/12/24)
夫婦なのに名が違う? ズワイガニとコウバコガニ(2005/11/11)
などです。

アジサイ

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif

 アジサイ  画像
和名:アジサイ
学名:Hydrangea macrophylla Ser. Var. Otakusa Makino
ajisai_4M5D8128.jpg
ajisai_4M5D8117%20(1).jpg
ajisai_4M5D8128%20(2).jpg
※画像をクリックすると大きな画像が見られます。
東京 新宿  【2008.06.27】

図鑑には、ガクアジサイヤマアジサイなどのアジサイ数種が掲載されています。

ico_weather_hare.gif

 近年の環境問題で、キーワードの一つが、「生物多様性」です。七月七日からの洞爺湖【とうやこ】サミットでも、おそらく、この言葉が飛び交うでしょう。
 「生物多様性」には、いくつもの意味があります。ここでは、「生物の種の多様性」について、説明しましょう。ごく簡単に言えば、「どれだけ多くの種がいるか」です。
 具体例を、挙げてみましょうか。日本のサンショウウオ(山椒魚)です。
 サンショウウオは、両生類の仲間ですね。日本には、二十種近くのサンショウウオが、分布します。中で、サンショウウオ科サンショウウオ属の種が、十五種ほどを占めます。
 小さな島国なのに、種が多い、と思いませんか? しかも、大部分が、日本の固有種です。これは、「種の多様性が高い」状態です。豊かな自然があることを、示します。
 サンショウウオといえば、オオサンショウウオが有名ですね。けれども、ほとんどのサンショウウオは、あんなに大きくなりません。小型で、目立たない生き物です。
 日本では、互いに、外見が似た種が多いです。写真では、種の区別に困るほどです。
 なぜ、狭い範囲に、似た種が、いくつも分布するのでしょうか?
 サンショウウオが、移動しにくい生き物だからです。彼らは、空を飛べません。歩く速度も、ゆっくりです。そのうえ、水から離れて生きられません。
 ほんの数kmでも、水がない陸に隔てられたら、彼らは、仲間と会えません。このため、地域ごとに、別々の種が、進化しました。
 例えば、アベサンショウウオという種がいます。京都府・兵庫県・福井県の、ごく一部にしか分布しません。また、オオイタサンショウウオという種がいます。大分県・熊本県・宮崎県、そしてなぜか離れて、高知県の一部に分布します。
 前記のとおり、日本のサンショウウオには、不思議な分布をする種がいます。この謎は、解けていません。解ける前に、絶滅しそうな種もいます。
 地域ごとの個体数は、どの種も少ないです。うっかり開発が進んだら、たちまち絶滅するでしょう。仮にも「先進国」ならば、そんな事態には、したくありませんね。

図鑑には、ヒダサンショウウオトウキョウサンショウウオなど日本のサンショウウオが、十種ほど掲載されています。ぜひご利用下さい。


 過去の記事でも、サンショウウオを取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
今が見ごろ? 日本の山椒魚【さんしょううお】たち(2008/03/17)
2008カエル年【amphibian ark 2008/YEAR OF THE FROG】(2008/02/29)
真冬が恋の季節? サンショウウオ(2007/12/07)
氷河期の生き残りキタサンショウウオ(2005/11/07)
などです。

スズメの親子

user-pic
0

 スズメの親子。
 「ママー早く、早くちょうだいよー」
 「はいはい、ほら」
 「もっとーもっとー食べたい。」という感じでしょうか。
 3枚目のママは、まだ食べるの?って顔してませんか?
 それにしても、子スズメはずいぶんと大きいですね(笑)。
 スズメ 画像
和名:スズメ
学名:Passer montanus
suzume_4M5D8181.jpg

suzume_4M5D8181%20(1).jpg

suzume_4M5D8181%20(2).jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.06.27】


図鑑にはスズメが掲載されています。ぜひご利用ください。

ico_weather_hare.gif

 2008年は、源氏物語千年紀ですね。この物語には、おおぜいの女性が登場します。植物の名を冠された女性が、多いですね。
 そのような女性の一人に、「朝顔」がいます。「夕顔」は有名ですが、「朝顔」は、あまり知られていませんね。「朝顔」も、植物から、名が取られています。
 源氏物語の「朝顔」は、「槿【あさがお】」とも書かれます。「槿」という字は、現在では、「むくげ」と読まれますね。源氏物語の「朝顔」は、ムクゲを指した、ともいわれます。
 平安時代には、いくつかの植物が、「朝顔」と呼ばれました。現在のムクゲも、その一つです。名前だけでは、実物が、どんな種だったのか、わかりません。
 現在のアサガオと違い、ムクゲは、樹木です。ムクゲとアサガオとは、さほど、似ているとも見えません。なぜ、ムクゲが、「朝顔」と呼ばれたのでしょうか?
 それは、ムクゲの花が、一日しか咲かないからです。一輪の花は、朝に開き、夕にはしおれます。このはかなさから、「朝顔」と呼ばれました。
 ただ、ムクゲは、次々に別の花が咲きます。全体としては、花が絶えません。夏から秋にかけて、花期が長いです。はかない印象は、少ないですね。
 昔から親しまれているのに、ムクゲは、日本の原産ではありません。いつ頃、どうやって日本に来たのかは、わかっていません。では、原産地は、どこでしょう?
 正確な原産地は、不明です。「中国か、インド」と推定されています。古くから栽培されているため、原産地が、わからなくなりました。
 ムクゲは、東洋でも、西洋でも、好まれます。例えば、韓国では、国花にされています。ヨーロッパや、北米でも、多くのムクゲが、鑑賞されています。
 英語で、ムクゲは、「rose of Sharon」(シャロンのバラ)と呼ばれます。英語圏で「バラ」といえば、美しい花の代表ですね。親しまれている証拠です。
 源氏物語の「朝顔」は、ムクゲだったのでしょうか? 物語中の描写を読むと、違うように思えます。これについては、また別の項で、取り上げましょう。


図鑑にはムクゲアサガオが掲載されています。ぜひご利用ください。


 過去の記事でも、源氏物語にちなんだ生き物を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
空蝉【うつせみ】とは、どんなセミ?(2008/06/30)
源氏物語のヒロインも嘆く? ムラサキの運命(2008/06/06)
藤(フジ)のつるは右巻き? 左巻き?(2007/04/19)※「藤壺【ふじつぼ】」の名の由来は、フジです。
この紋所が目に入らぬか? フタバアオイ(2007/04/17)※「葵【あおい】の上」の名は、葵祭に使われるフタバアオイから取られました。
雁(ガン)の恩返し(2006/01/16)※「雲居雁【くもいのかり】」の名の由来は、鳥のガンです。
などです。

ヤマモモ

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif

 ヤマモモの実 赤く熟する前  ヤマモモ画像
和名:ヤマモモ
学名:Myrica rubra Siebold & Zucc.
yamamomo_MG_0003.jpg

yamamomo_MG_0004.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.06.27】


図鑑にはヤマモモが掲載されています。ぜひご利用ください。

ブラシノキ

user-pic
0

ico_weather_hare.gif


 ブラシノキ 画像
和名:ブラシノキ
学名:Callistemon speciosus
burashinoki__MG_0191.jpg

burashinoki__MG_0186.jpg

burashinoki_MG_0188.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.06.04】

ノネコ

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif


 ノネコ 画像
和名:ノネコ
学名:Felis catus
_MG_0149_0613cat.jpg

_MG_0151_0613cat.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 国頭村 【2008.06.13】 

このアーカイブについて

このページには、2008年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。