サカキ(榊)は、神さまの木?

user-pic
0

ico_weather_hare.gif

 近年、神棚がある家は少なくなりましたね。それでもお正月前には、神棚の榊【さかき】を新しくするという家もあるでしょう。また、神社では、鳥居などに榊を挿してあるのをよく見ます。神主さんが儀式の時に持つ枝も榊です。
 サカキは、古くから日本の神事に使われました。常緑樹であることがその理由です。冬でも青々とした木に生命力を感じたのでしょう。
 けれども、常緑樹なら他にもたくさんありますね。なぜ、サカキが選ばれたのでしょうか? これについてはわかっていません。
 サカキ以外の木が神事に使われることもあります。ヒサカキという植物です。サカキと同じく常緑樹です。外見はサカキと似ています。神社でもサカキではなく、ヒサカキを、榊【さかき】と称して使うことがあります。
 本物のサカキは関東以南にしか自生しません。寒さに弱いのですね。ヒサカキのほうが、寒さに強いです。そのため関東以北では、ヒサカキのほうが使われることが、多いです。しかし、なぜ、ヒサカキがサカキの代わりなのかも不明です。
 サカキとヒサカキは、同じツバキ科に属します。ツバキの仲間は、つやつやした葉を持つものが多いですね。サカキとヒサカキもそうです。ただし、属のレベルでは分類が違います。サカキは、ツバキ科のサカキ属、ヒサカキは、ツバキ科のヒサカキ属です。
 サカキとヒサカキの簡単な見分け方があります。サカキは、若い葉を除けば葉のふちが、ぎざぎざしていません。ヒサカキのほうは、葉のふちがぎざぎざです。
 神道では、サカキとヒサカキとを、厳密に区別していないようです。どちらも、「神さまに捧げる木」としています。このことから「榊」という字ができました。「榊」は、中国から来た漢字ではありません。日本で作られた国字です。
 最近、ヒサカキが、大気汚染にとても強いことがわかりました。三宅島の、火山ガスが濃い地域でも生き残っています。昔の人は、ヒサカキのこのような強さに、気づいていたのかも知れません。サカキと並んで「神さまの木」なのはそれが理由でしょうか。

 三宅島のヒサカキについては、以下のようなニュースがあります。
 神事の木 ヒサカキ生き残る(中日新聞 2004/04/23)


図鑑にはサカキヒサカキも掲載されています。ぜひご利用ください。


 過去の記事でも、お正月に使われる植物を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
千両万両があるなら、十両百両もある?(2007/12/31)
センリョウとマンリョウはどう違う?(2007/01/08)
新年の神さまはユズリハに乗ってくる?(2007/01/05)
などです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5132

コメントする

このブログ記事について

このページは、メンテナが2008年12月22日 07:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メジロ」です。

次のブログ記事は「子福桜【コブクザクラ】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。