生物分類の、目【もく】や科とは、なに?

user-pic
0
ico_weather_hare.gif
 図鑑などで、生き物について調べると、分類が書いてありますね。例えば、ヒトデの仲間のアカヒトデの分類は、以下のようになっています。  棘皮動物門【きょくひどうぶつもん】ヒトデ綱【こう】アカヒトデ目【もく】ホウキボシ科アカヒトデ属アカヒトデ  ここにある門【もん】や綱【こう】や目【もく】とは、何でしょう?  これらは、分類単位と呼ばれるものです。生物を分類するグループの名前です。  アカヒトデの例ですと、棘皮動物「門」が、一番大きなグループです。最後の「アカヒトデ」が、一番小さな種【しゅ】というグループです。門>綱>目>科>属>種の順に、だんだん小さなグループになっています。  「類【るい】がないじゃないか」と思う方がいるでしょう。じつは、「類」とは、正式な分類単位の名前ではありません。いわば、俗語です。何らかの共通点がある生物を、便宜上、まとめて呼ぶ名です。  よく使われる「類」に、哺乳類や爬虫類がありますね。哺乳類と爬虫類を、正式な分類単位の名前で呼ぶと、哺乳綱【ほにゅうこう】、爬虫綱【はちゅうこう】となります。前記のアカヒトデでいえば、「ヒトデ綱」に当たるところです。  「類」は、綱【こう】だけを指すのではありません。門や目【もく】や科や属を指すこともあります。どの分類単位を指すのかは、決まっていません。  おおむね、目【もく】以上の大きなグループは、大分類と呼ばれます。大分類が違うもの同士は、縁が遠いといわれることが多いです。科以下の分類単位が同じものは、縁が近いとされます。目【もく】が同じで科が違うと、「広い意味で近縁」などといわれます。  ただし、どの分類単位までを「近縁」とするかは、場合によって違います。  普段、肉眼で見える生き物を分類するなら、上に挙げた「門」から「種」の分類単位を知っていれば、充分でしょう。ここに挙げたもの以外にも、分類単位は存在します。それらについては、別の項で説明しましょう。
図鑑には、門【もん】、綱【こう】、目【もく】、科などの分類単位で、生物を検索することができます。例に挙げたアカヒトデが掲載されています。ぜひご利用下さい。 過去の記事でも、生物の分類について取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。 白保【しらほ】のサンゴは普通と違う? アオサンゴ(2008/11/17) ヒトの祖先は、ナメクジウオ?(2008/06/20) ホヤは脊索【せきさく】動物? 原索【げんさく】動物?(2007/08/28) などです。

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2009年8月12日 07:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タイサンボク」です。

次のブログ記事は「7月22日 部分日食【eclipse】その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。