グアバの日本語名は、バンジロウか?

user-pic
0

ico_weather_ame.gif
 最近では、日本でも、熱帯産の果物が、普通に食べられるようになりましたね。そのような果物の一種に、グアバがあります。もともと、熱帯アメリカ産の植物です。日本には、自生しません。けれども、現在は、日本の各地でも、栽培されています。
 グアバとは、英語名のguavaを、そのまま読んだ名です。バンジロウという日本語名も、付いています。何だか、人の名前みたいですね。バンジロウは、漢字で「蕃石榴」と書きます。「蕃」は、「外国の」という意味です。「石榴」は、ザクロを指します。
 グアバの果実は、ちょっとザクロに似ています。このために、「外国のザクロ」を意味する「蕃石榴」の名が付いたようです。漢字名をそのまま読んで、バンザクロや、バンセキリュウと呼ばれることもあります。バンジロウとは、それらがなまった名でしょう。
 グアバことバンジロウは、フトモモ科バンジロウ属に属する一種です。が、スーパーなどで売られる「グアバ」には、バンジロウ以外の種が含まれることがあります。
 それは、キバンジロウ(黄蕃石榴)という種です。バンジロウと同じく、フトモモ科バンジロウ属に属する一種です。原産地が熱帯アメリカなのも、バンジロウと同じです。果実の味も、バンジロウと似るため、商業的には、あまり区別されません。
 フトモモ科バンジロウ属には、他にも、果実が食用になる種が、いくつも含まれます。コスタリカバンジロウ、ブラジルバンジロウなどです。今のところ、バンジロウとキバンジロウ以外のバンジロウ属は、日本には、ほとんど入っていません。
 バンジロウ属の種は、すべて、南北アメリカ大陸の、温暖な地域が原産地です。バンジロウは、インカ帝国の時代から、中米や南米に、広く栽培されていました。このため、正確な原産地は、わかっていません。現在は、世界中の熱帯で栽培されています。
 バンジロウ属の中でも、バンジロウは、果実が美味しく、丈夫で育てやすいとして、評価が高いです。栽培品種も、世界の各地で、たくさん作られています。
 ところが、これが裏目に出ることもあります。丈夫すぎて、本来の自生地でない所でも、野生化してしまいました。在来種の脅威になっている地域もあります。
図鑑には、残念ながら、バンジロウは載っていません。かわりに、バナナ,パパイア,マンゴーなどが掲載されています。

 過去の記事でも、熱帯産の果物を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
アサイーの正体とは?(2016/2/8)
トケイソウの果実が、パッションフルーツ?(2013/8/16)
仏典【ぶってん】にも登場、マンゴー(2013/8/9)
バナナは、最古の栽培植物?(2013/1/18)
チンパンジーの贈り物はパパイア?(2007/9/13)


月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、松沢千鶴が2016年8月22日 07:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スズメ」です。

次のブログ記事は「動く野鳥コレクション ベスト新着にて紹介中!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。