ネットで、知りたいことを上手に知るには? 上級編

user-pic
0

ico_weather_hare.gif

 生き物のニュースは、新聞や、テレビや、インターネットで、よく、目にしますね。それらを見て、夏休みの自由研究などのヒントにする人も、多いでしょう。
 ところが、ニュースは、常に正確とは、限りません。中には、とんでもない間違いもあります。しかも、訂正のニュースが出されることは、少ないです。
 今回は、「海外の生き物のニュース」が、正しいかどうか、見分ける方法を、紹介しますね。ただし、この方法は、小学生や中学生がやるのは、難しいです。大人【おとな】でも、ちょっと難しいです。でも、高校生以上なら、「挑戦する価値がある」と思います。
 その方法とは、「英語のニュースを読む」ことです。例を挙げて、説明しましょう。
 二〇〇七年の十二月に、インドネシアのパプア州で、新種の哺乳類が発見されました。この時、発見された新種は、二種でした。そのうちの一種について、報道が、不正確でした。それは、ネズミの一種です。齧歯目【げっしもく】ネズミ科に属する種です。
 私の知る限り、日本語のニュースでは、すべて、この種を、『オニネズミの一種』としていました。けれども、本当は、違います。「ニューギニアオニネズミの一種」です。
 ややこしいことに、ネズミの仲間(齧歯目)には、「オニネズミ」と付くグループが、いくつかいます。アフリカオニネズミ、オニネズミ、ニューギニアオニネズミ、チビオオニネズミ、フロレスオニネズミなどです。これらは、それぞれ、違うグループです。
 英語のニュースを読むと、正確なことがわかります。英語では、新種は、「Mallomys giant rat(Mallomys属の巨大なネズミ)」と書かれています。Mallomysとは、国際的に通じる学名です。学名はラテン語ですが、英語でも、そのまま使われることが多いです。
 Mallomysを、正しく日本語に訳せば、「ニューギニアオニネズミ(属)」となります。例えば、普通の「オニネズミ(属)」なら、学名はBandicotaです。全然、違いますよね。日本語では紛らわしくても、英語のニュースを確認すれば、違いは、一目瞭然です。
 海外のニュースの場合、翻訳の誤りが、よくあります。できれば、英語の「元ニュース」に当たってみましょう。英語と生物学と、両方の勉強になります。

 新種のニューギニアオニネズミのニュースは、以下のページにあります。よろしければ、日本語のページと、英語のページとを、読み比べてみて下さい。
"ロストワールド"インドネシアのフォジャ山脈で再び大きな発見(コンサベーション・インターナショナル・ジャパン 2007/12/17)※日本語の記事です。
インドネシアの"ロストワールド"で、二つの新種が発見される(AFP 2007/12/16)※英語の記事です。


過去の記事でも、ニューギニアオニネズミ(Mallomys)発見時の様子を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
インドネシアのパプアで、新種の哺乳類を発見(2007/12/19)

 『ネットで、知りたいことを上手に知るには?』のシリーズを、過去の記事で、連載しています。過去の記事では、初歩的なことから、解説しています。よろしければ、以下のシリーズ記事もお読み下さい。
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その1(2007/07/18)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その2(2007/07/21)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その3(2007/07/24)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その4(2007/07/26)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その5(2007/07/28)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その6(2007/07/31)
 トンビやオケラは、存在しない? 生き物の名前の話(2008/04/11)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? 番外編(2008/04/14)
 


図鑑には動物・植物約1,800種が掲載されています。ぜひご利用下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5037

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2008年7月28日 06:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イソヒヨドリ」です。

次のブログ記事は「気分はアマゾン探検隊? 大アマゾン展」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。