トラフシジミは、草食性のトラ(虎)?

user-pic
0

ico_weather_hare.gif

 来年、二〇一〇年は、寅【とら】年ですね。それにちなんで、トラ(虎)の名が付いた生き物を紹介しましょう。
 トラフシジミというチョウ(蝶)がいます。シジミチョウ科の一種です。シジミチョウ科は、大部分が小さく愛らしいチョウです。トラの名は似合いません。
 トラフシジミは、翅【はね】の模様が虎斑【とらふ】であることから、の名が付きました。英語でも、tiger hairstreak(虎のシジミチョウ)と呼ばれるようです。
 ただし、この模様には個体差があります。虎斑がはっきりしない個体もいます。
 春に羽化したものは、はっきりした模様になります。夏に羽化したものは、虎斑がはっきりしません。全体的に褐色がちだからです。こうなる理由はわかっていません。
 トラフシジミは、姿だけでなく、習性もトラらしくありません。彼らは、成虫も幼虫も草食性です。成虫は、他のチョウと同じように花の蜜を吸います。
 この種は、幼虫の食べ物も、花に依存します。幼虫は、花そのものを食べます。
 トラフシジミの幼虫は、「花グルメ」です。いろいろな植物の、花やつぼみを食べます。花がない時は、柔らかい芽や若葉だけを食べるようです。贅沢ですね(笑)
 前記のとおり、トラフシジミの幼虫は、多種の植物を食べます。それも、多様な科にまたがります。クズ、フジ、ニセアカシアなどのマメ科植物、カシワ、クリなどのブナ科植物、ウツギなどのアジサイ科植物、リンゴなどのバラ科植物、その他、ツツジ科や、クロウメモドキ科などの植物を食べます。こんなに何でも食べる種は珍しいです。
 多くのチョウの幼虫は、数種の植物しか食べません。例えば、同じシジミチョウ科のアカシジミを見てみましょう。アカシジミの幼虫は、カシワ、クヌギ、コナラなどのブナ科植物しか食べません。普通は、このように特定の科の植物だけを食べるものです。
 トラフシジミのように、多種の植物を食べることは有利ですね。いろいろな場所に棲めるからです。逆に、多くのチョウはなぜ、特定の種しか食べないのでしょうか? これは、昔から謎です。研究されているもののまだ解かれていません。


図鑑には、トラフシジミや例に挙げたアカシジミが掲載されています。ぜひご利用下さい。

 過去の記事でも、チョウ(蝶)を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
猛毒を食べる? アオスジアゲハ(2009/05/01)
モンシロチョウ(紋白蝶)は、日本にいなかった?(2008/04/04)
キチョウの雄(オス)が雌(メス)になる?(2007/09/03)
冬に飛ぶ蝶(チョウ)もいる?(2006/01/13
などです。

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2009年11月20日 07:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タイワンホトトギス」です。

次のブログ記事は「都内の紅葉 2009年【その3】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。