哺乳類で、最も長生きなのは、クジラ?

user-pic
0

ico_weather_hare.gif


 哺乳類の中で、一番長生きをするのは、何という種でしょうか?
 ヒトでしょうか? ヒトは、時に、百歳を越えますよね。これ以上、長寿の哺乳類なんて、いるのでしょうか? じつは、いるのですね。
 それは、クジラ(鯨)の一種です。ヒゲクジラの仲間の、ホッキョククジラです。
 ホッキョククジラは、名のとおり、北極付近にしかいません。北極周辺の海に、定住します。これは、大型のクジラでは、珍しいことです。たいがいの大型クジラは、高緯度【こういど】の海域(北極や南極の付近)と、低緯度【ていいど】の海域(亜熱帯や熱帯の海)を、往復します。日本近海のザトウクジラなどが、そうですね。
 米国のスクリップス海洋研究所で、ホッキョククジラの眼の標本が、調べられました。眼の中の、アスパラギン酸という、アミノ酸の一種を調べます。これを調べれば、クジラの年齢がわかるのだそうです。その結果、標本の中に、百三十五歳、百五十九歳、百七十二歳、二百十一歳の個体がいました。
 この測定には、「約16%の誤差がある」といいます。それを考慮しても、二百十一歳とされたクジラは、「少なくとも百七十七歳」になります。
 こんな数字は、にわかには、信じられませんね。科学者の間でも、「この測定は、怪しい」とされていました。けれども、この測定の確かさを、裏付ける事実がありました。
 二〇〇七年の六月に、あるホッキョククジラの体内から、十九世紀の銛【もり】が、見つかりました。その銛は、まだ捕鯨が盛んだった頃、十九世紀の終わりにしか、作られなかったものです。そのクジラは、銛を撃たれたものの、逃げのびたのでしょう。どう考えても、年齢は、百二十歳以上です。
 一部では、このクジラが、セミクジラと報道されました。正しくは、ホッキョククジラです。ホッキョククジラとセミクジラとは、近縁な種同士ですが、別種です。
 なぜ、ホッキョククジラは、こんなに長寿なのでしょうか? 理由は、まだ、わかっていません。百年以上も生きたクジラは、海の賢者のような存在でしょうね。



図鑑には、残念ながら、ホッキョククジラは載っていません。が、ザトウクジラマッコウクジラなど、九種のクジラ・イルカが掲載されています。ぜひご利用下さい。


 過去の記事でも、クジラの仲間を取り上げています。また、並外れて長寿の生き物も、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 昔は主食だった? サトイモ(2008/06/27)
 世界で最長寿の樹木を発見!(2008/04/23)
 イルカがクジラを救助した!?(2008/03/15)
 四百年、生きた貝がいる?(2007/11/01)
 マッコウクジラは人間を襲うか?(2007/03/19)
 ザトウクジラはホエールウォッチングの人気者(2006/03/13)
 亀(カメ)は本当に長生きか?(2006/01/02)


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5043

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2008年8月 1日 07:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クロサギ」です。

次のブログ記事は「マダガスカルソケイ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。