タカアシガニは、世界最大のカニ?

user-pic
0

ico_weather_ame.gif


 世界で最も大きなカニを御存知ですか? タカアシガニという種です。甲羅の長さだけで30cmを越えます。はさみを広げればなんと2mを越えるものもいます。
 タカアシガニは、主に日本沿岸の深海に分布します。相模湾【さがみわん】や駿河湾【するがわん】に多いです。おおむね、水深200mから300m付近にいるようです。
 以前、タカアシガニは、日本沿岸の固有種だと思われていました。ところが、近年台湾の近海でもタカアシガニが見つかりました。日本の沿岸から東シナ海にかけて分布するようです。駿河湾(静岡県)では、食用に漁獲されています。
 カニの中で、タカアシガニの大きさはズバ抜けています。カニに近縁なエビを含めても、こんなに大きい種はいません。現在、生きている節足動物【せっそくどうぶつ】の中で最大です。節足動物とはカニ、エビ、昆虫、サソリ、クモなどを含む無脊椎動物のグループです。日本の沿岸には、世界に誇れるカニが棲むのですね。
 タカアシガニは、なぜこんなに大きくなったのでしょうか? 理由はわかっていません。海中に棲むことが有利に働いたのは確かです。海中には浮力があるからです。カニの細い脚では、陸上で巨体を支えることはできないでしょう。
 タカアシガニが深海に棲むことも謎の一つです。深海は食べ物が乏しいからです。このため、大型の生き物は暮らしにくいです。深海生物は、ほとんどが小型の生き物です。タカアシガニや、ダイオウイカ、メガマウスなどは例外的な存在です。
 タカアシガニは、クモガニ科に属します。同じクモガニ科には、ズワイガニも属します。ズワイガニは、高級食材として有名ですね。クモガニ科のカニは脚が長いのが特徴です。その脚を食用にする種が多いです。
 食用以外に、タカアシガニには面白い利用法があります。大きな甲羅をお面にします。甲羅のみぞを筆などでなぞって鬼の顔を描きます。西伊豆で、節分などの魔除けに使われると聞いたことがあります。今でも、この風習は残っているでしょうか?
 もうじき節分ですね。地方色豊かな風習は、長く残って欲しいです。



図鑑には、タカアシガニが掲載されています。


 過去の記事で、タカアシガニに近縁なズワイガニを取り上げています。また、タカアシガニと同様の、大型の深海生物も取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 希少なサメ(鮫)、メガマウスの撮影に成功(2007/06/12)
 世界最大のイカは、ダイオウイカではない?(2007/02/23)
 カニでないカニがいる?(2006/10/17) 
などです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5203

コメントする

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2009年1月30日 07:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「梅【ウメ】」です。

次のブログ記事は「アオジ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。