味が良いから、アジ(鯵)?

user-pic
0

ico_weather_hare.gif

 アジは、食用魚として日本人に知られますね。「味が良いから、アジという名が付いた」と説があるほどです。ただし、名の由来には異説もあります。
 アジと呼ばれる魚には、複数の種が含まれます。シマアジ、マアジ、マルアジ、ムロアジ、メアジなどです。これらの種は、みなスズキ目【もく】アジ科に含まれます。地方によりますが、単に「アジ」というと、マアジ(真鯵)を指すことが多いです。
 アジ科の種には、互いに似たものが多いです。アジ科で特徴的なのは、「ぜいご」とか「ぜんご」などと呼ばれる鱗【うろこ】ですね。尾の付け根から頭にかけて、大きめの、ぎざぎざした鱗が通っています。これが「ぜいご」です。
 アジ科の魚に、すべて「ぜいご」があるわけではありません。例えば、カンパチ、ヒラマサ、ブリなどには「ぜいご」はありません。カンパチやブリも、アジ科に属します。
 「ぜいご」や「ぜんご」とは、通称です。正式には、稜鱗【りょうりん】と呼ばれます。盾状鱗【たてじょうりん】、楯鱗【じゅんりん】などと呼ばれることもあります。が、楯鱗【じゅんりん】とは、普通は、サメの鱗を指す言葉です。「ぜいご」とは、違います。
 アジ科のうち、アジ亜科に含まれる種に、稜鱗【りょうりん】があります。何のためにあるのでしょう? 詳しくは、わかっていません。「側線【そくせん】という感覚器官と、何らかの関係がある」と考えられています。
 側線とは、水の動きを探知する器官です。ヒトで言えば、耳のようなものです。耳は、空気の振動を、音として感じますね。アジは、側線に沿って、稜鱗が付いています。
 稜鱗のおかげで、アジの仲間は、すぐにそれとわかります。けれども、仲間うちでは、種の見分けが難しいです。地球の裏側にいるアジにも、マアジとよく似た種がいます。
 例えば、南米の太平洋岸には、チリマアジという種がいます。地中海には、ニシマアジがいます。ニュージーランドの近海には、ニュージーランドマアジが分布します。
 これらのアジは、日本に輸入されています。日本古来のアジのようでも、輸入ものの場合があります。日本の食卓を満たすには、もはや、輸入に頼らざるを得ないのですね。


図鑑には、マアジが掲載されています。

 過去の記事でも、食用になる魚を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
知られざる美味? 寒鯔【かんぼら】(2009/01/19)
カサゴ(笠子)は、似たもの同士の一族(2007/11/26)
マグロ(鮪)は温血魚?(2006/10/18)
などです。

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2009年11月 6日 07:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アオサギ」です。

次のブログ記事は「紅葉 2009年【その1】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。