超深海でも活発なのは、シンカイクサウオ?

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif

 二〇〇八年の十月、日本のそばの海で、新たな発見がありました。水深が約7700mもある超深海で、活発に動く魚の姿が撮影されました。場所は、日本の茨城県沖です。日本海溝【にほんかいこう】という、世界中でもきわだって深い海です。
 撮影されたのは、シンカイクサウオという魚だろうといわれます。正確な種名は、わかりません。もしかしたら、シンカイクサウオに似た別種かも知れません。
 このニュースで、驚くべきことはいくつかあります。まず、約7700mもの超深海で、生きた魚の動画が撮れたことです。もう一つは、これほどの深海に、17尾もの魚が集まってきたことです。さらに、超深海の魚が意外に活発なことです。
 深海の中でも、6000mを越える海は、特に変わった世界です。この深さでは、水圧が600気圧を越えます。こんな圧力のもとでは、普通の生き物の細胞は壊れてしまいます。細胞どころか、それを作る蛋白質【たんぱくしつ】自体が壊れます。
 シンカイクサウオは、そんな超深海で生きられる数少ない魚です。今のところ「世界で最も深い海に棲む魚」の一種です。8000m近い海に棲めます。同じくらいの深さに棲めるのは、ヨミノアシロ、カイコウビクニンなどごく限られた種の魚です。
 ちなみに、甲殻類(エビやカニの仲間)などは一万mの深さにも棲んでいます。
 シンカイクサウオは、6000mより浅い海に現われることはないそうです。完全に、超深海に適応しているのでしょう。蛋白質さえ壊れる世界に、どのように適応しているのかはよくわかっていません。鰾【うきぶくろ】がないのは知られています。
 一部で、シンカイクサウオはカサゴの一種と報道されています。これは、間違いとは言いきれませんが正確とも言えません。広い意味では、シンカイクサウオはカサゴの仲間です。カサゴ目【もく】クサウオ科に属するからです。
 けれども、シンカイクサウオは、食用魚のカサゴとはずいぶん違います。超深海に適応しているからです。カサゴの一種というよりは、クサウオ科の一種としたほうがよいでしょう。こういう特殊な生き物は、どのように説明したらいいのか悩みます。

図鑑には、今回、撮影されたのと同じカサゴ目【もく】の魚オニカサゴカサゴ、a href="http://m.zukan.net/beings/カジカ">カジカが掲載されています。ぜひご利用下さい。

 過去の記事でも、深海の生き物を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 タスマニア沖で、二百以上の新種を発見(2008/10/14) 
 ウミユリ(海百合)は、海底に咲く花?(2008/08/25)
本当にあった不思議なカレイの話(2008/01/25) 
 新種のクシクラゲ?発見(2007/06/13)
などです。


トラックバック(1)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5171

   先日、深海魚に関して、興味深いニュースがありました。これまで、違うグルー... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2008年11月11日 07:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本最大のネズミは、ケナガネズミ」です。

次のブログ記事は「夜明け前 【アオサギ】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。