ラオスで、ヒヨドリ科の新種を発見

user-pic
0

ico_weather_kumori.gif

 新種の鳥が、発見されました。場所は、東南アジアのラオスです。新種は、ヒヨドリ科の一種です。アジアでヒヨドリ科の新種が発見されたのは、約百年ぶりだそうです。
 どうやら、この鳥は、限定された地域にしか分布しないようです。これまで発見されなかったのは、そのためでしょう。
 新種には、日本語名は、まだ、ありません。ラテン語の学名を、Pycnonotus hualonと付けられました。英語名では、Bare-faced Bulbul(禿【は】げた顔のヒヨドリ)です。
 この鳥の特徴は、何といっても、「顔と頭に、羽毛がほとんどないこと」です。英語名も、そこから付きました。日本語名を付けるとすれば、ハゲヒヨドリでしょうか。
 世界には、顔や頭に羽毛がない鳥が、何十種もいます。ハゲワシの仲間が有名ですね。ハゲワシは、禿げている理由が、はっきりしています。彼らは、死肉を食べるため、死体に頭を突っこみます。その時、羽毛が汚れないように、頭や顔が禿げています。
 今回の新種が禿げている理由は、わかっていません。彼らは、死肉を食べるのではないようです。この鳥のように、禿げている小型の鳥は、世界に四十種ほどいます。これらの小鳥が禿げている理由は、解明されていません。
 アジアでは、今回の新種が、唯一、禿げた小型の鳥だそうです。一度見たら、忘れられませんね。こんな姿でも、日本のヒヨドリと近縁です。ヒヨドリは、日本の住宅地で、普通に見られる鳥です。ヒヨドリの外見は、今回の新種と、まるで違います。
 日本には、今回の新種と、もっと近縁な種もいます。シロガシラです。
 シロガシラは、日本では、南西諸島に分布します。南西諸島の中でも、台湾に近い八重山諸島(与那国島、石垣島など)と、沖縄本島の南部にしか、分布しません。沖縄本島のシロガシラは、人為的に持ち込まれたと考えられています。
 シロガシラと、今回の新種とは、同じヒヨドリ科シロガシラ属に属します。けれども、両者の姿は、まったく似ていません。シロガシラの頭には、白い羽毛が生えています。近縁なのに、こんなに姿が違うのは、不思議ですね。

図鑑には、今回の新種と近縁なヒヨドリが掲載されています。ぜひご利用下さい。

 過去の記事で、今回の新種と近縁なシロガシラを取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
シロガシラ【愛鳥週間2009:5月10日~5月16日】(2009/05/13)
シロガシラ(2007/05/20)
シロガシラ(2006/10/17)
白い頭のシロガシラ(2006/04/30)

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2009年8月22日 07:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イソガニとイワガニ、どっちがどっち?」です。

次のブログ記事は「ナンバンギセル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。