ヒトデ退治は法螺【ほら】じゃない? ホラガイ

user-pic
0

ico_weather_hare.gif


 日本近海にいる中で、最大の巻貝は、何という種でしょうか? おそらく、ホラガイ(法螺貝)でしょう。ホラガイの殻の高さは、40cmにもなることがあります。
 ホラガイは、暖かい海に棲みます。サンゴ礁の海に多いですね。日本では、小笠原諸島や、南西諸島の近海に多いです。関東以北の海には、寒くて棲めないようです。
 こんなに大きくなるために、ホラガイは、何を食べるのでしょうか? ヒトデです。特に、オニヒトデを食べることで、有名です。あの棘だらけのヒトデを、ものともしません。
 ホラガイは、オニヒトデしか、食べないわけではありません。ヒトデ類全般を食べます。
 ホラガイの近縁種にも、ヒトデを食べるものがいます。ボウシュウボラなどです。
 ボウシュウボラは、ホラガイと同じ、フジツガイ科ホラガイ属に属します。ホラガイよりは、涼しい海に多いです。でも、氷があるほど寒い海にはいません。日本近海では、ホラガイに次いで、二番目に大きい巻貝といわれます。殻の高さ20cmほどになります。
 海の生き物で、ヒトデを食べるものは、少ないです。ホラガイやボウシュウボラ(房州法螺)は、数少ない例外です。なぜ、彼らは、ヒトデを食べるのでしょうか?
 この理由は、「多くの生き物が、ヒトデを食べない理由」と、関係があります。
 ヒトデの仲間は、ヒトデサポニンという物質を、体に含んでいます。ほとんどの生き物にとって、この物質は、毒です。ヒトにも毒です。だから、ヒトデは、普通には食用にされませんね。一部で食用にされますが、食べ過ぎれば、毒になるはずです。
 ホラガイやボウシュウボラは、何らかの方法で、ヒトデサポニンを解毒するのでしょう。おかげで、普通なら食べられないものを、食べられるようになりました。
 これは、生きるうえで、とても有利ですね。他の生き物と、食べ物が競合しないからです。食べ物がなくなる可能性が、少ないのですね。
 ホラガイは、オニヒトデ退治の切り札として、期待されます。積極的に、オニヒトデを食べる生き物は、ホラガイくらいしかいないからです。けれども、ホラガイの生態は、まだ、よくわかっていません。過度に期待するのは、禁物でしょう。


図鑑にはホラガイボウシュウボラが掲載されています。ぜひご利用ください。

 過去の記事でも、ホラガイと同じ、巻貝の仲間を取り上げています。また、ホラガイの食べ物になるヒトデも、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
オニヒトデは、サンゴ礁の悪役?(2008/07/18)
アワビという種名の貝はいない?(2008/01/14)
貝と付いても貝じゃない? モミジガイ(2007/04/27)
潮干狩りの悪役、ツメタガイ(2006/04/17)
ヒトデは海のギャングスター?(2006/04/14)
鉄の鱗【うろこ】を持つ貝、スケーリーフット(2006/04/02)※日本語名を「ウロコフネタマガイ」という巻貝の解説です。
などです。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5033

 日本では、多くの貝が、食用にされますね。アサリ、アカガイ、マテガイ、ホタテ... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2008年7月25日 07:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バン」です。

次のブログ記事は「「ひとりぼっちのジョージ」が、独りから脱出?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。