新種のエイ、新種のイルカを発見

user-pic
0

ico_weather_ame.gif / ico_weather_kumori.gif

 二つの新種のニュースが、届きました。一つは魚類で、もう一つは哺乳類です。
 魚類のほうは、エイの新種です。通称「マンタ」と呼ばれるエイを、御存知ですか? 正式な日本語名では、オニイトマキエイという種です。この種が、二種に分かれるらしいことが、判明しました。新しい種名は、まだ、付いていません。
 これまで、「オニイトマキエイ」とされていたものには、大きさや、生態が違うグループが、二つあるようです。小さいほうのグループは、沿岸の海に棲みます。一年中、同じ海域にいます。ダイバーが出会うのは、ほとんどが、こちらのグループです。
 大きいほうのグループは、主に、外洋に棲むようです。広い海域を、回遊していると見られます。こちらのグループは、これまで、存在が知られませんでした。
 この研究成果により、「オニイトマキエイ」という種名は、なくなるかも知れません。少なくとも、新しい種名が、一つは、できるでしょう。
 哺乳類の新種は、カワイルカの一種です。南米のボリビアで、発見されました。
 以前から、ボリビアには、カワイルカ(淡水のイルカ)がいることが、知られました。それは、「アマゾンカワイルカ」だと思われていました。アマゾンカワイルカは、ブラジル、ペルー、コロンビア、ベネズエラなどに分布します。
 ところが、ボリビアのカワイルカは、「アマゾンカワイルカとは、別種らしい」と、判明しました。体色や、歯の数などが、他の水域のアマゾンカワイルカとは、違うそうです。
 ボリビアのカワイルカには、新たな種名が付けられました。ラテン語の学名を、Inia boliviensisといいます。日本語名は、「ボリビアカワイルカ」のようです。
 前記のように、今まで一つの種だと思われたものが、二つ以上の種に、分かれることがあります。新種の発見には、このような場合も、多いです。自然は、まだまだ多くの神秘を、人間から隠しているのでしょう。


図鑑には、五十種以上の魚類と、八十種以上の哺乳類が掲載されています。
ずかんどっとねっと-zukan mobileを、ぜひご利用下さい。
ぜひご利用下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5072

コメント(2)

| コメントする

 新種のエイの名前にこんなのはいかが?
「ロクスケ エイ」

……あくまでも洒落ですから。

いつもコメントありがとうございます > yumeさん。


 永六輔さんですか(笑) 御自分の名前が魚の種名になったら、、何とおっしゃるでしょうね?


 新種名は、覚えやすくて、素敵なものになるといいですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2008年8月26日 07:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウミユリ(海百合)は、海底に咲く花?」です。

次のブログ記事は「ハリガネムシ(針金虫)は、ヒトに寄生する?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。