スズメ? いえ、カワラヒワです

user-pic
0

ico_weather_hare.gif


 寒くなると、戸外に出るのが、いやになりますね。けれども、寒い季節のほうが、楽しめることもあります。野鳥の観察(バードウォッチング)が、その一つです。
 秋から冬にかけて、野鳥は、人里に来ることが、多くなります。山に、食べ物が少なくなるからです。身近な庭や公園で、野鳥を見る好機です。
 「街中には、スズメや、カラスしかいない」と思う方も、いるでしょう。そんなことは、ありません。人が多い場所でも、多くの種の野鳥が、見られます。
 街路樹や電線などに、スズメがいたら、よく見てみましょう。それは、スズメではないかも知れません。一見、スズメに似て、そうでない種が、たくさんいます。
 街中でも、よく見られる種として、カワラヒワがいます。大きさは、スズメと同じです。全体的に深緑色で、翼のふちに、黄色い模様があります。飛ぶと、翼の黄色が、目立ちます。街中に、そのような鳥がいたら、ほぼ、カワラヒワと思って、間違いないでしょう。
 カワラヒワは、日本では、平凡な種です。一年中、日本にいる留鳥【りゅうちょう】です。しかし、まったく移動しないわけでは、ありません。雪国にいるものは、冬、暖かい地方へ、移動します。温暖地では、冬に見られることが、多いわけですね。
 カワラヒワは、朝鮮半島や、中国大陸にも、分布します。これらの外国から、日本へ、渡ってくるものもいます。やはり、冬にやってきます。
 外国から来るのは、カワラヒワの中の、オオカワラヒワという亜種が、多いです。種としては、同じカワラヒワでも、少し違う「亜種」のグループです。少しだけ、大きいです。
 オオカワラヒワ以外にも、日本には、カワラヒワの亜種がいます。オガサワラカワラヒワです。小笠原諸島に分布します。一年中、小笠原にいるようです。
 オガサワラカワラヒワは、数が少ない亜種です。平凡なカワラヒワの中にあって、保護されています。少し体が小さく、体色に黄色みが強いです。
 最近の調査で、無人島の南硫黄島【みなみいおうとう】に、たくさんのオガサワラカワラヒワがいると、わかりました。そのような場所は、そのままにしておきたいですね。
  


図鑑には、カワラヒワが掲載されています。亜種のオオカワラヒワや、オガサワラカワラヒワの写真も載っています。ぜひご利用下さい。


 過去の記事でも、人里で見られやすい鳥類を、取り上げています。また、オガサワラカワラヒワがいる小笠原諸島の鳥類も、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 新種・珍種がざっくざく、南硫黄島【みなみいおうとう】(2008/06/10)
 気まぐれな渡り鳥? キレンジャクとヒレンジャク(2008/03/14)
 メグロはメジロと仲良し?(2007/11/12)
 鳥の餌台や巣箱は、いつ設置するのがいい?(2007/05/07)
 ネクタイをした鳥? シジュウカラ(四十雀)(2007/02/26)
などです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5188

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2008年11月21日 07:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヒヨケザルの新発見、メガネザルの再発見」です。

次のブログ記事は「収穫」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。