泳ぐナマコがいる?

user-pic
0

ico_weather_yuki.gif / ico_weather_kumori.gif

 日本人にとって、ナマコは、お馴染みの生き物ですね。食用にされるからです。日本で食用にされるのは、ほとんどが、マナマコという種です。
 魚屋で見るナマコ(マナマコ)は、水底でごろんとしていますね。軽快な生き物には見えません。ところが、ナマコの仲間には、泳げる種も存在します。
 それは、深海に棲むナマコたちです。分類学的にいえば、棘皮動物門【きょくひどうぶつもん】ナマコ綱【こう】板足目【ばんそくもく】に属する種が多いです。
 泳ぐナマコとして有名なのは、ユメナマコです。深海探査艇が撮影した映像のおかげで、有名になりました。半透明の紅色をした、美しい種です。板足目のクラゲナマコ科に属します。体に、ひれが付いていて、踊るように泳ぎます。
 オケサナマコという種もいます。泳ぐ姿が、「おけさ」を踊るように見えることから、名づけられました。板足目のクマナマコ科に属します。体は、やはり半透明の紅色です。ひれが付いていることも、ユメナマコと同じです。
 深海のナマコが、すべて泳ぐわけではありません。泳がない種もいます。センジュナマコ、エボシナマコなどです。けれども、深海に、泳ぐナマコが多いことは、確かです。
 例えば、ユメナマコの場合、食べ物は、海底の砂や泥です。より正確には、砂や泥に含まれる有機物を食べます。ですから、食べ物は、海底にあるわけです。泳ぐ必要はありません。ならば、なぜ、泳ぐのでしょうか? いくつかの説があります。
 そのうちの一つの説が、「海底の土砂崩れから、逃れるためでは」というものです。
 ユメナマコが多く棲む海に、駿河湾【するがわん】や相模湾【さがみわん】があります。どちらの湾も、海底に急斜面が多いです。このため、時おり、土砂崩れが起きます。海底を這うだけでは、土砂崩れから逃れられません。泳げれば、圧倒的に有利ですね。
 海底の土砂崩れには、良い面もあります。食べ物の少ない深海に、浅い海から、食べ物を運んでくれます。だから、土砂崩れが多い海に、ユメナマコが多いのですね。厳しい環境の深海に、適応した結果でしょう。
図鑑には、トラフナマコ,バイカナマコ,マナマコが掲載されています。ぜひご利用下さい。

過去の記事でも、ナマコの仲間を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
トラフナマコは、虎縞【とらじま】のナマコ?(2009/11/27)
食用ナマコはどんなナマコか?(2007/01/22)
サンゴ礁の海を守るナマコ(2006/07/22)
などです。

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2011年3月 7日 07:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハクセキレイ」です。

次のブログ記事は「タシギ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。